ふたりで妊活を始めようvol.3

ちょっと精子見てみない? Seemが提案する妊活夫婦のコミュニケーション

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
ちょっと精子見てみない? Seemが提案する妊活夫婦のコミュニケーション

性の悩みについて、女性は女性で、男性は男性で解決すべき、という考えはいまだ根強いもの。それは妊活や不妊治療に取り組むときも同じ。女性ばかり治療を頑張って、なかなか妊娠できないまま、お金も時間も、気持ちもすり減ってしまうというケースは少なくありません。

「不妊の原因の約半分は男性にあるけれど、自分ごととして捉えている男性は少ないんです」と話すのは、リクルートライフスタイルで精子のセルフチェックができる「Seem(シーム)」を立ち上げた入澤諒(いりさわ・りょう)さん。

男女が協力して妊活に取り組むには何が必要? 全3回のインタビューを通じて、入澤さんと一緒に考えていきます。3回目となる今回は、ユーザーからの声についてお聞きしました。

seem3-2_DSC4995

【第1回】「ふたり妊活」始めませんか?
【第2回】生理予測アプリ開発で「ドン引き」されて

男性から「自信がついた」という声が届く

——前回「いいものを作ったから売れると考えるのは怠慢」だと、売り方や見せ方にも工夫をしているとうかがいました。Seemはパッケージもおしゃれですよね。

入澤諒さん(以下、入澤):ありがとうございます。パッケージの緑にはこだわりがあるんです。青だとマジメっぽいし、赤だといかにも「THE精力!」という感じでパワフルすぎる。

清潔感があって、エネルギーも感じられるということで、明るい緑を選びました。Seemという名前にしたのは「seem to=〜かもしれない」というニュアンスを入れたかったのと、英語でいう「精液=semen(シーメン)」の音を想起させたかったからです。

seem3-3_DSC5073

——ユーザーの声などは届いていますか?

入澤:「Seemを使って、精子の数が少なかったので病院に行ったら、男性不妊がわかりました」とお礼のご連絡をいただいたことがあります。検査後の数値が基準値を越えていることで「自信がつきました」という声もたくさんいただいていますね。

——「自信がついた」という声もあるんですね。

入澤:自分の精子を見る前の男性って「もし自分が原因だったらどうしよう」という不安があり、話題を遠ざけがちなんです。妊活していた男性に話を聞いたことがありますが、面倒くさいとか忙しいという理由以外に、やっぱり不安もあったと言っていました。

夫婦一緒にスタートするのがゴールまでの最短距離

——男性側にも、やっぱり不安があるんですね。あえてうがった見方をすると、男性側に問題がないことがわかったとたんに「あとは君の問題だから」って、コミュニケーションに溝ができないか心配です……。

入澤:夫婦の関係性にもよりますが、そういうケースもないとは言いきれません。

——そういったところのフォローも、何か考えていますか?

入澤:はい。実際に不妊治療を経験したご夫婦や、Seemを使っていただいたご夫婦に話を聞いて、サイトでインタビュー記事や動画を公開しています。「初めからやっておけば良かった」という男性の話や夫婦でどのように過ごしてきたか、リアルな声をきちんと届けることで、妊活夫婦のコミュニケーションのヒントになるのではないかと思っています。

——インタビューをいくつか拝見しましたが「子どもができた、やったー!」とか「苦難を乗り越えて妊娠しました」とかじゃなく、事実を淡々と描いているところがいいですよね。

入澤:ありがとうございます。感動っぽくしても嘘くさいし、フラットに伝えるのが大事かなと思いました。感動ストーリーにしてしまうと、それが正しいような感じに見えてしまう。

でも、そもそも子どもを作ることだけが正しいわけでもないですよね。いろいろな価値観の人がいる中で、1つのケースを「正しいこと」「正解」として押し付けてはいけないと思うんです。

seem3-1_DSC4990

ちょっと精子見てみない?

——ターゲットとしては、男性を中心に発信しているんですか? それとも男女両方ですか?

入澤:男女両方です。女性も「自分が治療してみてダメだったら旦那さんを病院に誘う」という考える人が多いんですけど、本来は2人で一緒にスタートできるのが理想。そこは、女性にもきちんと理解していただきたいですね。

——女性のほうから伝えてもいいですもんね。「Seemっていうキットがあるから、ちょっと精子見てみない?」とか。

入澤:病院に一緒に行こうというのは、言うのも言われるのも、やっぱりハードルが高いと思うんですよ。だけど「アプリで見てみようよ」というコミュニケーションなら取りやすい。妊活を一緒にスタートするきっかけにしてほしいですね。

男性の状態が悪くても、治療して妊娠できるケースってたくさんあるんです。原因が早めにわかれば、いろいろな対処法が考えられますからね。

Seemがきっかけで無精子症とわかった夫婦

——治療して改善できるケースというのは、たとえば?

入澤:男性不妊の原因として多いのが、精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)という病気です。精巣の近くの静脈に瘤(こぶ)ができることによって血流が滞り、精巣の温度が上がってしまうというもの。そうすると、精子をつくる機能が低下してしまうんです。その瘤を外科的手術で取ると、血流が戻って、精子の数が正常になる人もいるそうです。

また、最近は精巣から直接精子を回収する手術があって、妊娠できたというケースもあります。社内にもいたんですよ。社内テストに参加してもらった方の1人に精子が見当たらず、何回測っても精子濃度・運動率ともにゼロだったんです。しかも、ちょうど妊活中で。

——それはツラいですね。その方はそのあとどうしたんですか?

入澤:病院に行ったところ無精子症と診断されたんですが、彼の場合は、精巣の中には精子がいたんです。なので、先ほどの手術を行って顕微授精にトライしたそうです。その後無事に奥様が妊娠されて、元気な赤ちゃんが産まれました。

——ああ、よかった。

入澤:不妊治療は段階があって、徐々にステップアップしていくことが多いですが、前述の彼ははじめにSeemを使ったことで、一番高度な治療にすぐアクセスすることができました。結果として、それまでのステップにかかったであろう時間もコストもショートカットできたんです。

seem3-6_DSC5018

子育てに対するコミット感が変わる?

入澤:男性の100人に1人は無精子症といわれているので、やっぱり調べるに越したことはないと思いましたね。

——無精子症の割合ってそんなに高いんですか!? 何が原因なんでしょう?

入澤:生まれつきの人もいますし、生活習慣の乱れによる人もいます。彼は生まれつき、精管っていう精巣と外をつなぐ管が欠損していたんです。だから、精子は作れるけど、外に出てこられない状態でした。

——自覚症状はないんですか?

入澤:全くないです。射精もするし、精液の見た目も普通の人と一緒でした。だからまず“とりあえず”でいいから調べて見てほしい。

男性の中には、精液検査に対して、恐怖感を抱いている人も多いです。要するに、ダメだったら「おしまいだ」という思い込みがあるんですけど、実は改善できることもある。私たちはそういうことも、きちんと伝えていきたいです。

——妊活でちゃんと協力できたら、子育てでも協力できそうな気がしますね。

入澤:そう思いますね。顕微受精をした彼は、生まれた赤ちゃんを卵の状態から見ています。だから「あのとき卵だった子が!」みたいな感じで、愛情がすごいんですよ。妊活を「自分ごと」としてとらえて、小さな過程でもきちんと見ていると、男性も女性も、子育てに対するコミット感が変わってくると思います。

(取材・文:東谷好依、写真:大澤妹)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ちょっと精子見てみない? Seemが提案する妊活夫婦のコミュニケーション

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング