『中年男ルネッサンス』山田ルイ53世×田中俊之 特別掲載・後編

いつまでも「牛乳タラ〜で興奮すると思うなよ」【中年男ルネッサンス】

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
いつまでも「牛乳タラ〜で興奮すると思うなよ」【中年男ルネッサンス】

「ルネッサ〜ンス! どうも貴族です」と貴族の漫才でブレイクした芸人の山田ルイ53世さんと、男性の生きづらさなどを研究する「男性学」の第一人者・田中俊之さんがユーモアたっぷりに<中年男>について語り合った『中年男ルネッサンス』(イースト・プレス)。

今回は特別に、女性との関係を描いた第3章「やっぱりオンナって難しい——女性とエロ論」から一部を抜粋して紹介します。

shoei2

ロリコンは社会が生み出している?

田中俊之さん(以下、田中):ただ、実際問題として、やめたくてももう若い子しか恋愛対象や性の対象に見られない、という男性も実は多いんじゃないかと思うんです。これを“ロリコン”と切って捨てるのは簡単ですが、僕はこれも社会の構造の問題だと考えたほうがいいと思っています。社会全体が「女の子は若ければ若いほどいい/エロい」というメッセージを発し続けることによって、いつまでも若い子を性的対象にしていいと、認知が歪んでいくのではないかと。

山田ルイ53世さん(以下、山田):へえ、そんな考え方もできるんですか。

田中:これについては、哲学者の森岡正博先生が『感じない男』という本の中で、重要なことを指摘しています。2001年の「ミニモニ。」のPVで、当時18歳だった矢口真里さんが牛乳を飲まされるシーンがあるんですね。同じ年には、広末涼子さんが雑誌のグラビアで顔に牛乳をかけられている写真が掲載されます。

山田:矢口さんのほうは、背が小さいからという理由や文脈が一応ありますけど、グラビアのほうは……まあ、そういうことですよね(笑)。

田中:そうですね。「ただの牛乳ですよ」と言い訳しつつ、実際は性的なものが暗喩されている。森岡先生は、こういうのを「仮面をかぶった少女ポルノ」と名付け、当時小学生だった辻希美さんと加護亜依さんが「モーニング娘。」に加入したことに対して、すごく警鐘を鳴らしているんです。ちょっと引用してみますね。

男たちは、ふつうにテレビを見たり雑誌を見たりするだけで、それらの「仮面をかぶった少女ポルノ」から刺激のシャワーを受けてしまうことになる。その結果、愛好家用の少女ポルノを手に取らなくても、少女に対する性的な感受性が知らず知らずのうちに開発されていくことになるだろう。少女関連の商品が大きなマーケットを形成し、巧妙な刺激が次々と仕掛けられていくようになり、社会全体のロリコン化が、とめどもなく進行してしまう危険性があるのだ。
(森岡正博『感じない男』ちくま新書、2005年)

田中:つまり、小学生がメイクをしておへそを出して踊ることが普通になると、「小学生を性的な目で見てもいいんだ」とみんなが思うようになって、それが当たり前になってしまうよ、と2005年時点で警告しているんです。そしたら案の定、今では10代前半の子もメンバーにいるようなアイドルグループがたくさん出てきて、水着や下着姿でPVに出ている。

山田:なるほど、“予言の書”だったんですね。

田中:中には、リリース当時14歳の中2だった女の子がセンターを務めるアイドルグループが、CDジャケットで水着になっているものもありました。

山田:こういう言い方は卑怯ですが、自分の娘がやってたら嫌ですよね。まあ身も蓋もなく言えば、いわゆる“オカズにするため”でしょうからね。ただ、もうこの歳になると、そういうのはあからさますぎて「もうそんなんちゃうよ」と恥ずかしくなるというか、笑ってしまいます。そういう目的のものだとしても、ずさんで安易なのが多いので。

田中:「もうそんなんちゃうよ」というのは?

山田:作る側の「こんなんで喜ぶんでっしゃろ?」という思惑が透けて見えて、逆にこっちがナメられている感じがするし(笑)。なんか笑けてしまうんですよ。顔に牛乳かける、みたいなのも、グラビアアイドルのイメージDVDとかを見ると、いまだにそればっかり。キャンディー舐める、バナナ食べる、マッサージされてる体(てい)で胸を揺らす、バランスボールに座ってはしゃぐ、あと浜辺を不自然にぴょんぴょん跳ねたりね(笑)。……って、いや、俺詳しいな!

田中:(笑) でも、ありますね。

山田:「それで俺が興奮すると思ってるのか」と思うと、男が男に見くびられてる気がするんですよ。セクハラとか女性蔑視とか以前に、そもそも論としてもうちょっと技術的・発想的に進化しないとダメだと思う。そこに発明がない。男たちも、「牛乳タラ〜で興奮すると思うなよ」って言っていかなきゃいけない部分はあると思う。

田中:その通りですね。そういう肌感覚の人が、40代に増えてきてくれればいいんですが。

山田:あと僕、あれが嫌なんですよ。こんな僕でも気を使われる立場の飲みの席が稀にあるんですが、女の子を僕の横に座るよう誘導してくる人がいまだにいるんです。「いや、俺、全然そんなんちゃうし」っていうね。むしろそれが失礼になる可能性があるのわからへんのかなって思ってしまうんですけど。

田中:「女の子のお店用意してますよ」みたいなこともあるわけですか?

山田:昔はありましたよ。「この後もう一軒、キャバクラとか行きますか」って。「え、俺そんなにヨダレ出てた?」って思いますよね。むしろ僕、若い頃からそういうとき、すぐ帰りたい人だったんですけど。「飲みに行ったら次はみんなキャバクラ行きたいはずや」っていうひとつのやり方だけで対応しすぎじゃない? って。

田中:そういう遊び方がフォーマットになっていて、それが「おもてなし」として踏襲されてしまっているんでしょう。

山田:それすらも、相手によっては失礼になるかもという発想を持っとかんと、やっぱおかしいですよね。

山田ルイ53世×田中俊之×小島慶子トーク&サイン会

『中年男ルネッサンス』の刊行記念イベントが1月29日、八重洲ブックセンター本店(東京都中央区)にて開催されます。ゲストは小島慶子さん。山田ルイ53世さん、田中俊之さんと「中年男のゆくえ」を語ります。

八重洲ブックセンター本店(東京都中央区八重洲2-5-1)
2019年1月29日 (火) 19時30分~20時30分(開場:19時00分)
申し込み方法はこちらをチェック

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

いつまでも「牛乳タラ〜で興奮すると思うなよ」【中年男ルネッサンス】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング