手洗い、うがいだけでは不十分? インフルエンザは「接触感染」にも注意して

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
手洗い、うがいだけでは不十分? インフルエンザは「接触感染」にも注意して

インフルエンザが猛威をふるう季節。予防接種を済ませた人も多いかもしれませんが、日頃からインフルエンザ対策をしておきたいものです。

手洗いやうがいはしているけれど…

家庭用洗剤を製造、販売する化学メーカー「ジョンソン株式会社」がこのたび20〜50代の主婦の方441人を対象に「家庭内でのインフルエンザ予防に関する意識調査」を実施しました。

インフルエンザウイルスの家庭内感染の予防策としては、「帰宅時に手や顔を洗う(51.7%)」が1位、「帰宅時にうがいする(51.0%)」が2位となり、帰宅時にウイルスを落とそうとする対策が上位という結果に。

一方で、回答数が少なかったものとしては、「こまめに拭き掃除する(12.5%)」などがあげられ、家具への付着物に対する対策はあまり意識されていないことがわかりました。

インフルエンザ

「接触感染」に注意して

手洗いを徹底したり、移動時はマスクをつけたりして予防をしていても、日々の生活に追われ「こまめに拭き掃除」までは手が回っていないという働き女子も多いのではないでしょうか?

そこで、「芝大門いまづクリニック」の今津嘉宏(いまづ・よしひろ)院長に「有効なインフルエンザ対策」について話を聞きました。

「マスク着用のマナーがかなり浸透し、『飛沫感染』に対する意識は幅広い世代で高まっています。一方で、『接触感染』『空気感染』については、予防意識がまだまだ不十分であると言わざるを得ません」と今津院長。

今津院長によると、「接触感染」は、「インフルエンザウイルスに感染した人の飛沫が人の手やモノなどに付着し、ウイルスが付着した部分を触った人に感染すること」で、「空気感染」は、「飛沫が床などに落下し、風などによって再度空気中に舞い上がることで、そのウイルスを吸い込んだ人が感染すること」を指すそう。

特に冬場は空気が乾燥しているため、長時間にわたってウイルスが空気中を漂うことも多くなるといいます。

今津院長は「いずれのケースでも、感染拡大の要因となっているのが、『残っているウイルス』で、このウイルスへの意識と対策が不足しています。手洗い・うがいに加えて、“アルコール除菌拭き”を習慣化できるとよい」とアドバイスしています。

一人暮らしの女性も多いかもしれませんが、特に冬場は拭き掃除を徹底するのが部屋がキレイになるだけではなく、インフルエンザ対策にもなると言えそうです。

(ウートピ編集部)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

手洗い、うがいだけでは不十分? インフルエンザは「接触感染」にも注意して

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング