小室友里の心をひらく性のコミュニケーション講座 第4回 女性からの上手な誘い方

男性の征服欲を満たす言葉は◯◯ 元AV女優・小室友里が説く、誘われ上手な女になる方法

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る
男性の征服欲を満たす言葉は◯◯ 元AV女優・小室友里が説く、誘われ上手な女になる方法

女性から男性をセックスに誘う方法

さて、この連載は今回が最終回となります。実際問題、これができなくて悩んでいる、という方も多いのではないでしょうか。

「セックスへの誘い方」

あ、若干の訂正をさせてください。「誘い方」ではなく「誘われ方」ですね。願わくば、自分で誘うのではなくスマートに誘われたい。そう思っている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

    現代男性の現実を受け止めなければなりません

男性がセックスのイニシアチブを握っている一面は以前と変わらないまま、その他の細かい部分が変化している今日。「誘われたい」と願う気持ちのまま待っていても、男性は以前のように誘ってくれなくなっているのだろうなと推察します。

セックスには誘わない、けどセックスはする男性は、よくこう言うんです。

「誘ってくれたらいいのに」
「僕はいつでもウェルカムだよ」

誘われたいと願っている女性にとって、こんなに寂しさを覚える発言はないはずです。口調は優しいけど、彼の心ははるか遠く、高いところにある。ここに来たければ君も登って来ればいいさ。にっこりと笑顔で言うけれど、差し伸べられる手はなく、そこへ行くも行かないも自分次第。

優しいけど、一方では優しくない。私たち女性が本当に求めている優しさとは違いますよね。しかし、これが現代男性の現実なら、私たちはこれを受け止めなければなりません。その上で現代男性から私たちが求めているものをどうやって与えてもらうのか。また、どこまでを求めて、どこからをプラスアルファの優しさと考えなければならないのか。そうやって、ひとつひとつを解きほぐして考えることが、現代男性と恋愛を、ひいてはセックスコミュニケーションを取る上で大切なことだと、私は考えています。

    相手がどんな人なのか理解し、懐に飛び込む

もちろん、こんな男性ばかりだとは言いません。女性のありのままの生態を理解してくれる人もいるでしょうし、逆にまったく理解しない人もいるでしょう。

「私がコミュニケーションを取ろうとしている相手は、どんな人なのか」

何が好きで、何が嫌いか。どんな言葉なら聞いてもらえるか。直球勝負な思考でいくべきか、変化球で攻めるべきか。それを理解することから始めなくては。

「そこまで考えなきゃダメなの!?」

と思われてしまうかもしれませんね。ダメではないです。しかし、こういうことを考えた上でコミュニケーションを取る人の方が、はるかに早く、深く、男性の懐へ入ることができます。

男性は女性ではないので、女性の気持ちが汲み取れません。逆に女性は男性ではないので、男性の気持ちを汲み取れません。ですから、自ら男性の懐へ入り込み、男性の気持ちはこういうものなんだ、と理屈で汲み取る作業が必要なのです。

そして自分の懐へ入ってきた女性を、男性は追い出しません。むしろ可愛がってくれます。可愛がるから、女性の希望も聞けるようになる。相手がどんな人なのか理解し、懐に飛び込む目的は、まさにここにあるのです。

    女性が悦ぶから男性の征服欲が満たされ、悦びとなる

少し遠回りになりましたが、今までお話したことを踏まえて本題へ入りましょう。

女性からセックスを誘う時、どんな風に誘ったら応えてくれるのか、普段から気に留めておきましょう。お酒を飲んだ時? お仕事で忙しい時? パチンコで勝った時? などなど、ある程度一定したポイントがあるはずです。ここはその時の気分や月のバイオリズムが反映されやすい女性とは違うところですね。

さらに少しアブノーマルなプレイ、ソフトSMや野外プレイを求めるなら、彼の懐から塩梅を確認しておきましょう。

懐、とは言葉の意味そのまま、彼の腕の中です。セックス中に聞いてしまいましょう。喘ぎ声と重なる会話は、男性に「NO」とは言わせづらい力を持っています。男性の征服欲を満たしてくれるセックスでの男性の悦びとは、女性が悦ぶことなんです。愛撫も、言葉攻めも、様々なプレイも、女性が悦ぶから男性の征服欲が満たされ、それが男性の悦びとなるのです。

ですからセックス中、さらには愛撫されている途中で

「実はね……目隠しされてみたい……」
「実はね……野外プレイに興味出てきちゃった……」

か細い声と、潤んだ瞳で「実はね……」と彼にお願いすれば、相当なことがない限り「NO」とは言いません。

「実は」という枕詞もポイントです。「あなたにだけ教えるの」と同意語ですから、男性にとってこれほど美味しい言葉、そそられる言葉はありません。

そして、お願いはできるだけ小出しにしてください。ソフトSMなら最も軽いものから。女性向けに制作された「ソフトSM入門」などのDVDを観るところからスタートしてもいいですね。野外プレイなら公園でキスする、軽く胸を触るなど、ごくごくライトなところから始めましょう。それすらも抵抗がある人は、手をつなぐところがスタートかもしれません。その判断基準は、男性の懐に入ればわかります。

長くなりましたが最後に。セックスはお互いを知るコミュニケーションです。みなさま、それをどうかお忘れなく。忘れなければ、ケンカしたり、コミュニケーションでつまずいた時も、必ず切り開く道が見つかりますから。

(小室友里)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

男性の征服欲を満たす言葉は◯◯ 元AV女優・小室友里が説く、誘われ上手な女になる方法

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
人が回答しています