パジャマで外出ってあり? GUリアルファッションラボが調査結果を発表

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
パジャマで外出ってあり? GUリアルファッションラボが調査結果を発表

就寝時に着るパジャマが、最近はSNS上で「#パジャマコーデ」「#パジャマ女子会」「#パジャマパーティ」など、ファッションアイテムとしても注目されています。

だけど、パジャマで外出するってどうなの? ということで、「YOUR FREEDOM 自分を新しくする自由を。」がブランドメッセージのジーユーが、消費者のリアルなファッショントレンドを独自に調査、研究を行う「リアルファッションラボ」で、「パジャマに関する調査」を行った結果を紹介します。

デニムやベルトを合わせて

着まわしているという人の声をもとにしたコーディネートイメージ

着まわしているという人の声をもとにしたコーディネートイメージ

「ファッション性の高いパジャマをどちらか片方もしくは両方、普段着のコーデに取り入れて着回すことはありますか?(単一回答)」という質問に対して、「はい」が(約6%)「着回してみたいと思っている」が(約18%)と回答。合計で約24%となり、すでに取り入れている人も合わせると、約4人に1人がパジャマをファッションとして普段のコーディネートに取り入れたいと思っていると回答しました。

実際に着まわしている人の声を聞くと、「パジャマトップスに、デニムを合わせている」、「ワンピースタイプのパジャマにベルトを巻く」などがあがりました。

【調査概要】
調査期間:2018/8/23~2018/8/29
調査対象:ジーユーアプリ会員
回収サンプル数:1645 (※女性のみの回答)
調査方法:オンラインでのアンケート調査

実際に外出経験のある人はどのくらい?

sub4

「これまでにパジャマ・部屋着で外出したことがありますか?(単一回答)」という質問には、「はい」が52.81%、「いいえ」が47.19%と、「はい」が半数を超えました。

【調査概要】
調査期間:2018/8/23~2018/8/29
調査対象:ジーユーアプリ会員
回収サンプル数:1672 (※女性のみの回答)
調査方法:オンラインでのアンケート調査

どのパジャマなら外出できる?

sub14

sub15

では、外出できるパジャマとできないパジャマの境界線はどこにあるのでしょうか? GUリアルファッションラボによる調査結果から考察された解説を紹介します。

■外出は極力控えたほうがいい!?
「写真Aのパジャマ・部屋着を着用して、どこなら外出することができますか?(複数回答)」という質問に対しては、約53%の人が「外出できない」と回答。また、約49%の人が「自宅の郵便受け」、約5%の人が「近所の郵便ポスト」、約3%の人が「近所のコンビニ」と回答し、最も外出できないパジャマという結果となり、王道のストライプパジャマ(上下)では外出しづらい傾向にあるようです。

■玄関先や敷地内ならOK!?
「写真Bのパジャマ・部屋着を着用して、どこなら外出することができますか?(複数回答)」という質問に対しては、約半数の人が「外出できない」(約46%)「自宅の郵便受け」(約51%)と回答。約1割の人が「近所の郵便ポスト」(12%)「近所のコンビニ」(約10%)と回答。ワンピースタイプのパジャマの方が、ストライプパジャマ(上下)に比べて、外出できる傾向が見られます。

■コンビニなど近所であれば外出可能!?
「写真Cのパジャマ・部屋着を着用したコーディネートで、どこなら外出することができますか?(複数回答)」という質問に対しては、約7割の方が「自宅の郵便受け」(約66%)まで外出できると回答し、さらに約3割の方が、「近所の郵便ポスト」(約33%)「近所のコンビニ」(約29%)と回答。より遠くまで外出できると回答する結果になりました。さらに、写真Dのロング丈のワンピースタイプでは、「近所の郵便ポスト」(約37%)「近所のコンビニ」(約46%)と最も遠くまで外出できるという結果となり、「外出できない」(約15%)を大きく上回りました。

衣替えの時期、新たにパジャマの購入を検討しているという人も参考にしてみてはいかがでしょうか。

*調査結果は全て「GUリアルファッションラボ調べ」

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

パジャマで外出ってあり? GUリアルファッションラボが調査結果を発表

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング