「丸首は絶対に着ない!」オトナ女子に聞いた自分流・体型カバーテク

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「丸首は絶対に着ない!」オトナ女子に聞いた自分流・体型カバーテク

忙しいけれど、オシャレも気になるオトナ女子。

流行のもの、一目ぼれしたもの……ファッションはいろいろ楽しみたいところですが、実際には、残念ながら「自分の体型にあわない」という切実な問題も。オシャレには妥協せず、体型もうまーくカバーするにはどうすればいいの?

そこで、ウートピ編集部では20代後半から30代のオトナ女子のみなさんに、「自分流の体型カバーテク」について聞いてみました。

みんな、どんなふうに工夫して、服を選んでるの?

丸首は絶対に着ない!

30歳・IT企業勤務

私はエラがはっていて、首が短いんです。おまけに胸がデカくて背は小さい(153センチ)という、ザ・アンバランス人間なので、かなり服を選びますね……。カラダはSサイズでも胸がLサイズだからとにかく要試着なんです。

まず、丸首は絶対に着ない! が鉄則。首が短くて、胸がデカいと詰まって見えるんです。だから、なるべくVネックやオフショルなど、胸元が開いた洋服をチョイスします。でも空きすぎると胸に目が行っちゃうので、そこのバランスが難しいんですけど……。

あとは、カラダのラインが見えるピッチリした洋服を着ると、胸が強調されちゃうんです。だから、フリーサイズのトップスは、必ず試着して自分の胸元の見え方を確認する、ワンピならゆったりめなMサイズを選ぶっ、て感じで自分流に工夫します。ちょっとフワっとしたゆとりのあるサイズ感の服を選ぶのが、私の戦略です。

肩幅を隠すために女子っぽいデザイン!

31歳・メーカー勤務

小さい頃に10年近く水泳をやっていたせいか、いかり肩で肩幅があって……。自分では、それが気になるんですよね。

だから、まずシャツとニットとか、肩落ち系のデザインの服は着ないなぁ。ドロップショルダーはダメ! 肩が余計に強調して見えちゃうしバランスが悪いんで。あと、胸のカタチが鳩胸っぽいのも悩み。特に横から見た時の角度がコンプレックスで。実は服選びでは、この「肩」と「胸」はかなり影響が大きいんです。結局、毎回試着してますね。いかり肩と鳩胸が気にならないよう、ノースリーブのトップスとか胸元が開いたVネックのトップスなど、女性らしいカラダのラインに見える服をチョイスする傾向にあります!

ポインテッドのヒールを履く

32歳・IT企業勤務

コンプレックスは足が短いこと!(笑) 身長は158cmくらいと日本の女性の平均的な身長ですけど、足が短いからバランスが悪いんです。だから、しんどくてもいつも7センチ以上のヒール履いてごまかしてます。

でも、さすがに毎日は疲れちゃうから、ヒールの中でも自分の足にあったブランドを選んでますね。私の場合はダイアナが多いですね。1足1万5000円〜2万円の価格帯のが多いかな。値段はそこそこする分、中のクッション素材が気持ちいいんです。だから、一日履いていられる! 靴の選び方は大事ですね。最近、ポインテッドのヒールの方が足先までキレイに見えることを発見したので、よく履いてますね!

ふわっとしたニット系を着回す

30歳・マスコミ

細身なのに筋肉質で、肩はガッチリ横幅があるという体型が悩みですね。まず、オフショルは似合わないので着ないですね。細身なのに肩幅と骨ばった感じが強調されてしまうから。オフショルは露出度を高めて女っぽさ強調するデザインだと思うんですが、私の場合、着ると「なんか違う感」が漂っちゃうんです(笑)。

でも、「女っぽさ」は欲しいので、フワッとしたデザインを選ぶことが多いです。ボリュームのあるロングスカートで、ウエストの部分をベルトで絞って見せるとか。太ももだって隠せますしね。最近だとニット系をよく着まわしてます。でも、ニットもピッチリしたものではなく、ケーブルニットのようなモコモコした素材感のものを選ぶようにしてます!

ただ、ニット選びでももう一つ注意点があって。私、顔が面長というか、アゴが長いんです。そのせいでタートルネックを着ると、アゴから首までが詰まって見えちゃうというお悩みが……。なので、タートルネックはなるべく着ずにVネック! 丸首は一応OK。これは鉄則です。

タンクトップ系のデザインは着ない

28歳・商社勤務

タンクトップが着れない! 着ると、「藤崎マーケット」みたいになる(笑)。

これが、服選びにおける私の最大のお悩みですね。肩のラインが太いから、タンクトップだと余計にがっしり見えちゃんです。二の腕も太く見えるし。秋冬の今の時期はいいですけど、夏は困りますね。結婚式に着ていくドレスも、キャミソールのように肩部分の線が細いもの着るようにしてます。そうすると、肩がスッキリ見えるんですよ。結構、使えますよ。

それぞれの着こなしテク

調査してみると、それぞれのカラダの特徴やコンプレックスと向き合いながら、着こなしを工夫しているオトナ女子の姿が見えてきました。

体型もカバーしながら、もちろんオシャレは楽しみたい……!

気になった方は参考にしてみてくださいね!

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「丸首は絶対に着ない!」オトナ女子に聞いた自分流・体型カバーテク

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング