【真木あかりのおやすみ占い】1月8日~1月14日

【真木あかりのおやすみ占い】1月8日~1月14日

今日という1日を終える時、あなたはどんなことを考えますか。何もない普通の日でも、問題続きの日々でも、明日もそれなりに自分らしく元気であるためには、おやすみ前に考えることってけっこう大事です。

カギは、ダメだったことや嫌なことを思い出すのではなく、よかったことを数えて「明日、いい1日にしよう」と思って眠ること。寝ているうちに、脳が記憶を整理しながら明日への準備をしてくれます。そして運も整っていきます。

この「おやすみ占い」は、日曜更新です。月曜から始まる1週間を思いながら、おふとんの中で考えを巡らせると運気向上につながるポイントをご紹介します。もちろん平日に考えても構いません。おふとんから作るあなたの新しい1日が、良いものでありますように。

真木あかりより

きになる星座をチェック

■おひつじ座(3/21〜4/20)
□おうし座(4/21〜5/21)
■ふたご座(5/22〜6/22)
□かに座(6/23〜7/23)
■しし座(7/24〜8/23)
□おとめ座(8/24〜9/23)
■てんびん座(9/24〜10/23)
□さそり座(10/24〜11/22)
■いて座(11/23〜12/21)
□やぎ座(12/22〜1/20)
■みずがめ座(1/21〜2/19)
□うお座(2/20〜3/20)

おひつじ座(3/21〜4/20)

言葉や行動になかなか移すことができずに来た「内なる情熱」が、出口を求めてぐるぐると渦巻いています。今はもどかしいばかりという人もいらっしゃるかもしれませんが、週末にはちゃんとうまい言葉やアクションを見つけていけるでしょう。自分らしくない行動につながる衝動に、もどかしさや苛立ちに、負けずにいましょう。それらはあなたの敵ではありません。本来は「頑張りたい」という情熱を起点とした、あなたの大切な一部だからです。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「どんな自分も大切にする」と決める

星座の一覧に戻る

おうし座(4/21〜5/21)

見極めのタイミング。本当に価値あるものは何なのか、自分はどうしたいのか。そうしたことを、徹底的に突き詰めてみるといい時期です。簡単に答えを出さないことが大事です。“世の中で価値があると言われるもの”なんて気にしなくていいです。とことん自分のなかで突き詰めて、こだわり抜いてみるといいでしょう。人は大人になってから大きく価値観を塗り替えられることが何度かあるものですが、今がそのときなのだろうと思います。今週と来週では、見える風景がまるで変わる人も多そうです。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「自分だけの価値を見出せる」と思っておく

星座の一覧に戻る

ふたご座(5/22〜6/22)

2022年の夏の終わりから、「闘ってでも手に入れたいもの」を胸に抱き、頑張っていらっしゃる方が多いかと思います。秋頃からは「頑張りすぎてくすぶる」「情熱が迷走して不完全燃焼を起こす」といった傾向もあったかと思うのですが、今週がそのピークとなるでしょう。ちょっとくらい情熱の燃やし方を間違えても、焦りばかりが先に立っても大丈夫。それらを経験することで研ぎ澄まされる情熱は確かにあるはずで、週末にはちゃんと両手でそれをつかむことができます。試行錯誤にも、意義があります。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「迷っても間違えても、自分は大丈夫」と思っておく

星座の一覧に戻る

かに座(6/23〜7/23)

コピーライターの糸井重里さんの言葉で「できることの少ない日は、少なく何かをする」というものがあります。今週のあなたが「できることが少ない」という意味合いではないのですが、人間関係でも自分の本心としても、いつも通りにはいかないことのほうが多い時期です。やり方を変えればするするとうまくいったり、普段はできないことができたりと面白いことは確かですが、そういった「見え方が変わる」瞬間まではもどかしいことも多いでしょう。運気はたしかに良くなってきており、現実も絶えず動いていきます。もどかしさに足踏みをしてばかりでなく、行動を求められることも多いでしょう。でも、何もすごいアクションばかりが大事なのではありません。少なく何かをすることだって、ちゃんと「行動」なのです。

(参考文献:糸井重里『ボールのようなことば。』)

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「小さなものにも価値は宿る」と思っておく

星座の一覧に戻る

しし座(7/24〜8/23)

晩秋の頃から、どこか今後が見通しにくいような、身近な人ほど温度差を感じるような、そんなもどかしさがあったでしょうか。今週末、そうした心もとなさはスカッと消えて、まっすぐに前に進めるようになるでしょう。未来志向がお休みしていた人も、また明るい展望を描いていけるようになります。そのためにも、今週は自分から行動を起こすことがカギとなりそうです。あなたのやる気と呼び合うようにして周囲が動き、世界が応えてくれるのでしょう。わからないことは、わからないままでも大丈夫です。それらも、来週あたりに自然と解消していく見通しだからです。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「前に進んで大丈夫」と自分に呼びかける

星座の一覧に戻る

おとめ座(8/24〜9/23)

