『どうすれば愛しあえるの』宮台真司×二村ヒトシ 第2回

自分をぶっ壊せるのは性愛くらい…お嬢さんたちに「恋愛」を勧める理由

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
自分をぶっ壊せるのは性愛くらい…お嬢さんたちに「恋愛」を勧める理由

「恋愛はコスパが悪い」「恋愛は面倒」「正直セックスを楽しいと思えない」……そんなふうに思っている女性も少なくないのでは? 

そんな「若者の恋愛・セックス離れ」を、社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが真剣に語りあった『どうすれば愛しあえるの ~幸せな性愛のヒント~』(KKベストセラーズ)が発売され、刊行記念トークショーが11月15日に東京・高円寺の「文禄堂高円寺店」で開催されました。

約90分にわたって行われたトークショーでは恋愛に悩む女性にとってのヒントもたくさん飛び出しました。

というわけで、トークショーの内容をベースにお二人がウートピ読者向けに大幅に加筆。3回連載でお届けします。

【第1回】お嬢さん、“媚びる恋愛”では幸せになれないですよ

『どうすれば愛しあえるの』トークショーに登場した(左から)二村ヒトシさんと宮台真司さん

『どうすれば愛しあえるの』トークショーに登場した(左から)二村ヒトシさんと宮台真司さん

「トラブルの傷から回復してきた女」は信用できる

前回は、セックスで自己肯定感が揺るがない女性とセックスをするたびに自分がすり減っていく女性の違いについて宮台さんと二村さんに語っていただきました。

今回は、質疑応答コーナーで飛び出した「二村さんと宮台さんはなぜ性愛にこだわるんですか?」という質問について。

宮台:僕が知っている枠組みの中に世界はおさまらないってことを突きつけられるから。自分の気持ちはこう動くだろうと思っていると思ってもみない動き方がするんです。

ちなみに、いろいろあって(恋愛の傷から)回復してきた女は信用できます。具体的に何が信用できるのかわからないんだけれど、いろいろなものを見てきたんだろうなって。

所詮、社会が仮そめだからです。1万年前から定住が始まります。定住を支えるのはストックです。ストックの所有を守るために初めて法ができます。嫡出子にストックを継承させるべく、夫が妻を、妻が夫を、所有するのがモノガミー(1対1婚)。一口で「定住以降の仲間」を守る手段が法でした。

だから仲間あっての法。仲間がいないなら法はいらない。だから冗談じゃなく「法は破るためにある」のです。

法外のシンクロで仲間や絆を確かめます。具体的には祝祭と性愛です。ところが昨今は法外にビビるヘタレが法外を一斉バッシングしてインチキ仲間を醸成します。ヘイト現象です。法外を恐れ、祭りで踊れず、性的に退却した、クズどもの営みです。

法ならぬ法外を、シラフならぬトランスを、安心&安全ならぬ渾沌&眩暈(めまい)を、取り戻す。

人類学によればヒトは過剰な存在です。常時発情可能なのはヒトだけ。トランス状態で殺戮(さつりく)しまくるのもヒトだけ。損得ならぬ内発。交換ならぬ贈与。安心&安全ならぬ渾沌&眩暈(めまい)。それがヒトの本体。だから「社会(法)がよくなってもヒトは幸せになれない」。法外のシンクロが要る。でも社会から法外を許容する祝祭が消えて久しく、今は性愛しか残されていません。

僕らは長らく社会(法)の内側でも「法外を知る者」を信頼してきました。その意味で「様々なトラブルの傷から回復したきた女」は信用できます。だから「便所女」から回復した女は信頼できます。そんな女なら、僕がへばっても、浮気を含めて一時へばって道ならぬことをしても、、この女ならわかってくれるっていう。むしろ、俺が立ち直るのを見守ってくれるはずだって思うんです。

最初の質問に戻ると、相手のイメージが崩壊したり、自分のイメージが崩壊したりなんて性愛以外にないじゃん、と思います。僕の問題を見つけて激しく叱るだろうと思える。性別を逆転しても同じ。性愛を通じて自分を見失った経験がない男女は信用できません。

自分をぶっ壊せるのは恋愛くらい

二村:僕も同意見です。端的に言って恋愛が、いちばん自分の正体を見せてくれるし、自分を変えてくれるものだから。ただ僕は万人に「ぜひ恋愛しなさい」「たくさんセックスしなさい」と言うつもりはない。これからの時代はセックスも結婚も「しなければならないこと」じゃなくて、やりたい人が危険を冒してやる「趣味」になっていく。

でも、したいんだったら、したほうがいい。「愛してくれる相手が欲しい」という欲求には、じつは「社会の中で安定して生きていきたい」と「楽しい“めまい”を感じたい」という二つの逆方向の気持ちが隠されている。結婚は安定ですが、セックスはコントロールできない“めまい”です。

※第3回は12月20日公開です。

(構成:ウートピ編集部・堀池沙知子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

自分をぶっ壊せるのは性愛くらい…お嬢さんたちに「恋愛」を勧める理由

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング