HSPのお悩み相談・最終回

私って性格悪い? 他人の“承認欲求”に敏感に反応してしまうHSP

私って性格悪い? 他人の“承認欲求”に敏感に反応してしまうHSP

「友達と会うのは楽しいけれど、どんなに仲が良くても2時間が限界」「声の大きい人や威圧的な人が苦手」「近くに不機嫌な人がいると自分のせいだと思ってしまう」——。

人の顔色が気になって一喜一憂し、敏感さゆえに気疲れしてしまう人は、もしかしたら繊細すぎる気質を持った「HSP」(ハイリー・センシティブ・パーソン)かも……。

【関連記事】他人とずっと一緒にいると疲れる…敏感すぎる気質「HSP」って知ってる?

以前、HSPについて教えていただいた心理カウンセラーの坂本純子(さかもと・じゅんこ)さんに、HSPが陥りがちな悩みとその対処法を聞きました。全6回。HSPチェックリストは記事末尾にあります。

心理カウンセラーの坂本純子さん

心理カウンセラーの坂本純子さん

他人の「承認欲求」に反応してしまう

大げさな言い方かもしれませんが、人の欲望や汚い部分を見ると嫌悪感が湧いてシャットダウンしてしまいます。特に自己顕示欲が強い人が苦手で、SNSでそのような投稿を見るとミュートします。日常生活でも、人当たりが良さそうに思われるせいか、自己顕示欲の強い人から自慢話を聞かされることが多く、どっと疲れます。そういう人と距離を置く方法があれば知りたいです。

——私もHSPの気質がありますが、SNSなどでほのかに自分の優位性をアピールしている投稿を目にするとウッとなることがあります。

坂本純子さん(以下、坂本):人のSNSに反応してしまうのですね。でもそれがHSPの持っている洞察力の高さであり敏感さなのです。

——性格が悪いのかと思っていました……。そもそも、「自己顕示欲の強い人が苦手」とHSPは関係あるのでしょうか?

坂本:性格が悪いわけではないです。HSPは洞察力も高いので、人の本音と建前を感じ取ったり、人の表面的な言葉や見た目だけではなく、本人も気付いてないような根っこにある劣等感や抑圧された感情などをキャッチする人がいます。

——ちょっとした言葉尻にその人の自意識を感じるというか……。

坂本:「承認欲求」に反応してしまうのですね。

——それです!

坂本:統計を取ったわけではないので、SNSでにおわせている人のそれが「承認欲求」だと確定はできないですが、私の実感としては、相手の中にある「私を分かって」「私を認めて」「私ってすごいでしょ?」という無意識の欲求を拾う人が多いように思います。そういうエネルギーをキャッチしやすいんですね。HSPでなければ見逃すような感覚が自分の中に入ってきて、心がざわざわと揺れ動く。

「そういう人なんだ」と思って境界線を引こう

——「気持ち悪さ」を誰かと共有したくても、「なぜそんな悪い方向にとるの?」と、こちらの性格が悪いように思われてしまいそうで言えません。

坂本:あまり言わないほうがいいです(笑)。HSPの気質ではない人にはその感覚が理解できないので、ただの「性格が悪い人」だと思われてしまう可能性大です。

「私は、承認欲求が強い人の投稿を見たり、自慢話を聞かされたりするときにセンサーが反応するんだな」と自分のことを分かってあげると、楽になります。人を変えることはできないので「そういうタイプの人なのだ」と思って、自分との間に心の境界線を引くことです。

HSPは危機管理能力が高いので、自分が不快な思いや傷ついたりしないよう無意識にセンサーが発動して、自分を守ってくれているのです。

HSPの気質を使いこなせている人の特徴

——割り切ってしまうのですね。

坂本:HSPには、自分から出てくる感情や罪悪感に対し、自分でダメ出しをする傾向にある人も多くいます。

一方、HSPの気質をうまく使いこなせている人は、自分の「本音」や「感情」を大切にしている。人と違うことを個性ととらえ、世の中の常識や普通、「こうするべき」に振り回されていない。

HSPには、HSPならではの才能や能力があり、敏感で繊細な気質を仕事や人生に生かすことができるのです。そこに気が付いてHSPである自分を誇りに思えるようになるといいですね。人の目など、外に向いている意識を自分の内側に向けましょう。自分の感情や気持ち、本音を大切に行動できるようになると、今までマイナスだと感じていた敏感さや繊細さが、才能や個性として生かされてきます。

■HSPチェックリスト

□ 自分をとりまく環境の少しの変化にもよく気がつく
□ 他人の感情や体調を敏感に感じとる
□ 自分の身体の痛みや不調に敏感
□ 人といると疲れやすく、ひとりになりたいと思う。
□ カフェイン、刺激物、化学物質、薬などに敏感に反応する
□ 肌ざわりや着心地がとても気になる
□ 想像力豊かで、空想していることがよくある
□ 明るい光や、強い匂いに反応する
□ 大きな音や騒音がとても苦手
□ 優しく親切な心を持っている
□ 一度にたくさんのことをやると混乱する
□ 人が言葉にしていない気持ちや感情によく気がつく
□ 物を忘れたり、ミスをしないように気をつけている
□ 人の本音と建前を察することがある
□ 映画やテレビの暴力的なシーンがとても苦手
□ 芸術や音楽などに心を動かされる
□ 自分の周りに刺激が多いとイライラする
□ 空腹になると集中力が低下したり、気分が悪くなる
□ 引越し、席替えなどの生活の変化は負荷がかかる
□ 人目が気になる
□ 競争させられたり、見られていると普段の実力を発揮できなくなる
□ グループの中にいると自分らしくいられない
□ 子供のころ周囲の人たちから内向的であったり、内気だと思われていた

*12個以上あてはまればおそらくHSPの気質です。
(坂本純子さんHPより)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

私って性格悪い? 他人の“承認欲求”に敏感に反応してしまうHSP

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング