「交際を経てからの結婚」を信じてる貴女へ 山ちゃん&蒼井優の結婚会見から思うこと

「交際を経てからの結婚」を信じてる貴女へ 山ちゃん&蒼井優の結婚会見から思うこと

結婚は志望校決め打ちの受験

①はともかくとして、この晩婚・非婚時代に②の交際期間は本当に必要なのか? という議論は、実にクリティカルであるように思う。そもそも「交際しながら結婚したいと思う気持ちの到来を待つ」がほとんど機能していないのが、今の世の中だ。②→③は自然にシフトしない。「もういい歳だから」「親からチクチク言われて」「友達もどんどん結婚してるから」等、消極的な理由で結婚しても、ろくなことはない。

結婚の準備段階として交際期間があるわけではない。むしろ交際期間は、本番を邪魔する筋違いな予行練習みたいなもの。本当に入りたい大学があったら、1分でも多くその大学の過去問を研究して傾向を把握し、徹底的に戦略を立てるべきなのだ。やみくもに基礎問題集を解いたところで時間の無駄である。受験勉強に費やせる時間は有限なのだ。

人生の尺が有限である以上、「交際0日婚」はアリである。選んだ相手がもしもくろみと違っていたら? さっさとレースをリタイアして、パートナーシップを解消すればいい。二人三脚を無理に続けて大怪我するより、ずっとましだ。その証拠に、先のバツイチ男性たちは全員一人残らずこう言っている。

「離婚して、本当に良かったです」

1
2
SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「交際を経てからの結婚」を信じてる貴女へ 山ちゃん&蒼井優の結婚会見から思うこと

関連する記事

記事ランキング