昨年の秋から仕事で続けてきた試行錯誤が、今週末を目処に「答えが見つかる」「情熱のもっていき先がわかる」という状態に至るでしょう。自分は何が好きなのか、何がしたいのか見えなくなっていたり、自分らしさが迷子になっていたりした人は、しんどかったでしょう。頑張りましたね。ここからは「わからなくてもいい。でも、やるんだ」という情熱に突き動かされるようにして、次の一歩を踏み出していけます。といっても、無謀なチャレンジではありません。今週のあなたは、情熱を正しく燃やせるだけの実力がそなわっています。あくまで、地に足のついた発想で、前に進んでいけます。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「できる」という3文字を、シンプルに胸に刻む

星座の一覧に戻る

てんびん座(9/24〜10/23)

理想を変に下げる必要はない、ということだけを胸のなかに置いておいていただけたら、この時期は特に心配することはありません。……と、これだけで終わってしまってはてんびん座のみなさんに叱られてしまいそうですが、基本的に運に恵まれた時期です。

ただ、理想だけが少し、迷子になりやすいようです。世の中、いろんな人がいろんなことをいいますね。「理想を下げないと叶わないよ」「そんなの、現実的に無理だよ」などなど。でも、そうした人たちがあなたの幸福に貢献してくれることって、ほとんどありません。あなたはあなたで、理想を大切にしてください。いい運のなかにいますから、きっと大丈夫。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
仕事でも恋愛でも、理想の状態を心に思い浮かべる

星座の一覧に戻る

さそり座(10/24〜11/22)

「これだけは大事にしたい」「絶対に手放さない」などと、強い意志とともに抱きしめ続けてきたものってあるでしょうか。誰かへの気持ちでも、手に入れた何かへの思いでも構いません。場合によってはここ2ヵ月くらいの間に、大切にしたい気持ちが変化したり、素直に頑張れなかったりした人もいるでしょうか。それでも手放すことなく大事にし続けたものが、週末にふたたびあなたを動かす原動力に変わります。生まれ変わったような気持ちで、そのテーマと向き合う人も多いことでしょう。もしかすると、何かや誰かを大事にしているようでいて、自分を大事にすることにもつながっているだろうと思います。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「大事なものを、大事にする」と決める

星座の一覧に戻る

いて座(11/23〜12/21)

仕事でもプライベートでも、大事に思っている相手に対し、愛や情熱が強すぎてうまく自分を出していけない——そういったことはあったでしょうか。なければないでOK、素敵なことです。来週あたりからそうした思いはさらに素晴らしい勢いと言葉を得て、コミュニケーションが拡大していきます。ただ、もし心当たりがおありでしたら、もどかしい状況もあと少し。週末にはまたあなたらしく、素晴らしい率直さで相手にアプローチしていけるはずです。大事だからこそ言えなかった、壊したくないから言葉を飲み込んだ。それもまた、愛の表現のうちなのだろうと思います。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「大事な人を大事にする力が、自分にはある」と決める

星座の一覧に戻る

やぎ座(12/22〜1/20)

「今週やるべきこと」に集中したい週。あれもこれもパーフェクトにやろうとすると、せっかくのやる気も集中力も散らばるばかりで、やるべきこともフンワリとしがちです。特に「考える」「調べる」「シミュレーションする」といったアクションは、18日以降に素晴らしいパフォーマンスを発揮できるはずですから、そのつもりでスケジュールを組んでみるのもいい選択となるでしょう。ひとりで解決できない課題については「人生の先輩」とも呼べるような立場の人が、目からウロコのアドバイスをくれそうです。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「来週でもいいことは、来週やる」と決めておく

星座の一覧に戻る

みずがめ座(1/21〜2/19)

愛いっぱいの季節が続いていきます。「好きすぎて言葉が出てこない」「誰よりも大切にしたいのに、天の邪鬼な行動をとってしまう」といったもどかしさで胸がいっぱいの人は、週末を目処に少しずつ、自分らしい愛し方を取り戻していけます。大事なのは、ここで向き合っている苛立ちや怒りを「不可抗力」などと思わないこと。これは突然巡ってきて避けられないハリケーンのようなものではありません。「より自分らしく人を愛するために、経験から学ぶテーマ」ですから、苛立ちや怒りもまた自分を見つめるヒントなんですね。スルーすることも振り回されることもせず、うまく付き合っていけるといいですね。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「愛いっぱいの週にする」と決める

星座の一覧に戻る

うお座(2/20〜3/20)

自分が本当に守りたいもの、信条などが最近、変化してきたという人は多いでしょうか。もしそうであれば、非常にいい流れが来ています。今週末、守りたいものができたり、実際にそのための行動を起こしたりする人がとても多そうです。迷ったときは、いつも自分の原点に立ち返るようにしてください。初めて恋をした日のときめきや、初めて今の仕事に就いたときのフレッシュな気持ちが、今のあなたに大切なことを思い出させてくれます。「あの頃の自分」が、何よりの味方です。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「私は私を守っていく」と考える

星座の一覧に戻る

(占い:真木あかり、イラスト:オザキエミ)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

【真木あかりのおやすみ占い】1月8日~1月14日

関連する記事

編集部オススメ

2022年は3年ぶりの行動制限のない年末。久しぶりに親や家族に会ったときにふと「親の介護」が頭をよぎる人もいるのでは? たとえ介護が終わっても、私たちの日常は続くから--。介護について考えることは親と自分との関係性や距離感についても考えること。人生100年時代と言われる今だからこそ、介護について考えてみませんか? これまでウートピで掲載した介護に関する記事も特集します。

記事ランキング