花粉症の新治療薬「ゾレア」とは・前編

重い花粉症に世界初の新治療薬登場…「ゾレア」の効能は?【耳鼻咽喉科専門医に聞く】

重い花粉症に世界初の新治療薬登場…「ゾレア」の効能は?【耳鼻咽喉科専門医に聞く】

花粉が飛び散る季節が来るだけで憂うつだ……と言う人は多いでしょう。中でも、仕事や日常生活に差し支えるほど症状が重い人は内服薬を飲んでも十分に改善せず、とてもつらいと言います。

花粉症は国民病だと言われる中、今シーズン(2020年)、重症の人を対象にした新しい治療薬が登場したということです。どのような薬でどう効果があり、費用はどのぐらいなのでしょうか。耳鼻咽喉科専門医でとおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山祐司院長に、2回に分けて詳しいお話を聞きました。

スギ花粉症のアレルギー反応を止める薬

——花粉症の新しい治療薬について、どういうものなのかを教えてください。

遠山医師:これまで、難治性の気管支喘息(ぜんそく)や慢性じんましんの治療に使用されていた「ゾレア」(一般名はオマリズマブ)という薬があります。これが、「季節性アレルギ―性鼻炎」のうち、既存の治療では効果が不十分な重症・最重症の花粉症の治療薬としても2019年12月に承認されました。

ゾレアは、ノバルティス ファーマという製薬メーカーが開発した、世界初の「抗体製剤」とされています。

現在、健康保険適用となっています。のちに順を追って説明しますが、ゾレアを使用するには症状による条件があります。その症状によって2週間か4週間ごとに皮下注射をして症状の改善をはかります。

——抗体製剤とは、何なのでしょうか。

遠山医師:まず、「抗体」とは、異物=敵に対抗するための物質という意味です。具体的には、体にとって異物である花粉やウイルス、細菌が入ってきたときに、それを追い出そうとして体内でつくられるタンパク質を指します。異物は「抗原」と呼ばれ、その抗体は、特定の抗原にのみ反応します。

スギ花粉症の場合、抗原であるアレルゲンはスギ花粉です。スギ花粉が体内に入ってくると、血液中の細胞が「IgE(アイジーイー)抗体」という抗体をつくります。これが免疫細胞とくっついて、さらなる花粉の侵入に対抗しようとして備えるわけです。

IgE抗体は花粉に接触するたびにつくられて、体内に蓄積されていきます。その量があるレベルに達すると、免疫細胞からヒスタミンなどのアレルギーを起こす神経伝達物質が分泌されて、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった「アレルギー症状」が起こるのです。

ゾレアを注射すると、IgE抗体には免疫細胞より先にゾレアのほうがくっついて、アレルギー反応を止めるように働きます。このように、抗体に対して直接的に働く薬が抗体製剤です。

200219_ゾレア_前編[1]

——ゾレアは、従来の薬とはどう違いますか。

遠山医師:従来から使用されている「抗ヒスタミン薬」は、ヒスタミンなどのアレルギー物質を打ち消すことでアレルギー反応が起こらないように作用します。

一方、ゾレアの場合は、アレルギー反応が起こる前に反応そのものを抑制する、阻止することができます。これが大きな違いです。そのため、重症や最重症の場合でも症状を緩和するように働きます。

「重症」と「最重症」の場合に適用

——ゾレアは、「重いスギ花粉症」に適用ということですが、重いとはどういう状態を指すのでしょうか。ゾレアを使う場合の条件について教えてください。

遠山医師:症状の状態を含めて、ゾレアを使うにはいくつかの条件があります。次に該当する場合に適用されます。

・これまでに、季節性アレルギー性鼻炎の薬を使用した。

・抗ヒスタミン薬(アレグラやビラノアなど)や鼻噴霧用ステロイド薬(アラミストなど)などを1週間使用しても効果が不十分で、次に述べる「重症」か「最重症」の場合。

花粉症などのアレルギー性鼻炎は、症状の程度により、「無症状」「軽症」「中等症」「重症」「最重症」に分類される。そのうち、ゾレアが適用となるのは、「重症」と「最重症」の場合。

その分類は、「一日のくしゃみ、鼻汁の回数」と「どれだけ鼻が詰まっているか(鼻閉)」の2つで考える。例えば、「くしゃみ発作が1日に11~20回で鼻閉が非常に強くて口呼吸がほとんど」ならば重症、「くしゃみが1日に21回以上」は最重症など、問診をして診断する。

・血液検査で、血液中の総IgE値が30~1,500 IU/mLの範囲にある。

・血液検査で、アレルギー抗原(スギ花粉)に対して陽性反応を示すこと。

・12歳以上で、体重が20~150kgの範囲にある。

患者さんには、かなり複雑に思われるかもしれません。耳鼻咽喉科やアレルギー診療科の医師とよく相談しながら、治療を進めることになります。

花粉症の新治療薬のゾレアは世界初の抗体に作用する薬であり、これまでの薬とは作用のメカニズムが異なるということです。体内でのアレルギー反応そのものを阻止するとは、頼もしい薬の登場ではないでしょうか。ただ、現在は誰もが使えるわけではなく諸条件があり、重症と最重症の場合に適用されるので注意も必要です。

後編の、「花粉症の新治療薬『ゾレア』の治療法は? 費用は?」では、具体的な治療法と副作用、費用などについて紹介します。

(構成・取材・文 品川 緑 / ユンブル)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

重い花粉症に世界初の新治療薬登場…「ゾレア」の効能は?【耳鼻咽喉科専門医に聞く】

関連する記事

記事ランキング