なんで私たちのことが分かるの? バカリズムに聞く『架空OL日記』リアルさの秘密

なんで私たちのことが分かるの? バカリズムに聞く『架空OL日記』リアルさの秘密

「月曜日はみんないつもより性格が悪い」
「更衣室のハロゲンヒーターの故障は、私たちにとって命に関わる問題」
「更衣室ではよくコンセントをめぐって揉め事が起こる」

バカリズムさんが銀行に勤める「私」を演じ、銀行で働くOLたちの日常を描いた映画『架空OL日記』(住田崇監督)が2月28日(金)に公開されました。

『架空OL日記』は、バカリズムさんが2006年から約3年間、銀行に勤めるOLになりきり日々のあれこれをこっそりつづっていたブログを書籍化。2017年には連続ドラマとして放送され、淡々としたストーリーの中に仕掛けられたシュールな笑いと毒が多くの人の心を捉え、人気を博しました。

原作・脚本・主演を務めたバカリズムさんに話を伺いました。

バカリズムさん

バカリズムさん

ネタ元は「何も起こらない」日常

——『架空OL日記』は「女子ってこうでしょ?」という決めつけのないリアルさが魅力です。何度も同じ質問をされていると思うのですが、なぜこんなにリアルな脚本を書けるのでしょうか?

バカリズム:僕は、仕事以外の時間は作業場にこもって作業をしているんです。ほかの芸人さんのようにいろんな人とご飯に行ったりすることもなく、レギュラー番組が終わった後は朝まで脚本を書く生活が何年も続いている。そうなると、基本的にエピソードとなる出来事が起こらない。自分の中の出来事のスケールがどんどん小さくなってくる。家の中とか、コンビニに行く途中の出来事とか、普通の人ならスルーすることに気付くしかなくなってくるんです。

誰かに何かを話そう、何かを生もうと思ったら、何もないから仕方なくスケールが小さなことに目を向けている感覚ですかね。「しいて挙げるなら」の連続というか……。リアルなのは僕の日常に何も起こらないからかもしれません。

——マーケティングもしていない?

バカリズム:特にしてないですね。20代の銀行員の友人に話を聞いて、銀行のルールや習慣を教えてもらったり、リサーチはしましたが、今の女性に関する細かいリサーチはしていないです。

——映画版もドラマ版と同じく、特に大きな事件は起こらない展開でした。今回、映画化するにあたり意識したことはありますか?

バカリズム:『架空OL日記』は、事件は起こらないほうが面白いし、どうやって今まで通りにするかを意識しました。この脚本を書くこと自体も久しぶりだったので、台本上での温度感も気を付けました。ほかの作品の脚本もいろいろ書いているので、最近の手癖が出ないように意識して書きました。

サブ㈫

「女性っぽい」しぐさやセリフはNG

——脚本を書くだけではなく、自ら主演も務めていらっしゃいます。「私」を演じる上で意識していることは?

バカリズム:ドラマも映画も、女性っぽくならないように意識していましたね。「女性っぽく」は一番のNGワードというか……。間違った解釈をされるので、この作品の世界観を守るには女性っぽくしないことを意識しました。

周りの演者の方にもなじんでもらうには僕がいわゆる「バカリズム」に近い感じでいることだと思ったので、女性っぽいしぐさはゼロにしようと努めました。

悪口が楽しいのは仕方がない?

——「私」をはじめOLたちが上司の悪口を言って盛り上がるシーンや普段の会話のところどころ挟まれる“毒”もこの作品の魅力です。悪口と言うと世間では悪いことと捉えられていますが、「私」たちのそれは陰険な感じではなく、むしろスッキリする系ですよね。「悪口で盛り上がっている自分」を肯定された気がしました。“業の肯定”が作品の根底にある気がします。

バカリズム:悪口を言っちゃうのは、健全なことだと思います。僕は、いつの時代も後輩や部下は上司の悪口を言うもんだと思っています。それをバレないようにするとか気付かれないようにするのがマナーですよね。

これだけの人たちが集まったらそうなるし、仲がいいのも共通の敵がいるからで、いなかったらここまで仲良くはなっていないかもしれない。

悪口も、自分たちで楽しむ範囲で言う分にはいいと思うし、やっぱり好きなものが合う相手よりも嫌いなものや許せないものが合う相手のほうが深く仲良くなれるのは、どこの世界でもそうだと思うし、そこが面白いんだと思います。

メイン

——最後にファンに向けてメッセージをお願いします。

バカリズム:ハラハラドキドキはないですが、見心地のいい映画になっています。ドラマ版から見てくださっている人たちはご期待通りの内容だと思います(笑)。本当に、一切期待を裏切らない、期待通りの内容なのでぜひ劇場で見てください。

<後編は…>リアルなのはサエちゃんをめぐる人間関係【バカリズム×佐藤玲】

■映画情報
『架空OL日記』
公開表記:2月28日(金) 全国ロードショー
配給:ポニーキャニオン/読売テレビ
(C)2020『架空OL日記』製作委員会

(聞き手:ウートピ編集部・堀池沙知子、写真:宇高尚弘)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

なんで私たちのことが分かるの? バカリズムに聞く『架空OL日記』リアルさの秘密

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング