「私の性欲は私のもの」女性が語るひとりエッチ

「私の性欲は私のもの」女性が語るひとりエッチ

1月5日に放送されたAbemaTV『Wの悲喜劇〜日本一過激なオンナのニュース〜』のテーマは「オンナのひとりエッチ♡」。タブー視されがちな女性のオナニーについて切り込みます。

(左から)小谷さん、鈴木、SHELLYさん、田口さん、Yukaさん、西本さん

(左から)小谷さん、鈴木、SHELLYさん、田口さん、Yukaさん、西本さん

MCのSHELLYさんと、女性の性に関する深い知見を持った女性たちが「オンナのひとりエッチはなぜタブーなのか」など普段聞けない議論を繰り広げました。取材者として、「女性のオナニー」をテーマにした漫画『私だってするんです』(新潮社)の著者で漫画家の小谷真倫(こたに・まりん)さんと、ウートピ編集長の鈴木が登場。

さまざまな分野で女性の性欲や性と向き合う「リアル経験者」との出会いについて、小谷さんに感想を伺いました。

「私だってするんです」ってどんな作品?

『私だってするんです』©️小谷真倫/新潮社

『私だってするんです』©️小谷真倫/新潮社

女子高生の慰舞林檎(いぶりんご)の“オカズ”は、学年一の優等生・江田創世(えでんそうせい)。ある日、放課後の教室でいつもの“オカズ”を使ってオナニーをしていたところを、江田に見られてしまう。

恥ずかしさに悶える慰舞に江田は、他人の性的興奮要素を記録したノート「オカズ大辞典」の制作に協力するよう持ちかける。さらに、それが完成すれば自身のことを“主食”にしてもいいと言う。こうして慰舞は「女性のオナニー」の採集に自ら踏み出し、多様な性欲やオナニーを知ることとなる——。

さらに、本作は実写映画化も決定。主演を元SKE48の加藤智子さんが務めることが発表されています。

バイブ登場に盛り上がった

——今回の「リアル経験者」には、 女性向けアダルトコンテンツ「GIRL’sCH」企画・広報の田口桃子さん、バイブバー「ワイルドワン」広報のYukaさん、女性の性に関するウェブメディア「ランドリーガール」代表・ライター西本美沙さんが登場します。小谷さんと同じように、お仕事として女性の性欲と向き合っている女性がいることを知ってどのように思いましたか?

小谷真倫さん(以下、小谷):「仲間!」って思いました。さらに、活動内容を聞くと、みんな本当に素晴らしかったです。その一方で私は、収録に慣れていなかったこともあって地蔵になっていたのが反省です(苦笑)。

——収録で印象に残っていることはありますか?

小谷:「ワイルドワン」のYukaさんがお店に置いているアイテムを持ってきてくれて、実際に触れたことですね。これまで私が知っているバイブレーターって、固いものだったのですが、見せていただいたものは触り心地がすごくソフトでフニフニ。これなら確かに気持ちいいかもしれないなと思いましたね。ゾウの人形とかもあしらわれていて、見た目にも楽しいねと、バイブの話で盛り上がったのが印象的でした。

「ワイルドワン」は、女性か男性は女性と一緒の入店が原則で、350本以上のバイブを見たり、触れたりすることができるそうです。そういう場所があることに驚いたと同時に、すごく時代が進んでいると感じましたね。

「あの作品よかったよ」オカズを共有するファンたち

kotanisensei

小谷:それから、田口さんの女性向けアダルトコンテンツ。女性が動画を抵抗なく“オカズ”にしていることも、普通の流れになっているようです。男優さんのサイン会もあって、そこに参加する女性たちは性的な欲望を持ちつつも「いやらしい」という感じではないのだとか。しかも、「あの作品よかったですよ」と情報交換が行われているそうなんですよ。

——オカズを共有している!

小谷:そうなんですよ。そういうことって、10年前は想像すらできなかったと思うんですよね。

——出演者のみなさんから、小谷さんの作品や活動について何かコメントはありましたか?

小谷:緊張しすぎて頭が止まっていたんですけど……。「こういう作品にすると、みんな自分だけじゃないって思えるようになるよね」とSHELLYさんが言ってくださって。作品にしてよかったなと思いました。

番組で性欲を語るということ

——メディアで性のことを話すのは、抵抗はありませんでしたか?

小谷:抵抗というより、落とし穴はあるなと感じますね。今回の収録に限らずですが、自分の話でなくても性のことを、オープンに話すと、「こいつは性のことを自分で言っているのだから、セクハラしても構わないんだろうな」という男性が結構いるんですよ。「オナニーするくらいなら俺がいるよ」とか。

——すごい論理の飛躍。

小谷:それでちょっと、それとこれとは違うって、みんなに知ってほしいという気持ちで書いたのが『私だってするんです』です。「私の性欲は私のもので、お前に対しての性欲じゃないんだぞ」と。あれはほんと困ったので(苦笑)。

(取材・文:安次富陽子)

■番組情報

cm

男子は見なくて結構!男子禁制・日本一過激なオンナのニュース番組がこの「Wの悲喜劇」。さまざまな体験をしたオンナたちを都内某所の「とある部屋」に呼び、MC・SHELLYとさまざまなゲストたちが毎回毎回「その時どうしたのか?オンナたちのリアルな行動とその本音」を徹底的に聴きだします。

#88「オンナのひとりエッチ♡」
放送を見る https://abema.tv/video/episode/89-64_s1_p90

さらに小谷さんに、『私だってするんです』執筆のきっかけや男性読者が多い媒体で「女性のオナニー」をテーマに連載しようと決めていた理由について聞きました。近日公開予定です。ぜひお楽しみに。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「私の性欲は私のもの」女性が語るひとりエッチ

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング