過去に性産業のスカウトを受けた女性は約3割 「話聞けや!」など暴言の被害も

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
過去に性産業のスカウトを受けた女性は約3割 「話聞けや!」など暴言の被害も

性産業のスカウトうけたことある?

街中で当たり前のように行われている性産業のスカウト。ウートピ世論調査では、28%が過去にスカウトを受けたことがあると回答しました。スカウトと聞いてイメージするのは、勧誘や声かけだと思いますが、寄せられた意見を見てみると、スカウトによって女性たちがひどい思いをしていることが分かりました。

【アンケート】過去に性産業のスカウトを受けたことがある?

※サンプル数:283人(10月9日現在)
※ウートピ世論調査結果より(投票結果はコチラ

性産業のスカウトうけたことある?

「ある」・・・・・28%
「ない」・・・・・72%

スカウトは繁華街だけではなく近所やSNSでも

※回答はわかりやすいよう一部表記を変更しています/すべてのコメントはウートピ世論をチェック

・渋谷新宿池袋鶯谷、くらいかな? 昔、化粧が派手でえぐいカッコしてたから繁華街行ったらほぼ毎回、声かけられてた

・学生のとき、近所に住んでいる芸能プロダクションの経営者からヌードを撮らないかと言われました

・学生時代にバイト終わって遅い時間に帰るときはよく「バイト帰り? もっと儲かる仕事したくない?」って

・Facebookのメッセージで勧誘されました

スカウトは繁華街だけに限らず、自宅付近やSNSなど、あらゆるところで行われているようです。

暴言、震えるほどの恐怖

性産業からのスカウトを受けたとき、女性はどんな気持ちになるのでしょうか。

・AVのスカウトに声かけられた時は震えました

・飲み屋の帰りに風俗街歩く羽目になったんですが、呼び込みのおじさんに「仕事しませんか?」って言われました。地味なのにショックでした

・毎週のように、AVや風俗のスカウトをされました。怪しいタレント事務所も。無視しても、早歩きしても、無理無理って言ってもしつこくて、一度、「ちゃんとこっち見て話聞けやブサイク!!」って怒鳴られたときは恐怖でした

・町中を歩いていると突然男性がやってきて「胸が大きい子はすべての男性で共有すべき」とAVに誘われました。年齢が高いというとそういう女性を好む層もあるとごり押し、好きな人とだけそういう事をしたいというと、この仕事をしているとそんな事は考えていられなくなるというので、寂しい仕事なんですねと返すと去って行きました

自分の体を商品として値踏みされる不快感、体が震えるほどの恐怖。何の言われもないのに突然暴言を浴びせられたという人もいます。ただ普通に生活を送っているだけなのに、女性だからという理由で不愉快な思いをさせられたり、傷つけられたりするというのは、甚だ理不尽なことです。

「ない」と回答した人も同じ恐怖を感じている

一方、「ない」と回答した人からもこんな意見が。

・声を掛けられたりしたことはないけど、日本はレイプされた被害者に対して平気で『貴女にも隙があったんでしょ』って言えちゃう国だってところが、すごく嫌だなって思う。

・スカウトされたことは無いです。でも、今札幌でひとり暮らしで、一人歩き(特に夜)や遠くに行くときは、顔も隠してほぼ男装状態です。レイプされても警察は取り扱ってくれないと知っているので…

社会に蔓延する性差別は、女性に生きにくさを押しつけています。今、強引な手段で結んだ契約書をたてに、AV出演を強要されるというケースが多発しており、人身売買、奴隷産業とも言える性産業の実態が明らかになっています。

参考:AV出演拒否で2460万円請求裁判の女性勝訴 「契約してしまっても諦めないで」

女性の性が公然と売買され、女性であるというだけで尊厳を傷つけられる社会が、決して当たり前であってはなりません。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

過去に性産業のスカウトを受けた女性は約3割 「話聞けや!」など暴言の被害も

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング