いい夫婦の日、パートナーへの愛を叫ぼう【夫編】

もっと愛を叫ぼう。働き男子に「うちの妻最高!」って瞬間を聞いてみた

もっと愛を叫ぼう。働き男子に「うちの妻最高!」って瞬間を聞いてみた

11月22日は「いい夫婦の日」。今朝の「私の夫、最高!」というアラサー既婚者のみなさまへの調査記事の続編として、今回は既婚男性陣にのろけていただきました。

コミュニケーションがプロフェッショナルな妻

(28歳 / 営業 / 結婚1年目)

人事職で、コミュニケーション上手な妻。どんな話でも対応してくれるので「この話をしたいんだけど、家ではできないなぁ」と思うことが一切ありません。仕事で悩んでいるときも、真剣に話を聞いてくれるし、ときには議論できるところもいいなと思います。基本的にお互いの価値観を認め合っていて、もし納得いかないことがあったとしても、相手の大切にしたいことだとわかったら、それ以上は強制し合わない関係性です。

お互い仕事人間ということもあり、急な予定変更も理解してくれるのがありがたいです。夕食を一緒に食べる約束をしていたときに、急遽仕事先のメンバーと飲みに行くことになっても「職場の交流も大事だから、行っておいで!」と送り出してくれます。

地味なところだと、ご飯を美味しく食べるところが好き。僕が家で作る料理も、外食も、常にリアクションが大きいので見ていて楽しいです。ケーキを買って帰った日などは、本当に幸せそうな顔をしています。仕事もプライベートもいつも笑顔で、何に対しても真剣、精一杯楽しんでいる姿を見ると、自分も楽しくなって元気をもらっています。

ブラック企業から救い出してくれた妻

(32歳 / 制作 / 結婚3年目)

基本的に干渉せず、なんでもお互いの希望を尊重する関係です。しかし、僕が過労でメンタルをやられかけたときには真っ先に「もう頑張らなくていいよ! 休んで!」と声をかけてくれました。そこからテキパキと傷病手当金などの手続きについて調べてくれて、無事に会社を休むことができました。

その後、結局退職することにしたのですが「仕事なんていくらでもあるよ!」と明るく励ましてくれて、本当に救われました。彼女じゃなかったら、「結婚したばかりなのに、男が働かないなんて……」と、限界まで我慢して、倒れていたかもしれません。僕は本当にいい人と結婚したなと思いました。

休職〜無職期間中はとにかく気分が落ち込み、何もできない期間が長かったけれど、ぐだぐだしていた僕に愛想をつかすことなく接してくれました。ホワイト企業に転職した今、恩返しのため、帰宅後にちまちま家事をしています。初心者の地味な料理でもリアクションをとって褒めて伸ばそうとしてくれるのがありがたいです。

育児はシフト制、お互いの仕事や自分時間を尊重する妻

(36歳 / ディレクター / 結婚4年目)

真面目で仕事熱心、「頑張らなきゃ」が口癖の妻。働く姿を見ていると、自分も仕事へのモチベーションが高まります。一方で、頑張りすぎて倒れないか心配なので、たまに子どもを預けて夫婦で飲みに行ったり、会社の近くで待ち合わせて平日ランチしたり、息抜きの時間をつくるようにしました。デートが出来るのがうれしいです。

彼女は前向きなズボラで、「最大限に楽をするため」に効率重視。家電やガジェットを取り入れて、家事も育児も仕事もどんどん作業工程を見直していくので、僕もストレスなく生活ができています。

ミーハーで、常に最新アイテムを身につけている妻。付き合う前は「もしかして、お金遣いがとてつもなく荒いのでは?」と心配になることもありましたが、ポイントカードやフリマアプリを活用するなど、堅実な生活力も兼ね備えていて、生活タッグを組む相手としてよかったです。

お互いお酒が好きなので、子どもが生まれてからも、夜20時以降と休日の育児はシフト制。急な飲み会連絡でも「行っておいで〜」と言ってくれるおかげで、自由時間を持ています。結婚したら自分の時間がなくなるのかな? と不安がありましたが、そんなことはありませんでした。良いパートナーです。

天性の甘え上手、赤ちゃんみたいな妻

(36歳 / 営業 / 結婚4年目)

結婚して4年になりますが、いまだに「毎日可愛いなあ」としみじみ思います。家にいる時は、2歳の娘と一緒にかけっこして遊んだり、意味のわからないオリジナルソングを作って踊ったり、一緒に読んだヤンキー漫画のものまねをしたり、コンビニに行くと、安い駄菓子をねだってきたりします。夏休みの子どもみたいに無邪気です。

その一方で、しっかり者の面も。例えば、僕の気が回らないような家事・育児もせっせとこなしてくれます。子どものことをよく見ているし、気がつくと部屋が片付いてるし、面倒な行政・事務手続きも文句言わずにやってくれるのは、本当にありがたいなと思います。

料理は3食僕担当ですが、妻は毎回とても美味しそうに食べてくれます。たまに家に友達を連れてくるときも「夫の料理、本当に美味しいんだよ!」と、真っ直ぐに褒めてくれるのがすごいし、僕もうれしくなってサービスしたくなります。

週末には晩酌にも付き合ってくれるのですが、30分もすると顔がポッカポカになって映画の途中に寝落ちするので、最近では僕が妻の歯を磨くことに……。面倒に感じるどころか、毎日彼女のお世話ができて幸せだなと思います。とにかく甘え上手で、なんでもしてあげたくなります。

そんな赤ちゃんみたいな妻ですが、あたりまえだけど、会社では普通にシャキッと仕事しています。会社の採用ページに掲載されていたよそ行きの顔が綺麗で、そのギャップにドキドキしました。

良い機会になったという声も…

「うちの妻、最高!」なんてハードルが高いかも? と不安になりながらの調査でしたが、意外にもたくさん聞かせてもらいました。みなさん普段はあまり口にしないそうで、「良い機会になりました」とコメントも。もっと愛、叫んでいきましょう。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

もっと愛を叫ぼう。働き男子に「うちの妻最高!」って瞬間を聞いてみた

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング