オトナ女子のリアルな恋愛。「今なら笑える報われなかった努力の数々」

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
オトナ女子のリアルな恋愛。「今なら笑える報われなかった努力の数々」

年齢を重ねて、恋愛経験も増えたオトナ女子。

過去を振り返ってみると、「懐かしいなぁ」と淡い思い出に浸れる恋愛もあれば、今では笑い話だけど、ずいぶん報われない努力をしていたなぁ……とほろ苦く感じられる恋愛も。

そこでウートピ編集部では、20代後半から30代のオトナ女子のみなさんに、恋愛にまつわる「今なら笑える報われなかった努力」を聞いてみることに。

みんなどんな恋愛を経験してきたのでしょう?

寝込ませてごめんなさい

32歳・メーカー勤務

24歳ぐらいの時に付き合っていた年下彼氏のことです。「手料理が食べたい♡」とリクエストしてきたので、わかめの味噌汁にひじきの小鉢、メインは煮物……というザ・和食ごはんを作りました。「美味しい! 超美味しいよ!」と絶賛しながら食べてくれた彼。ところが、1時間後にはだんだん具合が悪そうになってついに寝込んでしまいました。

実は彼、海藻アレルギーだったんです。それなのにわかめとひじきのダブルパンチ! 危うく彼を殺してしまうところでした。私は、寝込んでいる彼の隣で本気の土下座。「手料理を作っちゃお!」っていう努力が仇になりました。

2万円の透け透けワンピ

32歳・出版社勤務

25歳ぐらいの時にできた彼とのこと。付き合い始めた頃はそれなりにドキドキするし、まだ自分の素の部分を見せたくない時期じゃないですか。それに私はわりとデートで張り切っちゃうタイプなんです(普段はズボラ女子なのに!)。

ある時、彼が「近くにいるから、仕事が終わったらごはんに行こうよ!」といきなり連絡してきたんです。でも、その日はヒドいカッコで……。これじゃ、デートに行けない!と、会社のそばのセレクトショップで2万円の白いワンピースを購入しました。

「ああ、なんとか間に合ってよかったー!」とワンピース姿で安心しきってデートに向かい、駅のトイレでメイクを直そうと鏡を見た瞬間……「このワンピ、透けとるやん……」。ワンピースが透ける素材でブラが丸見えだったんです。結局、彼の前でコートを脱げずじまいで2万円をムダにしました。

彼女がメンヘラのため欠席します!

31歳・外資系企業勤務

報われなかった努力かぁ……。私が大学3年生の頃に付き合っていた彼は、ゼミの教授と何かとくだらないことでケンカをし、「大学に行きたくない!」とサボってばかりいたんです。そこで何とか彼を大学に通わせようと、「一緒に行こうよ!」と声をかけたり、「授業が終わったら美味しいもの食べようよ!」と誘ったり、健気に頑張っていました。

ところがある日、彼のゼミの教授と大学内ですれ違った際に「おまえ、大丈夫か?」と聞かれて事件が発覚。なんと、彼がゼミを休むために、「彼女がメンヘラで病院に付き添わなきゃいけないので休みます」というメールを教授に5回以上送っていたんです。さすがに頭にきて、ソッコー別れました。今じゃ考えられないけど、10年前は健気な努力をしてたんだよなあ。

不得意なことはやるもんじゃない

31歳・金融機関勤務

23歳から6年間付き合った彼がいました。同棲していたのですが、私は家事が得意じゃなくて。それでも、彼のためにと週2回は慣れない料理を作ろうと努力してました。確か、お弁当まで作っていた日もあったんじゃないかな。

それなのに交際2年目のある日、共通の友人の前で「こいつ、全然料理しないんだよな!」と言われて大ショック!! 帰宅後に「そんなこと言われるくらいなら、もうしない!」と宣言して、以来仕事に励むようになりました。不得意なことは頑張ってやるもんじゃない。ちなみにその後、彼は主夫化して家事や料理を自分でやるようになっていきました。

ドラクエには勝てない

29歳・広告代理店勤務

人生であんなつらかった恋愛はなかったという経験が一つあるんです。26歳でゲーマーと付き合っていた時のこと。彼は当時「ドラクエ」にハマっていました。そこで私も「ドラクエ」を始めたばかりか、新宿にある「アルトニア」というドラクエ公式のカフェ・バーでプレゼントを購入したり、ツテをたどってドラクエの非売品グッズを入手したりと、彼の趣味についていこうと必死で努力していました。

しかし、そんな努力も虚しく……。ある日、デート中に彼が上の空で全然、私の話を聞いていないんです。どうしたのかと心配していたら、突然「ごめん!! 今日はドラクエアップデートの日だから帰るわ!!」と言い残して立ち去ってしまいました。

一緒にいても、いつも携帯アプリ「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」で装備品一覧を見ていたり、Wiiの「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」をやっていた頃にはオンラインのおばさんと仲良くなったり、「ドラクエには勝てない」と痛感して2ヶ月で別れました。ドラクエに勝とうとしたあの努力はムダでしたね。

オトナ女子の報われなかった努力

調査をしてみると、オトナ女子たちのさまざまな恋の努力が見えてきました。

当時はつらい経験だったかもしれないけれど、その過去があるから今の恋愛を自分の力でもっと楽しくできるんですよね。

あなたも昔の恋愛を思い返してみると、笑い飛ばせるようになっていることに気づくかも。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

オトナ女子のリアルな恋愛。「今なら笑える報われなかった努力の数々」

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング