本当にあった怖いパワハラの話

「PCを使わせない」「誤字で1時間怒鳴られる」 本当にあった恐いパワハラの話

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
「PCを使わせない」「誤字で1時間怒鳴られる」 本当にあった恐いパワハラの話

パワハラ受けたことある?

人生の大半を過ごす職場。仕事の中身もさることながら、そこでの人間関係は良好でありたいですよね。しかし、上司と部下などその職権を利用してハラスメントを行う、通称パワハラが横行しているのもまた事実。

パワハラは、上司が部下に「指導する」という側面もあるので、「パワハラか」「指導か」という見極めも大切です。一般的には「相手が不快に思う」ことに加えて「社会的な相当性がない、業務としての範囲を逸脱している」ことがパワハラの一つの基準となります。(参考記事:職場で注意しただけで”パワハラ”扱い 部下と上司の世代間ギャップが生む悪循環を断ち切るには?

さて、働くウートピ読者の中に、パワハラを受けた人はどれくらいいるのでしょうか?
アンケートを実施しました。

【アンケート】パワハラを受けたことってある?

※サンプル数:294人(9月25日現在)
※ウートピ世論調査結果より(投票結果はコチラ

パワハラ受けたことある?

ある…86%
ない…14%

実に8割以上の人が「ある」と回答しました。程度の差はあれ、かなり多くの人がパワハラを受けているようです。

上司のパワハラで評価や出世に影響が…

※回答はわかりやすいよう一部表記を変更しています/すべてのコメントはウートピ世論をチェック

・血が出るまで殴られた
・作った集計表を目の前でビリビリに破かれた
・書類を作成していたら、「サインのところは空けておけ」と言われ、書類を渡した瞬間、(あたかも自分がやったかのように)その上司が自分の名前をサインしだし、嫌気がさしてしまった。これ何ハラなんだろう…
・上司が仕事を回して来ず、会社から最低の評価を受けたり、宴会で吊るし上げにあったりした。辞めたあとその上司が横領で刑務所へ。こちらはいまだダメージが強く心療内科通い中

殴るなど、パワハラどころか犯罪なのでは? というものや、姑息な上司によって評価が下がってしまったという方もいました。

「PCを使わせない」「誤字で1時間怒鳴られる」理不尽すぎる上司たち

・PCを使わせず、いまだタイプライターを使わせる上司。スペルミスすると始めからやり直し。取引先も役所もインクリボン売る文房具屋も、ただのイビリだとあきれてた。
・「例えば」という言葉を社内ルールでは平仮名にするはずが、うっかり漢字にしてしまい、一時間、立ったまま怒鳴られ続けました…

上司にとっては根性論なのかもしれませんが、会社の利益をあげることに寄与していなければ何の意味もありません。

「会社で出産しろ!」マタハラ、セクハラとの合わせ技も

・産休前に関係ない部署から「会社で出産していいよ!」といわれました。暗に産前休暇要らないよね! と言われた感じがした
・上場企業総合職ですが、「灰皿持って来い」って怒鳴られた。ここはキャバクラじゃない!政府が3割を女性管理職にとか言ってるけど、それ以前の話。女を上手く使う“お色気ガール”だけが、有能な男をも差し置いて出世するからやめて欲しいです

女性であるがゆえに、セクハラ、マタハラにまで及ぶハラスメントを受けたというエピソードも集まりました。

大学内で起きるハラスメント「アカハラ」の実態

パワハラ、セクハラ、マタハラに続く、新たなハラスメント「アカデミーハラスメント(アカハラ)」に遭ったという声もありました。アカハラは、大学の教職員等が、その権力を利用して、学生や部下にハラスメントを行うことを指します。

・大学のキャリアセンターの人は、専門知識もないのに書類にケチ付けたり、学生の人格を破壊する事ばかり言ってくる
・なんでこの大学入ったんですか? と言われて、あきれてモノも言えなくなった

理解されない悔しさ、人格否定された辛さで、涙が止まらなかった

最後に、ウートピ世論の中で一番共感を集めていたエピソードをご紹介します。

問題が起きると必ず「おまえがいけない」と怒られた。会社を辞めるときですら、最終日の挨拶やお餞別の品まで文句を言われ、最後の1日までパワハラで終わった! 帰り道に、もうこれで我慢しなくていいという気持ちと、何も理解されなかった悔しさ、人格まで否定され続けたことで、社屋を出てから涙か止まらなかった。今でもパワハラで会社を訴えれば良かったとか、当時を思い出すと悔しさとつらさでたまらない気持ちになる

悲しいことですが、パワハラによって体や心を壊し、自殺をしてしまうという最悪なケースも増えています。まずはそうなる前に、自分を守ることが大切です。そして、言わずもがな自分はパワハラをしない、そして見つけたらしかるべき方法で報告する、などして
パワハラのない社会を作っていきたいですね。

(編集部)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「PCを使わせない」「誤字で1時間怒鳴られる」 本当にあった恐いパワハラの話

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング