親世代の方がマッチングサービスでの結婚に「抵抗がない」

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
親世代の方がマッチングサービスでの結婚に「抵抗がない」

もし、婚約者を親に紹介する時、出会いを聞かれたら「出会い系」や「マッチングサービス」だと素直に話ができますか?

マッチングサービス『ハッピーメール』を運営する「アイベック」は、18歳〜69歳の男女1289人(未婚・既婚問わず)に、出会い系・マッチングサービスの意識調査を実施しました。その結果、35歳~69歳では、40.6%の人がマッチングサービスでの結婚に抵抗がないことが分かりました。

親世代でも女性はやや「抵抗あり」

main

「出会い系、マッチングサービスで知り合った相手と結婚することに抵抗感はありますか?」という問いに、子世代(18歳〜34歳)の間では、「まったく感じない」「それほど感じない」の合計が37.2%となり、親世代(35歳〜69歳)の合計40.6%を下回る結果になりました。

sub1

さらに性別・年齢別に見るとどの世代においても男性の方が「出会い系」「マッチングサービス」に対して抵抗が少ない他、女性は抵抗を「強く感じる」割合が多いことがわかりました。

相手の素性がわからないことが不安

sub2

前項で、「それほど(抵抗を)感じない」「少し感じる」「強く感じる」と回答した人に、抵抗を感じる理由を聞いたところ、男女ともに「相手の素性がわからずトラブルにあいそう」という回答が最多となりました。

また、世代で差が見られたのが、「出会い系・マッチングサービスで出会ったことを周囲に知られたくない」という項目で、子世代の方が出会いのきっかけがマッチングサービスであることを隠したいという傾向が見られました。

マッチングサービスでの出会いが「フツー」に

sub5

知られたくないと思う一方で、「出会い系、マッチングサービスを利用したことがありますか?」という問いに対して、子世代の利用は、男性44.1%、女性30.2%、親世代の利用は、男性31.0%、女性23.4%という結果になり、男女ともに親世代を上回る結果になりました。

経験者と非経験者の間にあるギャップ

sub3

利用経験別に、出会い系、マッチングサービスで知り合った相手と結婚することに抵抗感があるか聞いたところ、男女ともに利用経験者は、「まったく感じない」が多く、「強く感じる」も少ない傾向があるとわかりました。

これからは今以上に若い世代の利用者が増えることで、親世代の抵抗も少なくなり、出会い系やマッチングサービスで結婚相手を見つけることもフツーになっていきそうです。

■アンケート概要
調査期間 :2017年9月25日(月)~10月2日(月)
調査方法 :インターネット
調査地域 :全国
調査対象 :18歳~69歳の男女1289人(未婚・既婚問わず)
実施機関 :ジャストシステム「Fastask」

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

親世代の方がマッチングサービスでの結婚に「抵抗がない」

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング