「2018年、あなたの抱負は何ですか?」 オトナ女子に聞いてみた

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「2018年、あなたの抱負は何ですか?」 オトナ女子に聞いてみた

新年、あけましておめでとうございます!

今日は元日。気持も新たにお過ごしの人も多いのでは? きっと、「今年はこんな一年にしたい」と考えている人も多いでしょう。

そこでウートピ編集部では、20代後半から30代のオトナ女子のみなさんに、「2018年の抱負は何ですか?」と聞いてみることに。

挑戦の年にしたい

28歳・広告代理店勤務

来年の仕事次第で、会社を続けるか、転職するか考えるつもりです。部署異動も検討していて、いずれにしろ、今までやれなかったことにチャレンジしたいなぁ、と。ただ、自分がその仕事が得意かどうかは未知数だから、チャレンジをして向き不向きを見きわめて、最終的に「本当にしたいこと」の方向性を決めたいですね。

プライベートでは、全力で恋愛を頑張りたいなー。今の彼がめちゃくちゃ慎重派だから、一緒にいても将来が見えないんです。マイペース過ぎて、決断力があまりないというか(笑)。正直、私も120%の気持ちで彼がいいと思えない部分もある……。まだわかんないなー。まぁ、年齢的に結婚を意識しないわけではないのですが、彼以外の人にも意識を向けたい。

とにかく、2018年は仕事でのチャレンジを大事にしたい!

自分の居場所をつくる

30歳・IT企業勤務

そうだなー。プライベートでも仕事でも、「自分の居場所をつくる」かな。

人生の一番の目標が「幸せな家庭を築く」なのに、まだ結婚していない自分がいるから、来年こそは……と思ってます。

仕事も、転職か部署異動か、どっちみち再スタートを切る予定なので、仕事内容も変わりそう。その変化の中で自分が本当に得意なことを見つけて、今後の仕事に生かしていきたいですね。きっと、人間関係も変わるだろうから、今よりもっと居心地のいい場所をつくりたいですね。

人生何一つムダなことなんてないと思ってるポジ子(ポジティブ女子)だけど、2017年は、苦手なことを頑張っても周りの人に迷惑をかけちゃうなあ……と気づいた年だった。残念ながら、今の仕事は自分に合ってないなぁ、と。苦しいことに向き合い続けるほど、人生は長くない。2018年は、自分の得意を生かした仕事を頑張るつもり!

冷静と情熱の間(笑)

27歳・金融機関勤務

とにかく意識高い系と言われる私。趣味も、「仕事です!」と答えちゃうタイプなんですが、それゆえに一生懸命やりすぎて気づいたら物事が見えなくなっていたり、壁にぶつかって頑張る理由を見失ってしまったりすることも。来年は、常に状況を客観視して自分の情熱や心の声を忘れないようにしたいですね。

常識や他の人からの見え方を気にしてしまって、心の声を聞けなくなってしまう。その傾向は自分でもよくわかっているので、「冷静と情熱の間」でバランスよく動ける人間でいられるように意識したいです!

自分メンテナンス

28歳・不動産会社勤務

自分を整えることですね! 今まで、仕事を一生懸命すぎるほどやってきたんです。つまり私の人生のベクトルはずっと仕事に向いていて、一度も自分自身に向いたことがなかったんです。だから、カラダを鍛えて自分磨きしたり、美容に投資したりして、自分を高めたいなあ、と。2018年は自分をもっと大事にして、バランスを整えていけたらなと思います。

ホール・ニュー・ワールド!

31歳・出版社勤務

好きな仕事をする! 今の事務系の仕事がまったく向いてない! だから、デザインとか自分が本当にやりたい仕事をする! 年始に転職予定! そして、年収を元に戻す! ブラックだった前職から今の職場に転職した際に年収200万円ぐらい落としてるんです……。以上が、2018年の私の抱負です。

で、恋愛は……彼氏は要らないなー。結婚もまだいいなー。でも、一緒にいて安心できる人は見つけたい。一緒にいたら心が穏やかになる人。求めるものは、それだけです。つまり、現状から抜け出す。新しい世界を見るんや! ホール・ニュー・ワールドや!

2018年があなたにとっていい年になりますように!

調査をしてみると、過去を振り返りながら、前向きな気持ちで新年を迎えたオトナ女子の姿が見えてきました。

今年一年、みなさんにとってどんな年になるでしょうか。

2018年最初の一日、今年の抱負を考えてみませんか?

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「2018年、あなたの抱負は何ですか?」 オトナ女子に聞いてみた

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング