絵本作家・のぶみさんインタビュー

『ママがおばけになっちゃった!』作者・のぶみが語る、32年越しの母との和解

『ママがおばけになっちゃった!』作者・のぶみが語る、32年越しの母との和解

「母親の死」を取り上げた絵本『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)が2015年7月の刊行以来、異例の大ヒットとなり現時点での累計部数は38万部を超えた。「ママは、 くるまに ぶつかって、 おばけに なりました」という衝撃的な一文で始まるこの絵本の著者、のぶみさんはこれまでに160冊以上の絵本を手がけ、その累計部数は100万部を超えるという超人気絵本作家。今回はのぶみさんに、永遠のテーマである親子関係、そして32年越しで訪れたのぶみさん自身と母の「和解」について聞きました。

「ママが死ぬかもしれない」から生まれる愛の形

――この絵本では、1ページ目でお母さんが死んでしまいます。「母親の死」をテーマに描くことに躊躇はありませんでしたか?

のぶみさん(以下、のぶみ):躊躇はありませんでしたね。子どもにとって、「お母さんが死ぬ可能性」というのはゼロなんです。考えもしない。一度も「母親の死」について想像したことがない。だからこの絵本の内容はすごくショックなはずだし、嫌がる子もいます。

たまに、「母親を亡くしている子にとってこの内容はツラいんじゃないですか?」といった意見をいただくのですが、実際には「お母さんがおばけになって見てくれているかもしれない。よかったです」といった好意的な感想のほうが多く寄せられます。

――この絵本で母親の死を擬似体験することで、子どもたちは何を感じるのでしょうか?

のぶみ:一度、この絵本でお母さんの死を疑似体験した子は、お母さんを大切にするようになります。「死」を想像することで、生きていることを大切にしようという意識が芽生えるのでしょう。また、意外なことに40代、50代の方がこの絵本を読んで共感してくれているようです。話を聞いてみると、ご自身も母親をすでに亡くされている方が多くて。

『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)

『ママがおばけになっちゃった!』(講談社)

のぶみさんが描く今の時代の「お母さん」とは

――作中には、主人公のかんたろうがママの手料理のことを「ママのてきとうなおりょうり」と言うなど、笑いどころもたくさんあります。

のぶみ:そうですね。この本のママは、「現代のお母さん」なんですよ。「昭和のお母さん」とは少し違う。料理も掃除もどこかテキトーで、「完璧」ではないんです。みんながみんなそうだとは思ってはいませんが、僕が話を聞いた限りでは、お母さんたちはうまく手を抜いている印象でしたね。子どもを3人育てながら部屋の掃除も料理も完璧に、なんて無理ですよね。でもその分、今のお母さんたちは優しくておおらかな所がいいんじゃないかと思います。

1
2
3
SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

『ママがおばけになっちゃった!』作者・のぶみが語る、32年越しの母との和解

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング