「カラダは離すもココロは密で」歌舞伎町の“今”を歌った『ホスト万葉集』7月6日に発売!

「カラダは離すもココロは密で」歌舞伎町の“今”を歌った『ホスト万葉集』7月6日に発売!

ホストたちの五・七・五・七・七

「見つめ合い あ、これダメだね 照れ笑い カラダは離すもココロは密で」
「自粛中ライトも消えた看板の 君の笑顔がなんか寂しい」
「眠らない街といわれたネオン街 たまにはゆっくりおやすみなさい」

表1(1)

東京・歌舞伎町に6店舗のホストクラブを構える「スマッパ!グループ」の会長・手塚マキさんとホスト75人による歌集『ホスト万葉集』(短歌研究社/講談社)が7月6日に発売されます。発売日は280万部のベストセラー歌集『サラダ記念日』の著者で歌人の俵万智(たわら・まち)さんによる有名な短歌「この味がいいねと君が言ったから七月六日はサラダ記念日」にちなんだもので、俵さんは同書の編者も務めています。

『ホスト万葉集』は、2018年に出勤前のホストが月に1回集まって開催された「ホスト歌会」で詠まれた約900首の中から300首を集録。編者(選歌・構成)は、俵さんと、野口あや子さん、小佐野彈(おさの・だん)さんが務めています。

Zoom歌会で詠んだ「コロナの歌」も

得意客(姫と呼ぶ)との会話、おもてなし、仕事で割り切れない男女の感情、コロナ下での焦燥など、五・七・五・七・七の短歌だから語れる本当の気持ちが詠まれている同書。

最終章では、コロナ禍による“夜の街”への外出自粛で店が営業できない中、自分磨きの時間としてZoomで歌会や勉強会を続けたというホストたちによる「コロナの歌」も収録されています。

『ホスト万葉集』は1,300円(税抜)で7月6日に発売。160ページ。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「カラダは離すもココロは密で」歌舞伎町の“今”を歌った『ホスト万葉集』7月6日に発売!

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング