元海外バージンY子【ラスベガス】へ行く

目の前に広がる星の海…ラスベガスで見つけた「私の隠れ家」

目の前に広がる星の海…ラスベガスで見つけた「私の隠れ家」

ラスベガスでカクテルって、大人の女になった感ある

キラキラのゴージャスなシャンデリア。

コスモポリタンのゴージャスなシャンデリア。

夜のストリップに繰り出したY子は、ホテル「コスモポリタン・オブ・ラスベガス」の「クリーク・バー」へ。

コスモポリタンのカジノを抜けると…/Courtesy of CliQUE Bar & Lounge

コスモポリタンのカジノを抜けると…/Courtesy of CliQUE Bar & Lounge

「クリーク・バー」では、新感覚のカクテルが体験できると人気。ラスベガスのバーでカクテルなんて、それだけでも挑戦なのに。大人の階段、一段飛ばしで駆け上ります。

ショーを観ている感覚

ショーを観ている感覚

ここで体験できるのが、「テーブル・サイド・ミクソロジー」。バーテンダーが、テーブルまで来て話題の「ミクソロジーカクテル」を作ってくれるんです。ミクソロジーカクテルとは、リキュールやフレーバーシロップの代わりにフルーツや野菜、ハーブやスパイスをスピリッツ(蒸留酒)と合わせて作るカクテル。素材の良さをより引き立てることができると、今世界から注目されています。

Y子の隣のテーブルでは、送別会か歓迎会か。ビジネスパーソンのチームが花火バチバチのド派手な「テーブル・サイド・ミクソロジー」を行なっていました。これはいい思い出になりそう。

美味でした。

美味でした。

Clique Bar & Lounge
https://cliquelv.com/

近くのドラッグストアは上手に活用

ドラッグストアにも、あるから!

ドラッグストアにも、あるから!

海外旅行で気になることと言えば、やはり「お水」ですよね。持参したガイドブックには「水道の水をそのまま飲むこともできるが、ミネラルウォーターを購入するのが一般的」と。やっぱり飲料水はミネラルウォーターにしておきたいところ。だがしかし、正直、ホテルに備え付けのお水(有料)や、ホテル内のショップで購入するのはちょっと高い。

そんな時に上手に活用したいのが、チェーンのドラッグストア『CVSファーマシー』や『ウォルグリーン』。日用品からお土産までプチプラで揃うので、滞在中はかなり助けられました。

スイカ味のペリエにカットフルーツ。バラマキ用のお土産もドラッグストアで。

スイカ味のペリエにカットフルーツ。バラマキ用のお土産もドラッグストアで。

前回心配していた治安も特に心配なく、むしろエレベーターに乗り合わせた人どうし、「調子はどう?」とか「飲みすぎちゃったよー」というような、1分程度の短いコミュニケーションも楽しかったです。カジノで大儲け……はできなかったけれど、日本では味わえない緊張感と開放感で心がマッサージされているような気分に。ラスベガス、初日で好きになっちゃいました。

次回は「砂漠の街でアイスホッケー!? ラスベガスで楽しめるスポーツ」についてリポートします。

【第1回】34歳会社員、非日常を求めてラスベガスに行ってみた

(取材協力:ラスベガス観光局、文:ウートピ編集部 安次富陽子)

1
2
SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

目の前に広がる星の海…ラスベガスで見つけた「私の隠れ家」

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング