「部屋をキレイに保つコツは何ですか?」 オトナ女子に聞いてみた。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「部屋をキレイに保つコツは何ですか?」 オトナ女子に聞いてみた。

帰宅すると「部屋が汚くて脱力……」
そんな時ってありますよね?

平日は夜遅くまで仕事して、土日もなんだかんだ予定が入っているとどうしても部屋の掃除は後回しに……。

というわけで、ウートピ編集部では20代後半から30代のオトナ女子のみなさんに「部屋はいつ掃除してるんですか? 何か工夫してることはありますか?」と聞いてみることに。

みんなどうやってお部屋をキレイに保ってるの?

脱汚部屋!

30歳・IT企業

片付けられないと言えば……はい! 私です!!! ってくらい整理整頓は苦手です。前の家に住んでた時は、ホントに足の踏み場がない! というほど散らかっていた時期もよくありました……。でも、今は部屋を片付けられるようになったんです!

その理由は、引越しを機に断舎離したことと、物の定位置を決めたこと。片付けが苦手な私は、そもそもドコに何を置けばいいのかわからないんです。でも、引っ越しの際に親友たちが全部収納位置を決めてくれて。おかげで「使ったらここに戻す!」って位置がわかるようになったので部屋がキレイ!! 

あと定期的に誰かを家に呼んでる(笑)。そしたら、嫌でも掃除するから! 掃除機かけるペースは週1くらいかな? 平日はバタバタしているので、土日にまとめてやっちゃうことが多い気がします。友だちが来る日だけ、朝にサッと掃除してから出勤って感じですね。

絶対崩さない

32歳・広告代理店勤務

整理整頓は一回崩れると面倒くさいから、「絶対崩さない」を徹底してる。あとは、こまめにもとにあった定位置に物を戻す。これが大事!

シェアハウスに住んでるんですけど、そもそも部屋も狭いんですよね。で、家に帰ってきてTVを見ながら自分でローラーを使ってコロコロ。ポイントは、〜〜しながらでもいいから、とにかく掃除すること!

あとは、いつも洗濯物は乾かしたあといちいち畳んでタンスに入れてるけど、その時間がもったないないから、ハンガーにかけて干したままクローゼットに入れるようにしようか迷い中。そしたら、タンス要らなくなるし処分しちゃおうかなあ。

私、「目に見えるキレイ」は得意なんですよ。でも、細かく整理整頓するのは得意じゃない。だから、「崩さない」を徹底することを意識してます。

うまく彼氏をコントロール!

29歳・ベンチャー企業勤務

もともと私は整理整頓が好きだし、鳥を飼っているので、嫌でも掃除をする習慣があるんですよ。ペースでいうと、最低でも2日に1回は必ず掃除しないと部屋が汚くなっちゃう。

でも、今年から彼氏と同棲を始めて。彼がホントに片付けられない子なんですよ(笑)。で、最初は諦めて「片付けと掃除は私がしよう」って思っていたのですが、それでも彼の散らかしグセがヒドすぎて。これはなんとか矯正しないとなあ、と今実践中の作戦が「シレッと片付けさせる」。

まず物の定位置を決めます。その後、彼に「これ片付けて」とは言わずに、「それ、そこに置いて〜!」と定位置を指さし、シレッと片付けさせるんです。すると、自然と場所を覚えだしたんですよ。彼自身も「ちゃんと片付けないと怒られる〜!」と認識したようで、最近はわりと自分で物を定位置に戻せるようになりました。少しずつ育ててます。

毎日ちょこちょこ掃除

27歳・PR会社勤務

昔から部屋はキレイなタイプ。ちょっと洗濯物が溜まると気になっちゃうし、急な来客に対応できないのも嫌。だから、毎日ちょっとずつ5分10分でも片付けるようにしてます。忙しい時は場所をわけて掃除と片付けしてるかな? ハッキリ曜日は決めてないけど、月曜日はキッチン、火曜日はお風呂場とトイレ、水曜日は部屋……など。よくTV見ながら掃除してるかなぁ。

わりとインドア派なので、仕事から帰ったらなんだかんだ片付けとか掃除をやってますね。散らかり始めると、自分の気持ちも重くなっちゃうし。あとは、物は増やさないように徹底してます。そもそも、そんなに買い物も行かないし。物があるから片付かないんですよね。

片付けも掃除もけっこー好きだし苦じゃないから、部屋はいつもキレイです!

苦手なことは金で解決!

31歳・メーカー勤務

片付けがとにかく苦手で! どうしてもできないんですよ!! んーー強いて言うなら、コツは「配置」かな。自分が何かしらアクション(「扉を開ける」とか「背伸びする」とか……)を起こさなければいけない場所によく使うものを配置すると絶対あとあと面倒くさい。だから、普段使うものは自分にとってラクなところに配置するのが基本。例えばドライヤーは、テレビの横に物を隠せるスペースがあるから、そこにコンセントをさした状態で置いとく。で、使ったら、スグしまう。

掃除は、自分では掃除機もあんまかけないからルンバに頼んでる。ルンバ超いいよ! 6帖の部屋にピッタリ!

あと、極論家事は、家事代行サービスに頼んでやってもらう! 私が頼んでいるところだと、週に1回、毎週水曜日に3時間ぐらい来てくれて、金額は1ヶ月1万5000円くらい。お願いしてみたらそれだけの価値はあるって実感しました。むしろ安いって思ったくらい!

私はもっぱら掃除と洗濯を頼んでる。プロの掃除屋ではないけど、ゴミ出しもしてくれるし、掃除もしてくれるし。何よりラクなのが洗濯ですね。朝、私が出社前に洗濯機を回しておいて、私が日中会社にいる間にお風呂場に干しておいてもらいます。で、夜帰宅したら乾いた洗濯物をハンガーにかけたままクローゼットにIN!! ね、ラクでしょ?(笑)

洗濯以外では、ゴミ捨ても超助かってます。買い物が普段からほぼAmazonだからやたらとダンボールが溜まるんです。でも、ちゃんとバラして束ねてゴミに出しておいてくれる。自分の部屋に知らない人が来るのは抵抗あるかもしれないけど、毎回同じ人に頼めるから、鍵も預けて信頼関係も築けてきました。私が要らなくなった小さいテレビをあげたこともある(笑)。 

実は「掃除なんてやっても時間のムダ!」って思ってるフシがあって。家事代行を使えば、浮いた時間で他のことができるし。それに、人に頼むから、「こうやって収納したらいいのかぁ」って、うまい方法もわかってくる。そして何より、家事代行のおばあちゃんが来る水曜日におうちに帰ると、部屋がすごくキレイになっていて、気持ちがラクになります。家事代行サービスは超オススメ!

それぞれの片付け方

調査をしてみると、それぞれのペースで自分の部屋を片付けているオトナ女子の姿が見えてきました。

確かに、仕事から帰ってきた時に、部屋が汚いと心まで疲れちゃうし、自分が暮らす空間だからこそ、キレイな部屋を保ちたいところ。

どうしても「部屋が掃除できない! 片付けられない!」なんて時は、人に頼るのもアリなのかもしれませんね。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「部屋をキレイに保つコツは何ですか?」 オトナ女子に聞いてみた。

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング