同棲カップルの生活費のリアル座談会【第2回】

経費精算の問題がなぜか浮気に発展…!同棲カップルのお金にまつわるモヤモヤのリアル

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
経費精算の問題がなぜか浮気に発展…!同棲カップルのお金にまつわるモヤモヤのリアル

キャリアも波に乗ってきたし、恋愛も十分楽しんだし、「そろそろ人生も次のステップに進もうかな」と考えているウートピ世代。

なかには、「パートナーとそろそろ結婚or同棲かな……」とタイミングを見計らっている人も少なくないかもしれません。

でも、一緒に住むとなると気になるのは「お金」の問題。世の中の同棲カップルはお金のこと、どうしてるの……? 

そこでウートピ編集部では、パートナーと同棲している、または結婚している女性3人を集めて座談会を開いてみました。

引き続き座談会に参加してくれたのは、こちらの3人。

大手町さん(仮名):外資系金融機関勤務/(31歳)/同棲3ヶ月目
三田さん(仮名):PR会社勤務/(30歳)/結婚5年目
春日さん(仮名):フリーランサー/(35歳)/同棲4年目

第1回:同棲しているみなさん、お金のことはぶっちゃけどうしてるんですか?

彼に振り込むのは面倒くさい

——パートナーとのお金事情が徐々に明らかになった前回に引き続き、今回は「お金にまつわるモヤモヤ」を聞いていきたいと思います。みなさん、お金のことでパートナーとギクシャクしたり、モヤモヤしたりしていることはありますか? 

モヤモヤ2-1

春日:うちはほぼないですね。強いて言うなら、私が家賃を滞納してることくらいかな。毎月、私が彼の口座に家賃の半分を振り込んでるんですけど、時々忘れちゃって「滞納」みたいな状態に……。引き落としみたいな機能があればいいんですけど。だから先日「1年間分まとめて支払おうか?」って提案したんですよ。
 
三田:税金みたいですね。

春日:そうー! でも、「まとめてお金が入ると使っちゃうかもしれない!」って彼が言ってやめになったんですけど。確かに、急に100万単位のお金が振り込まれてきたら戸惑いますよね。
 
全員:ボーナスみたい!!
 
春日:「え」ってなって、焦りますよね。コツコツ貯めるつもりでいても、一気に大きな金額が振り込まれると彼の貯金の段取りみたいなものが狂うらしいんです。それで結局また私が毎月半額を振り込むことに。

——うん、確かに急に100万単位で振り込まれたら、気がゆるむ。ゆるんで使っちゃいそう。

お金の問題は浮気の原因になる

モヤモヤ2-2

大手町:私の幼なじみで、結婚して3年目の女性がいるんですけど、ダンナさんが某大手広告代理店の営業で彼女は専業主婦なんです。絵に描いたような素敵な生活してんですけど、ある時、事件が発覚したらしくて。

——事件って?

大手町:ダンナさんが接待でよく経費を使ってるんですよ。で、ポケットマネーで立て替えた経費を、超めんどくさがりだから会社にまったく請求してなかったんですって。
 
全員:ええー!(ドン引き)
 
大手町:だから毎月カードの請求が数十万単位で来ていて、それがそのまま家計の出費になってたらしくて。しかも、それ奥さんに内緒にしていて……。気づいた時には、金額が膨れ上がってたみたいです。ある時、彼女が偶然に彼の通帳を見て「え、何これ!?」ってなって事件が発覚。
 
——いくら高収入でもパートナーのお金リテラシーが低いのは不幸ですね……。

大手町:この話には続きがあって、再発防止のためにしっかり者の彼女は、毎日ダンナさんが帰宅すると「請求書出して」って詰め寄り、ダンナさんのカードの請求書を管理し始めたんですって。ところが、今度はそれでダンナさんのほうが追い詰められちゃって。挙句の果てに不倫したんですよ。
  
全員:ええー!(ドン引き)
 
——借金の上に不倫って!
 
大手町:そしたら彼女はお金のことで彼を問い詰めるのが怖くなっちゃったらしくて。で、結局彼は前と同じように経費精算をしないようになり、彼女もまた浮気されたらと思うと、お金のことに触れられなくなって……。今離婚に向けて話し合いが進んでるっぽいですね。彼女は専業主婦だから仕事復帰もしなきゃいけないし、大変そう。お金のモヤモヤが積み重なると不倫の原因にもなるんだなぁ、怖いなぁ、って思いました。

三田:そういう話聞くと、「仕事はやめられないな」って思いますね。
 

結婚式の費用をめぐるモヤモヤ

——大手町さんは前回の話では、彼が結婚式の費用を支払ったことで、いろいろお金事情が変わってきたようですが……やっぱり結構モヤモヤしてるんですか?

モヤモヤ2-3

大手町:はい、モヤモヤッとしてますね。付き合って4ヶ月で婚約して彼が都内の某ホテルでの結婚式を望んで、400万円を払ってくれたんです。まぁ、私が結婚式しなくてもいい派だったからなんですが。

でも、その金額は彼にとっては結構がんばっちゃった金額だったみたいで。そこを感じてたから、「仕方ない、ここは私が払うか!」ということで、新居への引越し費用も普段の生活費も私が支払ってるんです。

——彼もなかなかだけど、大手町さんもなかなかかっこいいですね。

大手町:うーん、でも彼は今の状況をとても負い目を感じてるんです。私が生活費を負担するのは彼の貯金額が回復するまでの一時期だけだから私はおおむねこれでいいんですが、たま〜に、たま〜〜に「なんで私が毎月やりくりして払わないといけないんだ?」と思っちゃうことはありますね。
 
——「これ、いつまで続くの?」ってなりますよね。

大手町:そう。でも、なんか、かわいいからがんばって稼いで払っちゃう。

「せっかく結婚式も決まって俺は夢を叶えられたけど、大手町ちゃんに負担かけちゃってて、意味ないよね……俺、何やってんだろ……」って嘆いてるんですよ、彼が! その姿がかわいくって! ……だからまあいいんですけど。

——うーん。お互いの希望が揃わないとモヤモヤが生まれがちになるんですねぇ。難しいな。
 

かわいい彼との同棲で見えてきたもの

モヤモヤ2-4

大手町:ここまでの話を聞くと、彼がすごく頼りないように聞こえますけど、実は彼の前職は外資系企業で年収は今の倍あったんです。でも、仕事がハードすぎて「無理」ってなって転職したらお給料がガクンと減っちゃって。

——あー。あったものがなくなるとダメージが大きいですね。

大手町:今の勤務先は「おうちでの時間を大切にしなさい」「残業ダメ!」っていう会社だから、自分でがんばってお給料上げるのも難しくて。きっと彼の中には悔しい気持ちもあるんですよね。「前はもっともらってたのに……」っていう。

だから、そのうち昇格して給料が上がったら「俺のほうが多く出す」って言い出すんじゃないかな。やっぱり私のほうが多く払ってることに負い目を感じてるから。
 
——女性の方が多く払ってると、男性の中でも上下関係を意識しはじめて、負い目を感じるのかもしれませんね。
 
大手町:そうだと思う。女性のほうが多く払うと、「女性が上」って認識しちゃう部分はあるかも。うちは私が年上だし。
 
全員:ああああーーー。
 
大手町:でも、やっぱり私はペットみたいな男の子が欲しいんですよ。そういうタイプが好きなんですよねー。

お金に関するモヤモヤ話を聞いてみると、結構いろいろ出ました。まさか不倫の話まで出てくるとは思いませんでした。次回は、「これから同棲するカップルに向けてのアドバイス」です。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

経費精算の問題がなぜか浮気に発展…!同棲カップルのお金にまつわるモヤモヤのリアル

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング