同棲カップルの生活費のリアル座談会【第1回】

同棲しているみなさん、お金のことはぶっちゃけどうしてるんですか? 【座談会】

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
同棲しているみなさん、お金のことはぶっちゃけどうしてるんですか? 【座談会】

キャリアも波に乗ってきたし、恋愛も十分楽しんだし、「そろそろ人生も次のステップに進もうかな」と考えているウートピ世代。

なかには、「パートナーとそろそろ結婚or同棲かな……」とタイミングを見計らっている人も少なくないかもしれません。

でも、一緒に住むとなると気になるのは「お金」の問題。世の中の同棲カップルはお金のこと、どうしてるの……? 

そこでウートピ編集部では、パートナーと同棲している、または結婚している女性3人を集めて座談会を開いてみました。

座談会に参加してくれたのは、こちらの3人。

大手町さん(仮名):外資系金融機関勤務/(31歳)/同棲3ヶ月目
三田さん(仮名):PR会社勤務/(30歳)/結婚5年目
春日さん(仮名):フリーランサー/(35歳)/同棲4年目

まずは「住まい」のリアルを聞いてみた

——今回は同棲カップルのお金事情をめぐる座談会ということでみなさんにお越しいただきました。イマドキ同棲カップルのお金のリアルを探っていきたいと思います。

まずは「住まい」のことから聞いていきましょう! 同棲を開始した時、どちらの家へ? 新居を借りたんですか? 家賃はどうしてるんですか?

モヤモヤ1-1

大手町:新しく3DKの部屋を阿佐ヶ谷に借りました。家賃は18万円。ちなみに、引っ越し資金は私が全部払いましたよ。
 
——え! ちなみに金額はどれくらいだったんですか!?
 
大手町:こういう性格なので、数字は見てないです。合計いくらだったかなーみたいな。私、貯金できないタイプなんですけど、私が実家にいた頃に親が貯めといてくれたので。その貯金で払いました。
 
ちなみに最初、私は一緒に住まなくていいと思っていたんですけどね。彼のほうが「一緒に住みたい」って言って。それで不動産屋に行って見積もってもらったら「こんなすんの!?」みたいな。ヤバイなコレってなったんですけど、「とりあえずここは私が払っとくわ」って。
  
でも、あとあと「私が全部払うのってどうなんだろう?」ってかすかに疑問がわいてきて。
 
三田:彼から「いつか返す」とかはなく?
 
大手町:最終的にはそうなるのかなとは思ってるんですけど。何の約束もしてないし、返してほしいって思ってるわけじゃないけど、友達に話すと「え!ありえないんだけど!」って言われますよね。

結局、まわりは「まあ本人がいいならいいけど」ってなるんですが、私自身が実際のところちょっとまだ微妙……?なところがあって、どうしていいかわからないですね。

——冒頭からなかなかのモヤモヤエピソード、ありがとうございます。ちなみに三田さんは?

モヤモヤ1-2

三田:私は彼の住まいに越しました。もともと一生独身だと思っていたみたいで、自分でマンションを購入していたんです。

春日:マンションのローンの完済はしてるんですか?
 
三田:一括で買ったみたい。よく知らないけど、親の資産っぽいです。名義も両親らしく。彼の親が不動産関連の仕事なので、アンチ賃貸らしいんですよ。
 
春日:なるほどー。私は、今の彼とは家賃折半なんですけど、前の彼と同棲してた頃は、彼が事前に購入していたマンションに転がり込んだんですよね。その時は、マンションがいくらだったか知らなかった。もちろん、毎月いくらローンを払ってたかも、あと何年で完済するかも知らなかった。
 
でも今考えるとローンとか怖くないですか? 資産にもなりうるけど、そもそも借金だし。
 
——確かに……!確かに借金だし。そのへんを同棲前にハッキリさせとくって大事かも。
 

貯金はみんなどうしてるの?

——ちなみにみなさんは貯金はどうしているんですか? カップル貯金のリアル、教えてください!

モヤモヤ1-4

 
大手町:一緒の口座をつくってます。そこに全部貯金して、そこから家賃も抜くって感じです。

——ほうほう。ちなみに口座の名義は?

大手町:名義は彼で。管理は私で、共有のお財布もあります。食費とか細々とした生活費はそのお財布から出す感じですね。それ以外は、別々のお財布があるので、そこからそれぞれ好きに使ってますね。

——ちなみに貯金と共有のお財布に入れる金額は月々いくらずつか決めているんですか?
 
大手町:そうですね、一応決めてます。貯金は2人で同じ額を入れてます。そこから共有のお財布にお金を入れる感じです。同棲を始める前にお金の話し合いをしたんですよ。

最初に彼が「これぐらいでどう?」って金額を提示してきたんですけど、私が「それじゃ少ない」って言って。彼は希望が叶わず、悔しい思いをしているみたいですね。まあ、それがかわいいんですけど(笑)。

春日:共有のお財布にお金がなくなったら「外食はしません」みたいな感じなんですか?

大手町:なくなったら補充します。ケチケチするのは嫌だから最初から多めに入れといて、余ったら貯金にまわす……みたいな。でも、生活費は結局私が何だかんだ払ってるほうが多いかなー。

——ちなみに貯金は何に使う予定ですか?

大手町:新婚旅行とかですかね。その後は家を買うのかな。私、まったく貯金しないんです。あるものは全部自分に使っちゃう。彼のほうが貯金できるタイプなんです。でも、今は結婚式の費用を払ったがために彼にはお金がなくて。
 
——あらら。彼氏さん、張り切っちゃったんですか?
 
大手町:本人がそう言ってた。私は「面倒くさいし、結婚式しなくてもいいよ」って感じだったんですけど、彼が「どうしても盛大にやりたい! やらせてくれ!」って言い出して。それで彼が支払うってなったんですけど、貯金がなくなっちゃったみたいです。

三田:うちと逆だなぁ。うちは私のほうが10歳下なのに、貯金額は私のほうが多かったんです(笑)。だからお金の話は私が先導していきましたね。

——へええ! 夫が10も年上だと自分より貯金あるよね……って思っちゃいそうですけど……!

三田:夫は、前職の給料が低かったらしい。で、33歳で今の会社に転職して。新卒で就職してから10年間、貯金できなかったらしいんですよ。そもそも、全然お金にこだわりがないですし。

春日:うちはお互いの貯金額は知らないですねー。

——なるほど。貯金って「ないとヤバイ」って思ってたけど、同棲前はそれぞれの貯金額を意外と気にしないでもいいのかもしれませんね。

資産は全部「見える化」がオススメです

——ちなみに今回の参加者で唯一既婚者の三田さん! 三田さん宅ではどのようなお金の運用をしてるんですか?

モヤモヤ

三田:私の収入は全部貯金にまわしてます。で、うちはガラス張りで。ドロップボックスにエクセルで資産表を作って、月一でお互いに更新します。資産が全部「見える化」されてるんです。
 
全員:すごい!
 
大手町:「現代」って感じ!
 
三田:で、夫の収入は月いくらか投資にまわすとか。そういうのは全部決めてやってます。結婚した時に外貨に変えたりもしていて、資産が分散されてるのでそれを管理するためにも「わが家の資産表」というファイル名のエクセルを作りました。

全員:はああ……!
 
三田:なんか、だんだんわからなくなってくるじゃないですか。ボーナスに波があったり。変化があったら「入力!」みたいな感じで、完全見える化でやってます。わが家の資産は、現金が何%、投資が何%みたいな。でも普段いくら使うとかは結構ゆるいです。
 
——ちなみにその投資額とか金額はどうやって決めてるんですか?
 
三田:いや、夫の貯金額が当初ほぼゼロだったことを考えると、彼にあんまりお金を持たせちゃいけいけない気がしていて。。私が決めます!

——(うん、確かに) 

大手町:ね。使っちゃうから! 使っちゃう人は使っちゃうから!(笑)
 
三田:投資額は話し合って決めてます。「見える化」ってなんだか面倒に思えるかもだけど、慣れると安心しますよ。うちは3年前に始めました。

明細を見せるわけじゃないから何に使ってるかは言わなくていいんですよ。私が1万円のファンデーションを買おうと、「1万円の出費」と結論だけ書けばいいから。
 
——THE 雑費って仕組みなわけですね!
 
春日:でも相手になんかわけわかんない高額使われてるの嫌かも。「コレ何なん」って。

全員:ああ〜!!
 
三田:雑費がいくらっていうのは細かく出さないんですよ。
 
春日:でも支出がいくらっていうのはわかるんですよねー?
 
三田:「収入−支出=口座の残高」だけわかるんです。毎月口座の残高は更新されていくから、それが上がってるか下がってるかわからないくらい。資産の合計だけ見えるようにしてるからストレスがないんですよ。支出とかの細かいことはそんなに書かない。
 
全員:へええー!!
 
三田:お金の使い方に文句を言わせるようなフォーマットにはしてない。
 

——その運営の仕方、いいかもしれないですね。

ぶっちゃけパートナーの収入知ってるの?

——こっそりちゃっかりうっかり聞いちゃいますが、パートナーの年収や月収は把握してるものですか?

モヤモヤ1-5

 
三田:うちはもともと同じ会社で働いていたので、ウソはつかせない。ちなみに自分の収入も、彼に開示してます。
 
大手町:彼の年収は同棲してから知りました。私のはまだ言ってないですけど(笑)。
 
——彼氏さん聞いてこないんですか!?
 
大手町:うーん「聞きたくない」みたいな(笑)。でも私の仕事はインセンティブがつくので、月によって収入がバラバラなんですよ。

——なるほど。春日さんはどうですか? 

モヤモヤ1-3

春日:聞かれたら言うけどあえて面と向かっては言ってないですね。私は仕事がフリーランスなので、報酬の交渉の際に「いくらくらいが相場かな?」って彼に相談します。「工数がこれぐらいかかったんだけれど、どう思う?」って。

だからむこうは私の報酬を把握してると思いますよ。フリーランスに転職するタイミングでも、「年収これぐらいなんだけどどう思う?」って聞いてるから。

——春日さんはパートナーの年収や月収は把握してるんですか?

春日:不動産契約する際とか、知れちゃうタイミングがありますよね。だからあえて聞いたりはしてないですね。
 
三田:確かに、一緒に部屋を借りたりする際の手続きで、相手の年収がわかっちゃうことってありますよね。
 
——なるほどなるほど。パートナーの年収や月収は、すべて把握しようとしなくとも、自然とわかっちゃうタイミングがある……と。

「資産は全部見える化」する、「同棲前のパートナーの貯金額は意外と気にしてない」など、意外なお話が飛び出しました。

次回は、「お金モヤモヤのリアル」に迫ります。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

同棲しているみなさん、お金のことはぶっちゃけどうしてるんですか? 【座談会】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング