「移植したら僕はもういいの?」夫の言葉にハッとして…【3月記事ランキング】

「移植したら僕はもういいの?」夫の言葉にハッとして…【3月記事ランキング】

ついに明日、4月1日に新元号が発表されます。いよいよ平成も最後だなーと思う人も多いのではないでしょうか。

さて、「ウートピ」の人気記事(集計期間:2019年3月1日〜19年3月30日)をランキングで振り返ります。

1位 「移植したら僕はもういいの?」夫に言われてハッとした”距離感”

55610997_575060712998274_7465721383239024640_n

1位は人気連載『夫の腎臓をもらった私』から、信頼する移植コーディネーターAさんに教わったことをつづった回がランクインしました。3月23日で移植手術を受けてから丸1年となるタイミングで今感じていることとは——?

2位 それって意味あるんですか…? 働き女子に聞いた、職場の「謎マナー」

nazo

2位は、働く人にウートピ編集部が独自で行ったヒアリング記事がランクイン。職場の「謎マナー」について聞きました。調査をしてみると、「それ、何の意味があるの?」と問いたくなるような意見も見られました。

3位 仕事が遅い先輩にイライラ…「仕事が早い=デキる人」ではない理由【DJあおい】

osoi

3位は人気連載『DJあおいの私は仕事ができない。』から、「仕事が遅い先輩にイライラする」という相談に回答した記事でした。不満をためつつも「いい人」だから指摘しにくいという相談者さんに、あおいさんは「仕事が遅い=仕事ができない」というわけでもないと言います。

4位 ごはん、パン、麺類は1日にどれぐらい食べていい? 糖尿病専門医が教える「手ばかり法」とは

ごはん

4位は、健康系の記事、「ごはん、パン、麺類は1日にどれぐらい食べていい? 糖尿病専門医が教える『手ばかり法』とは」でした。人気のあったお菓子編、肉・魚編に続いて、今回は主食である炭水化物について聞きました。

5位 ごはんは半分、炭水化物セットはNG! 太りにくい定食は?【糖尿病専門医に聞く】

teishoku

5位も健康系の記事がランクイン。前出の「てばかり法」の記事でも話を聞いた、ふくだ内科クリニックの福田正博院長に教えていただきました。

6位 働き女子に聞いた! もらったらうれしいホワイトデーのお返し

whiteday

6位は、ウートピ編集部によるヒアリング記事「もらったらうれしいホワイトデーのお返し」でした。普段自分では買わないような高価なチョコレート、スティックコーヒーなど仕事の合間にちょっと贅沢な気分になれるようなものや、帰宅後に楽しめるものなど働き女子のホンネとともに紹介しています。

7位 はぁ、なんでOKしちゃったんだろう…決断するのに向いてない3つのタイミング【DJあおい】

aoi2

7位にもDJあおいさんの連載がランクインしました。5年ほど働いている会社を転職したほうがいいか悩んでいるという相談者さんに、あおいさんが決断するのに向いていない3つのタイミングについて話します。

8位 荷物はなるべく軽くしたい…! 今年注目のA5スリムノートって?

GA021_RO-BIKI NOTE4.5mm十字方眼_イメージ画像

8位は、「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介する連載がランクイン。今注目の「A5スリムノート」を紹介しています。

9位 苦しむ12歳の私に背を向けた医師。固く閉じていた心をほぐしてくれたのは…

morozumi18ill

9位は、1位にもランクインした『夫の腎臓をもらった私』から、医師との関係についてつづった記事がランクインしました。

10位 腸内フローラを整えて血糖値を抑える! まいたけの力【臨床内科専門医に聞く】

まいたけ

10位は、健康系の記事がランクイン。健康にとってよい食材だと話題になっている「まいたけ」について臨床内科専門医で正木クリニックの正木初美院長に話を聞きました。

ランキングをまとめて

今月は連載記事のほかにもヒアリング記事が大健闘! これからも働く女性たちのホンネに迫るべくいろいろなテーマでヒアリングしていきます!

■SNSをフォローすると最新記事がタイムラインに届きます!

facebook: @wotopi
Twitter: @wotopinews

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「移植したら僕はもういいの?」夫の言葉にハッとして…【3月記事ランキング】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング