『両親が元気なうちに"実家じまい"はじめました。』

親の上京で実家を処分。みんなが気になった「仏壇とお墓のしまい方」

親の上京で実家を処分。みんなが気になった「仏壇とお墓のしまい方」

子どもが継がない家、高齢の親が住みづらい家、遠距離で介護しにくい家——。実家の未来を考えたとき、マイナス面が大きく感じられたら、“実家じまい(=実家を処分すること)”を考えるタイミングかもしれません。

ライター・編集者の大井あゆみさんは、3年前大分県大分市にあった実家を売り、両親を東京に呼び寄せることに。九州を出て暮らしたことのない両親を実家から引き離すこと、自分が生まれ育った実家がなくなることなどを真剣に悩み、考えた日々をつづった『両親が元気なうちに”実家じまい”はじめました。』(光文社)が昨年12月に発売されました。

大井さんは、“実家じまい”をしたことで、実家の片付けや遠距離介護、お墓の始末などの不安が解消され「やってよかった」と感じているそうです。

今回は特別に「お墓と仏壇」にまつわるエピソードを公開します。

お墓と仏壇

jikka1

jikka2

jikka3

jikka4

jikka5

jikka6

jikka7

jikka8

jikka9

jikka10

jikka11

jikka12

「墓じまいQ&A」も収録

本書では、葬儀ビジネス研究所の吉川美津子さんに話を伺った「墓じまいQ&A」や、大井さんのご両親が決断した理由、断捨離を進めて気づいたこと、生活費のこと、実家の売却、新居探しのことなど、気になるポイントが丁寧に紹介されています。この機会に、親と実家のことを話してみるのはいかがでしょうか。

shoei

両親が元気なうちに“実家じまい”はじめました。』(光文社)は1500円(税別)にて発売中。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

親の上京で実家を処分。みんなが気になった「仏壇とお墓のしまい方」

関連する記事

記事ランキング