こっそり夫の日記を見た私。書かれていたのは…【6月人気記事ランキング】

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
こっそり夫の日記を見た私。書かれていたのは…【6月人気記事ランキング】

7月になりました! 関東では梅雨明けも発表され、いよいよ本格的な夏がやってきます。今年は「平成最後の夏」ということもあって、少しそわそわした気持ちになっている人も多いのではないでしょうか。

今月も、先月の人気記事(集計期間:2018/6/01〜2018/6/30)をランキング形式でお届けします!

1位 あっさり「腎臓をあげる」と言った夫。“本当の気持ち”を知りたい私がついた嘘

1位は、夫婦間で腎臓の移植手術を行ったライターのもろずみはるかさんの連載「夫の腎臓をもらった私」から。手術前に夫の“本当の気持ち”を知りたくて、交換日記を提案したもろずみさん。

「将来見せ合おう」という約束を破って、もろずみさんはこっそりと日記をのぞき見します。そこに書かれていた夫の本音とは——?

2位 「年齢でスカート丈が決まる」と思っていた私がNYに移住してわかったこと【岡田育

2位は、文筆家の岡田育さんのインタビューでした。35歳からアメリカの大学に通った岡田さん。初日に、“若作りしてイタい”と思われたらイヤだなと年齢のことを気にしていたという岡田さんの前に現れたのは、超ミニのワンピースを着た50代の大学教授でした。

価値観がひっくり返ることの連続だと言うNYでの生活について語っていただきました。

3位 社会人になったら友達はできにくい?「大人の友情」の理想の関係は…【DJあおい】

3位は、人気連載「DJあおいの『私は仕事ができない。』」から、「社会人になったら友達はできにくい?「大人の友情」の理想の関係は…」でした。

前職の同僚と会って、大人ならではの友人関係の醍醐味を感じたという相談者さんに、DJあおいさんが語る、大人の友情の理想の関係とは——?

4位 婚活セクハラ「やめてほしい」とはっきり伝えられたのは14%

4位は、婚活支援サービスを展開する「パートナーエージェント」の調査結果を紹介した記事がランクイン。最近、さまざまなシーンで話題となっているセクハラ・パワハラなどのハラスメント問題。価値観の違いやコミュニケーションエラーから生じるこれらの問題は、男女の出会いの場である婚活のシーンでも起こっているようです。

5位 恋人より仕事を優先した私は薄情? 自分本位の恋愛にならないために必要なこと【DJあおい】

5位にも、DJあおいさんの連載が入りました。1年間お付き合いした恋人と別れたばかりだという相談者さん。理由は、「彼より仕事を優先してしまったから」とのこと。

自分は薄情なのか……という悩みに、仕事と恋愛を天秤にかけた彼だけでなく、相談者さんにも過失があると言います。

6位 「漂流」ではなく「航海」を意識して 人間関係で消耗している貴女へ【DJあおい】

6位も、DJあおいさんの記事がランクイン! 後輩が「人間関係で消耗している」様子を見て、それは「自分の時間を奪われてしまうので無駄なことだと思う」と言う相談者さんに、あおいさんは、「女性の群れる習性こそが個人の能力をスポイルしてしまう大きな要因であり、女性が社会で窮屈な思いをしている要因もそこにあるような気がします」と言います。

7位 「まわりはドン引きでした」生理予測アプリのチームに配属された男性が驚いたこと

7位は、リクルートライフスタイルで精子のセルフチェックができる「Seem」を立ち上げた、入澤諒さんのインタビュー記事でした。性の悩みについて、女性は女性で、男性は男性で解決すべき、という考えはいまだ根強いもの。

男女が協力して妊活に取り組むには何が必要? 全3回のインタビューを通じて、入澤さんと一緒に考えました。

8位 21年ぶりのパルムドール『万引き家族』 是枝監督に聞く、“家族の絆”の居心地悪さの正体

8位は、公開中の映画『万引き家族』の監督、是枝裕和さんのインタビューでした。「血がつながっているだけで家族と言えるのか? 親子と言えるのか? という問いはいつもしているつもりです」と話す是枝監督に仕事の流儀について聞きました。

9位 34歳で婦人科にいったら卵子年齢38歳と言われて。すぐにはじめた不妊治療

9位は、ウートピ編集部が主催した「働き女子の産み時座談会」の記事がランクイン。彼女たちの話を聞いていると、産んでも産まなくても「どちらでもきっとハッピーに暮らしていける」だからこそ、産むタイミングに迷うというリアルな姿が見えてきました。

10位 えーっと、戦国武将かな…「外堀を埋められて結婚」ってどういうこと?

10位は、恋愛コラムニストの桐谷ヨウさんの連載「◯◯って言わない女子」から。「外堀を埋められて結婚…ってどういうこと?」という今回の言わない女子に桐谷さんは、男性が結婚する動機について「『そんなこと』で結婚しちゃう場合って結構ある」と言います。

7月もウートピをよろしくお願いします!

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

こっそり夫の日記を見た私。書かれていたのは…【6月人気記事ランキング】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング