浴室で鏡を見たときに垂れたと感じる…バストラインの変化、対策できてる?

浴室で鏡を見たときに垂れたと感じる…バストラインの変化、対策できてる?

体重は変わっていないのに、鏡に映った背中やバストのシルエットに「どきっ!」としたことがある人も少なくないのでは?

このたび、下着大手のワコールが、25~34歳の女性を対象に「からだのシルエット」に関する意識調査を実施しました。調査の結果、アンケートに回答した女性の全員が、20代前半と比べて「からだのシルエット」が変わったと感じていることがわかりました。

6割がシルエットの変化「とても感じる」

gr01

「20代前半の頃と比べて、からだのシルエットに変化を感じますか?」と聞いたところ、「とても感じる」が59%、「やや感じる」が41%となりました。また、半数以上(54%)は「体重は大きく変わっていないが、からだのシルエットは変化した」と回答しています。

浴室で鏡を見たときに垂れたと感じる

gr02

「20代前半の頃と比べて、バストのシルエットやラインに変化を感じたことはありますか?」と聞くと、73%が「ある」と答えました。

▼バストのシルエットの変化を感じるシーンは?

「浴室で鏡を見たときに垂れたと感じる」(28歳)
「タイトな服を着たときにバストの位置が下がったように感じる」(33歳)
「仰向けに寝たときに重力に負けているのを感じる」(32歳)
「胸の開いている服を着ると、胸の上が痩せこけて見栄えが悪い」(34歳)

また、「バストをきれいに保ちたいという気持ちはありますか?」と聞くと、98%と大多数の女性が「ある」と回答しました。ただし、その一方で「バストの形ややわらかさについて不安がある」人も約9割(89%)にのぼる結果に。多くの女性が、バストのシルエットをきれいに保ちたいという気持ちがありながらも、現在のバストの状態に不安を感じているようです。

対策したいけど、できていないが6割

gr03

「バストのシルエットの変化に対して、現在何か対策をしていますか?」という質問では、「対策をしたいが、できていない」が63%で最多になりました。

gr04

「シルエットを手軽にととのえることができそうだと思う対策法は何ですか?」と聞いたところ、「補整力の高い下着の着用」が65%で最多となり、次に「店員などプロのアドバイスをふまえた下着の着用」(38%)となりました。

すでに「補整力の高い下着の着用」や「店員などプロのアドバイスをふまえた下着の着用」を実践している女性からは、以下のような声があがっています。

▼「補整力の高い下着の着用」を実践している女性
「いつもの服でも、補整下着をつけているかどうかで、シルエットに違いがはっきり出る」(29歳)
「脇の肉がすっきりとしてシルエットが違って見える」(32歳)

▼「店員などプロのアドバイスをふまえた下着の着用」を実践している女性
「教えてもらった通りのつけ方をしたところ、驚くほどボリュームが出た」(34歳)
「アドバイス通りにしただけで、今までよりもシルエットがよくなった」(29歳)

ビューティーアドバイザーがポイントを伝授

北原さん

北原さん

ワコールでビューティーアドバイザーを務める北原三知世(きたはら・みちよ)さんは、以下のようにアドバイスしました。

「バストのシルエットをととのえるうえでは、まず『下着』選びにこだわることが重要です。最近は、ラクな着用感の下着を好む女性が増えています。一方できれいに見せたい、美しくボディメイクをしたいというニーズもよく伺います。

年齢を重ねたバストやシルエットの変化におすすめなのは、サイズと体型に合った下着選びです。補整力の高いブラジャーで、しっかりサポートして最大限にバストメイクすることもおすすめです。ラクさを重視したい方は『補整力の高いノンワイヤーブラ』を選ぶとよいでしょう。ワイヤーがなくても、しっかりバストを包みこんで持ち上げてくれるアイテムを選べばシルエットは美しく見えます

さらに北原さんは、バストのシルエット対策では「下着の購入場所も大切」だと続けます。

「バストは加齢などによって、形だけでなくやわらかさなども変化します。サイズは変わらなくても、加齢や揺れなどで下垂したバストは、合うブラジャーの形が変わっていきます。例えばバストの肉質がやわらかく、背中に肉が流れやすい人は、横に流れにくいホールド力の高いものを選ぶ必要があります。また、バストボリュームがある方は、サポート力の高いしっかり包みこむタイプや、すっきり見せるタイプもおすすめです。このように、直接、ビューティーアドバイザーとコミュニケーションをとりながら選ぶことで、バストのタイプやお悩みに合った、ご自身にぴったりのブラジャーが見つかりやすくなります」

そして最後に、「ブラジャーのフィッティングは『バストの底辺にワイヤーを合わせる』、『バストをカップにきれいにおさめる』など、さまざまなコツがあります。本やインターネットで見るだけではコツがわかりにくいので、お店で実際に試着してコツを教わるのが一番の近道です」と述べました。

■調査概要
地域:全国
対象:25~34歳女性500名(25~29歳/30~34歳 各250名)
調査期間:2019年11月
調査方法:インターネット調査(ワコール調べ)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

浴室で鏡を見たときに垂れたと感じる…バストラインの変化、対策できてる?

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング