「小さな女の子の、自分を守る鎧の一つになれたら…」西原理恵子の人気エッセイがマンガ化 

「小さな女の子の、自分を守る鎧の一つになれたら…」西原理恵子の人気エッセイがマンガ化 

「王子様を待たないで。社長の奥さんになるより、社長になろう」——。

2017年6月に発売され30万部を突破した、マンガ家の西原理恵子さんによるエッセイ『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』(KADOKAWA)がマンガ化され、4月3日に子ども向けウェブサイト「小学館キッズパーク」でプロローグとなる2話が公開されました。

【関連記事】西原理恵子「もらったプレゼントが自慢の80歳にならないで」

Onnanoko_MainVisual_OL

「ダイヤも、お寿司も、自分で買おう」名言が続々

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』は、西原さんが当時16歳の娘に宛てて書いたメッセージという体で、女性が生きていく上で覚えておいてほしいこと、知っておいたほうがいいこと、心に留めておいてほしいことをつづったエッセイ。「ダイヤも、お寿司も、自分で買おう」「王子様を待たないで」などの名言が共感を呼び、大人の女性の間でも話題になりました。

sub3

2人の少女が主人公

マンガを担当するのは、級友たちや大人たちと触れ合う中で成長していく小学生の少女の姿を描き、「THE BEST MANGA 2013 このマンガを読め!」で6位にも選ばれるなど、高い評価を得た『すみれファンファーレ』の松島直子さん。

松島さんによるマンガ版では、シングルマザー家庭で育っている「とりこ」と、アルコール依存症の父親に悩む「るりか」のダブル主人公で物語が展開。明るい性格で少しがさつな「とりこ」と、美しい容貌を持ちながらもどこか陰のある「るりか」という、一見正反対の2人が『女の子が生きていくときに〜』を通じて、仲を深め、成長していくというストーリーです。

「小さな女の子の、自分を守る鎧の一つになれたら…」

原作者の西原さんは「女の子の生き方にはいろんな形がある。このマンガを読んでくれる小さな女の子の、自分を守る鎧の一つになれたら、すごくうれしいです」とコメントを寄せています。

マンガ家の西原理恵子さん

マンガ家の西原理恵子さん

マンガ版は、より幅広い層に届けるために子ども向けウェブサイト「小学館キッズパーク」で不定期連載。4月3日の連載開始では、プロローグとなる2話が掲載されています。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「小さな女の子の、自分を守る鎧の一つになれたら…」西原理恵子の人気エッセイがマンガ化 

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング