提供:日産自動車 株式会社
「わたしは、どこへでも行ける」第3回

販売店って入りにくいと思ってたけど…買わなくても行っていいですか?

販売店って入りにくいと思ってたけど…買わなくても行っていいですか?

前回のほったらかし温泉へのドライブが想像以上に楽しくて、徐々にマイカー欲が高まりつつある諏訪井モニカ(すわい・もにか)さん。だけど私に合った車選びはどうすればいいのでしょうか? ネットで調べればきっとヒントが見つかる! と意気込んでチェックしてみたものの……やはり詳しい人に聞いてみないと分からないなぁという結論に(汗)。

せっかく、電気自動車「日産リーフ」に乗ったので、日産の販売店に行ってみたいと思ったのですが、そもそも「今日は買うぞ!」とまで決めていない私が行ってもいいのか不安も……。

そこで今回は、女性のクルマ選びをサポートする日産レディー・ファーストの取り組みを推進している「日産プリンス神奈川しらとり台店」(横浜市青葉区)に足を運んでみました。

出迎えてくれたのは、店長の恵美奈子(めぐみ・みなこ)さんと、カーライフアドバイザー(以下CA)の丹治蓮(たんじ・れん)さん。“頼れる先輩”という感じで一緒に選んでもらえそうです。

【第1回】運転って楽しいの? オトナ女子の「ドライブ生活」を覗いてみました
【第2回】わたしは、どこへでも行ける…車で東京から2時間の絶景を堪能してきた

左から順に、諏訪井さん、丹治さん、恵さん

左から順に、諏訪井さん、丹治さん、恵さん

フラっと立ち寄るだけでもOK

諏訪井:何からお聞きしたらいいのかよく分からないのですが、今日はよろしくお願いします。

丹治CA:よろしくお願いします。ドリンクメニューの中からお好きな飲み物を選んでいただき、リラックスしてくださいね。

諏訪井:ありがとうございます。実は、買おうと決めてきたわけではないのですが……それでも相談に乗ってもらえるんでしょうか?

丹治CA:もちろんです。ほとんどのお客様が予約なしでフラッと立ち寄られますし、「どんなクルマがあるのか知りたい」「とりあえず気になるクルマを試乗してみたい」など気軽にご来店いただけると私たちも嬉しいです。

諏訪井:そんな感じでいいのですね! なんだか安心しました!

今日買わなくてもいいと聞いて、ほっとしました。

今日買わなくてもいいと聞いて、ほっとしました。

丹治CA:まず先ほどご記入いただいたシートも拝見しながら、お客様が普段どのようにクルマをお使いになっているのかお聞かせください。

諏訪井:今はカーシェアリングに登録していて、雨の日に子どもを保育園に送迎する際に運転するくらいです。頻度は月に数回なのでマイカーを持つほどではないかな? と考えていたのですが、予約が埋まっていて利用できないこともありますし、家族で遠方へ遊びに行ったり、ひとりでふらっとどこかへ出かけたりしたいときに自分のクルマがあると便利だなと。

直感で気になるクルマをチェック!

丹治CA:今回は、そんな諏訪井さんにぴったりなクルマをご提案できたらいいなと思います。

諏訪井さんの場合はどんなクルマがいいのかわからないということなので、まずは日産の全ラインナップが載っている総合パンフレットをご覧いただき、直感で気になるクルマをチェックしてみてください。「色が素敵」「形が好き」など何でもいいです。装備よりビジュアル重視で選ばれる女性のお客様は多いですよ。

諏訪井:直感でいいんですね?買い物の荷物を持ちながらドアを開けることを考えると、スライドドアの「セレナ」かな……

でも、大きなクルマは駐車の心配もあるので、サイズ的には電気自動車の「ノート e−POWER」あたりがちょうどいいのかも?

 写真だと、色や形がわかるので直感的に選びやすいです。

写真だと、色や形がわかるので直感的に選びやすいです。

丹治CA:セレナは、安全性の面で非常にレベルが高いんです。

諏訪井:安全性?

丹治CA:例えば、低速走行時にアクセル・ブレーキの踏み間違えの防止をアシストしたり、うっかり走行車線からはみだしそうな場合にクルマを車線内に戻す操作を促したり、進入禁止の標識を検知したりと、普段あまりクルマに乗らない人にも安心の機能をオプションで選べるんです。

知らなかったことを親切に教えてくれる、頼れる先輩です!

知らなかったことを親切に教えてくれる、頼れる先輩です!

諏訪井:へえー。

丹治CA:一方、ノート e−POWERはガソリンエンジンで発電して、モーターで走る電気自動車なんです。ガソリンさえ入れておけば充電しなくてもいいんですよ。コンパクトカーなので後ろの席は狭いと思われがちですが、後部座席が広いので、荷物もたくさん積めます。

諏訪井:どちらも良さそうで悩みますね〜。でもせっかくお店に来たので、運転したことのない大きさのセレナが実際にどうなのか見てみたいです! 特に、赤と黒のツートンカラーがかっこよくて素敵!

丹治CA:店内にセレナを展示していますので、実際のクルマで説明させて下さい。

展示車で、クルマのリアルな感触を確かめる

ハンドルが自分にぴったりに調整できるのは便利ですね!

ハンドルが自分にぴったりに調整できるのは便利ですね!

諏訪井:やっぱり大きいですね〜。大丈夫かな……。

丹治CA:運転してみると意外と気にならないですよ。一度、運転席に座ってみてください。

諏訪井:あ、座ってみると確かに気にならないですね。フロント部分が前に出すぎているわけでもなく、視界が高くて広くて見やすいかも。

丹治CA:座面は上げられますし、セレナはハンドルも高さだけでなく前後も調整できるので自分に最適なポジションを作れますよ。

諏訪井:ホントだ! シートの座り心地も良くて、快適に運転できそうですね。

丹治CA:では試しに乗ってみませんか? 今なら「セレナ e−POWER」を試乗できます。

諏訪井:えっ、いきなり運転はちょっと不安です……。

乗ってみないと分からないものですね!

乗ってみないと分からないものですね!

クルマってこんなに楽だったの? 試乗してわかったこと

丹治CA:試乗コースは基本的に大通りを避け、なるべくクルマが少ない住宅街の静かな道を選んでいます。10分ほどで帰ってこられるので、初めて乗るお客様でも緊張なくお試しいただけるはずです。

諏訪井:そうなんですね!

丹治CA:試乗車のタイプ別に、そのクルマの魅力を体感できるコースを決めていますから、いろいろと操作して運転を楽しんでください。

(出発)

助手席からサポートしてくれるので、初めて乗る車でも安心です。

助手席からサポートしてくれるので、初めて乗る車でも安心です。

諏訪井:先ほど展示車に座ったときにも思いましたが、実際に運転しても大きさはまったく気にならないですね。

結構な傾斜のある下り坂も、e-POWER Driveの機能を使うとアクセルペダルを緩めるだけでしっかりブレーキがきいて運転が楽なので、気軽にドライブも楽しめそうです。

販売店は怖くない!

諏訪井:今日は本当にありがとうございました。販売店って、入ったら買わなくちゃいけないのかなと少し躊躇していましたが、CAさんはとっても親身で話しやすく、気兼ねなくふらっと来てもいい場所なんだと肩の力が抜けました。

それに、実際のクルマを試乗できたのもいい経験に。助手席で教えてくださる方もいるという安心感で、普段乗らないようなクルマに乗ってみようと勇気が出ましたし、住宅街を走ったおかげで運転のイメージがついたのも良かったです。

乗ってみて分かったことがたくさんありました。

乗ってみて分かったことがたくさんありました。

丹治CA:そう言っていただけるとCA冥利につきます。普段、あまり運転しない方こそ実際に体験していただくのが一番分かりやすいのではないかと思います。

諏訪井:その通りでした。今度は別のクルマも乗ってみたいです。

丹治CA:ぜひまたいらしてくださいね。

NISSAN LADIES FIRST

女性や、初めてクルマを購入するお客様を優しくサポートする取り組みが「日産レディー・ファースト」。女性のカーライフアドバイザーを配置し、お客様満足度の調査で一定以上の高評価を得ているなど、独自の基準をクリアした店舗のみが認定を受けています。キッズラウンジも備えているため、お子さま連れでも安心してクルマ選びを楽しめます。

【第1回】運転って楽しいの? オトナ女子の「ドライブ生活」を覗いてみました
【第2回】わたしは、どこへでも行ける…車で東京から2時間の絶景を堪能してきた

(文:ヨダヒロコ/六識、撮影:大澤妹)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

販売店って入りにくいと思ってたけど…買わなくても行っていいですか?

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング