仕事のやる気が出る映画&ドラマ(後編)

ゲイに精子提供を受け、41歳でシングルマザーに 「◯◯すべき」から解放してくれる映画とは?

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
ゲイに精子提供を受け、41歳でシングルマザーに 「◯◯すべき」から解放してくれる映画とは?

時間を持て余しがちな年末年始。テレビやネットに飽きたら、普段は観ないタイプの映画を鑑賞してみるのはいかがでしょうか。来年に向けて、仕事のやる気が湧いてくる映画をご紹介するコラム後編です。すべてNetflixHuluAmazonプライムビデオなど、ネット環境があればすぐに観られるものを厳選しました。(編集部)

【前編はこちら】テロ組織を追い込む女性から、ピータラビット作者の半生まで…年末年始におすすめ映画3選

ルブタンを愛する女スパイが活躍!

職場は前回紹介した『ゼロ・ダーク・サーティ』のマヤと同じCIAですが、ドラマ『コバート・アフェア』は一転、ファッショナブルなヒロインが軽やかに大活躍。頭脳明晰、運動神経抜群、ルックスもキュートな女スパイ・アニーが世界を股に掛けて任務に奔走します。

世界各国でロケをしたスケールの大きなストーリー展開もさることながら、見どころとしては、ルブタンのハイヒールを愛するアニーが身につけるハイセンスなファッションと、彼女へのサポートを惜しまない頼りになるイケメンが続々登場するところを推したいと思います。ちょっと、いくなんでも恵まれすぎ!なアニー。それでも女性視聴者に支持されるのは、文字通り死にそうな激務をこなしながらも、恋もオシャレも抜かりない彼女の要領の良さと、抜群の職務執行能力ゆえ。アメリカ本国ではファイナルとなるシーズン5まで放送終了。日本でも今年10月にDVDリリースされているほか、HuluやAmazonプライム・ビデオでもシーズン4まで配信中なので、ハマれば一気見できるところが嬉しいです。

トム・クルーズが伝説のロックスターを熱演

続いてご紹介するは、この夏、50歳オーバーにして航空機にぶら下がる超人アクションを披露し、観客の度肝を抜いたトム様ことトム・クルーズ出演作。ロックスターを目指す若者の青春をミュージカル仕立てで描いた『ロック・オブ・エイジズ』で、トムは伝説のロックスターを演じました。主演ではありません。脇役(のはず)です。だけど、仕事には徹底して取り組むトムの辞書に「主役を立てる」とか「手加減」という言葉はないらしく、徹底したボイストレーニングを積んで挑んだ迫力のライブ・パフォーマンスで主演の若手俳優を圧倒。彼らの存在感を吹っ飛ばしてしまいました。その仕事への情熱、ぜひ見習いたい!(U-NEXTで配信中)

すべてに気力が沸かない! そんなときは…

最後に、番外編的にご紹介したいのがNetflixで配信されているドキュメンタリー映画『すべては愛からはじまる』です。「ひとりで母親になる」と決意した41歳未婚の女性が、家族や友人たちに支えられながら、母親になるまでの歩みを自ら記録した1本。恵まれた家庭に育ち、それなりにデートも重ねてきたけれど、結婚・出産には至らなかったという監督。シングルマザーになる相談を持ちかけた時、おばが彼女を肯定してかけた言葉がステキです。「過去のことを言っても仕方ない。あなたはステキな人生を懸命に送ってきたんだから」。生き方は、一通りではありません。帰省先で「仕事もいいけど、結婚はまだ?」と言われるプレッシャーを感じている女性も多いと思いますが、彼女たちの「べき論」にとらわれない考え方に救われます。

シングルを貫く監督の親友と、精子を提供してくれたゲイの男友達が、「親としての責任は欲しくない」と言いながらも、なんだかんだと育児に巻き込まれていく姿が興味深い。多様な生き方のチョイスを肯定する一方で、理想だけでは立ちゆかないシングルマザーを取り巻く現実の難しさも感じさせます。

最後に。働く意欲が湧く・湧かない以前に、「もうずっと休みならいいのに…」とあらゆる気力がダウンしている女性には、輝く筋肉が躍動する映画『マジック・マイク』をお薦めします。俳優になる前にストリッパーをしていたという、主演のチャニング・テイタムの実話に基づく物語です。あくまでストリップは“エンターテインメント”であり、からっとエロいパフォーマンスはただ観ているだけで楽しいです。女性たちにサービスしてくれるストリッパーたちが、実は将来への不安を抱える悩める子羊ちゃんたちという設定も、作品に意外な厚みを与えて◎。気分を盛り上げて、新しい1年も頑張っていきましょう。(Netflixで配信中)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ゲイに精子提供を受け、41歳でシングルマザーに 「◯◯すべき」から解放してくれる映画とは?

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
人が回答しています