働く女性に聞いた「すっぴん瞳」の自己評価は48点! 特に悩みが気になる時間は…

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
働く女性に聞いた「すっぴん瞳」の自己評価は48点! 特に悩みが気になる時間は…

顔の印象を決めるパーツとして欠かせない、瞳。けれど、何もしていない状態の目(すっぴん瞳)にどのくらい自信がありますか?

このたび、眼科用医療薬品大手の参天製薬は、20~40代の働く女性500人を対象とした、「瞳のケア」に関する意識・実態調査を行いました。その結果、「すっぴん瞳」の自己評価の平均は48点だったことがわかりました。

自分の瞳は100点満点中何点?

main

まず、「顔の印象を決めると思うパーツ」を聞いたところ、「目」が97%で最多となり、続く、「口」(70%)、「眉」(68%)、「鼻」(64%)などを大きく上回る結果になりました。

そんな「目」に対して、「何もしていない状態の目(すっぴん瞳)の自己評価は何点ですか?」と聞いたところ、平均は100点満点中わずか「48点」という結果になりました。 

「すっぴん瞳」の自信を奪ってしまう原因は?

sub1

続いて、「気になったことがある『すっぴん瞳』の状態として当てはまるものは?」と聞いたところ、「乾燥による潤いのなさ」(84%)、「疲れによる目力のなさ」(81%)、「充血」(77%)がトップ3に入りました。また、「白目のくすみ」(49%)、「白目のにごり」(42%)という回答もそれぞれ4割を超えました。

特に1日の仕事終わりが気になる

具体的な声には下記のような回答があがりました。

「1日の半分以上がパソコン作業のため乾燥や充血が気になる」(27歳)
「仕事で目を酷使しているので、いつも輝きがなく、よどんでいるように感じる」(30歳)
「退勤前に鏡を見ると、白目が黄ばんでいるように感じるときがある」(26歳)

特に1日の仕事終わりに、「すっぴん瞳」の状態の悪さを自覚しやすい傾向にあることがわかりました。

また、「魅力的だと思う目の状態」についても聞きました。

「にごりがなくイキイキしている」(26歳)
「透明感があって適度にうるんだ目」(27歳)
「白く充血のない目」(25歳)

回答者の声を見ると、上記のような回答が目立ちました。疲れ目や充血などのトラブルがなく健康的で輝いていることが魅力的な目の重要なポイントであると言えそうです。

輝く瞳のカギは「夜のケア」にあり?

sub4

「目を美しく見せるため、日常的にアイケアをしていますか?」と聞いてみたところ、「している」と答えた女性は22%でした。目が重要なパーツであることや理想の瞳を認識しつつも、「すっぴん瞳」のケアまで手が回らないという人も多い様子がうかがえます。

そこで、アイケアをしている女子たちにどのようなお手入れをしているか聞いてみました。まず、ケアするタイミングについて聞くと、「夜」が71%で最多となり、「朝」(46%)、「昼」(15%)よりも大きく上回りました。

「具体的な夜のアイケア方法」としては、「目薬をさす」(65%)がいちばん多く、「アイクリームを塗る」(51%)、「目のマッサージや体操をする」(40%)、「ホットアイマスクを使う」(36%)と続きました。

日頃から酷使している瞳。スキンケアのついでに瞳ケアも取り入れてみてはいかがでしょうか。

■調査概要
調査対象:20~40代 働く女性500名(年代均等割付)
調査期間:2018年8月22日(水)~8月23日(木)
調査方法:インターネット調査

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

働く女性に聞いた「すっぴん瞳」の自己評価は48点! 特に悩みが気になる時間は…

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング