朝起きて気分が落ち込む原因…2位は「天気が悪い日」、1位は?

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
朝起きて気分が落ち込む原因…2位は「天気が悪い日」、1位は?

日に日に寒さを感じるようになるこの季節、「朝起きるのがツラくなってきた」という人も多いのではないでしょうか。

1日のスタートとなる朝の目覚めはスッキリした気持ちで迎えたいものですが、ちょっとしたことで気分が落ち込んでしまうこともあるはず。

このたび、ドクターシーラボは「朝の目覚め」について、20〜39歳の女性360人にWEBアンケート調査を実施しました。その結果、約4割の人が「肌の調子が悪い日」に最も気分が落ち込むと回答したことがわかりました。

朝のテンションが落ちる時

sub1660

「朝起きて最も気分が落ち込む日は?」という質問に、「肌の調子が悪い日(37.5%)」という回答が最多となりました。2位は「天気が悪い日(35.3%)」で、「髪がうまくセットできない日(17.2%)」、「占いの順位が悪い日(3.1%)」が続きました。

約8割の女性が「肌の調子が良くないと感じたことがある」

sub2550

続いて、「朝起きて“肌の調子が良くない”と感じたことがあるか」という質問に、79.7%が「はい」と回答。「いいえ」の20.3%を大きく上回りました。

思い当たるのは「寝不足」

sub3660

「肌の調子が良くない時、前日に思い当たることは?」という質問に対して、最も多かったのが「寝不足(64.8%)」でした。続いて、「疲れがたまっていた(48.8%)」「ストレスがたまっていた(48.4%)」「お酒の飲みすぎや食生活の乱れ(31.4%)」などの回答があがりました。

快眠のポイントは?

こられの結果を受けて、ドクターシーラボは「ぐっすり眠り、心も身体もすっきり朝を迎えるために寝る前に控えて欲しい3つのこと」をあげました。

・カフェイン飲料や夜食は控える。
・スマートフォンやパソコンなどのディスプレイを見ない。
・激しい運動や熱すぎるお風呂はNG!

代わりに、「ノンカフェインのハーブティーや白湯がおすすめ。暖色系の照明にして目も心もリラックス。38度前後のお風呂にゆっくりつかって」とアドバイスしました。

朝起きるのがツラい季節ですが、秋の夜長にたっぷり睡眠をとってお肌のコンディションもキープしたいですね。

■調査概要
WEBアンケート
20~39歳 女性 360名
調査期間 : 2017年10月12日(木)~13日(金)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

朝起きて気分が落ち込む原因…2位は「天気が悪い日」、1位は?

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング