友人の転職報告に胸がザワつく貴女へ 【女性のキャリアチェンジ意識調査】

友人の転職報告に胸がザワつく貴女へ 【女性のキャリアチェンジ意識調査】

SNSを見ていると「会社を辞めました!」とか「新しい業種にチャレンジします!」といった「転職エントリー」をよく目にするこの季節。希望にあふれた報告に、自分も転職して新しい世界に飛び込みたいな……と思う人も少なくないかもしれません。

このたび、人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンは運営する、女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』上で、「キャリアチェンジ(職種転換)」をテーマにアンケートを実施。その結果、9割の女性が「キャリアチェンジ(職種転換)に興味がある」と回答したことがわかりました。

キャリアチェンジに興味あり

img_180842_1

「キャリアチェンジ(職種転換)に興味はありますか?」と聞いたところ、「はい(キャリアチェンジに向けて転職活動中)」が46%、「はい(興味はあるがまだ動いていない)」が41%で、合計して87%の人が「興味がある」と回答しました。

人気の職種は…

img_180842_2

キャリアチェンジに興味があると回答した人に、希望する職種について聞きました。最も回答が多かったのは「一般事務・営業事務」(49%)でした。次いで、「人事・総務」(32%)という結果になりました。経験職種別の希望職種を見ると、「一般事務・営業事務」は「営業」(81%)、「人事・総務」は「広報・宣伝」(60%)がそれぞれ最多となりました。

img_180842_3

同じく、キャリアチェンジに興味があると回答した人に、叶えたいことを聞きました。最多となったのは「収入を上げたい」が64%で、「自分の可能性を広げたい」(48%)、「仕事を通じて成長したい」(43%)と続きました。

半数以上がキャリアチェンジの経験あり

img_180842_4

「これまでにキャリアチェンジをした経験がありますか?」という質問には、「キャリアチェンジしたことがある」が54%、「しようとしたができなかった」が20%で半数以上の人があると回答。

img_180842_5

「キャリアチェンジの成功の秘訣を教えてください」という質問で、第1位は「意欲・やる気」(59%)、第2位は「自ら学ぶ姿勢」(53%)、第3位は「キャリアチェンジの目的をはっきりさせておく」(42%)となりました。

「自分は本当にキャリアチェンジしたいのか?」まずはよく考えることからはじめたいですね。

■調査概要
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:『エンウィメンズワーク』 を利用するユーザー
有効回答数:女性664名
調査期間:2019年1月17日~2月13日

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

友人の転職報告に胸がザワつく貴女へ 【女性のキャリアチェンジ意識調査】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング