『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』シーズン2  インタビュー第3回/最終回

池松壮亮・佐藤浩市が感じる仕事の楽しさ「人の物差しにハマる必要はない」

池松壮亮・佐藤浩市が感じる仕事の楽しさ「人の物差しにハマる必要はない」

オダギリジョーさんが脚本・演出・編集を手がけ、自身も出演するドラマ『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』(NHK総合)。前作の好評を受け、3週にわたって放送される、シーズン2が9月20日からスタートしました。

劇中より/©NHK

主人公である警察犬係・青葉一平を演じるのは、池松壮亮さん。前作から持ち越されたヤクザと半グレの抗争や、11年前に行方不明となった少女の謎に、引き続き迫っていきます。青葉を取り巻くほかの登場人物も、相変わらず個性豊かな面々ばかりです。

ウートピでは池松さんと、少女の遺体を発見したスーパーボランティア・小西さんを演じた佐藤浩市さんにインタビュー。全3回連載の3回目となる今回は、仕事の楽しさや道を切り拓くために心掛けていることを伺いました。

「撮っているときが楽しい」(池松)「撮り終わったときが楽しい」(佐藤)

——短期インタビュー連載も今回が最終回です。ここからは仕事観についてお聞きします。お二方とも、若いころからお芝居の道を歩まれていますよね。今はどんな時に仕事の楽しさを感じますか?

池松壮亮さん(以下、池松):一番楽しいのは、ゴールが確定していないなかでその作品について考えている時や演じながら積み重ねていく時です。撮影が終われば達成感しかないから、自分はつくっている時が好きなんだなぁと思います。

——子役のころから、その楽しさは変わっていませんか?

池松: 10代のころはあまり楽しいと思ってやっていなかったんですけど……ここ10年は変わっていないかもしれないですね。いまだに「仕事」をしているという感覚があまりないし、ありがたいことに、好きなことをわりと好きなようにやらせてもらってきたほうだと思うんです。もちろん、創作をしていると苦しいこともたくさんあるんですが、それは好きなもののために苦しんでいる時ですからまた話は別です。

佐藤浩市さん(以下、佐藤):僕は楽日(編集部注:最終日)ですね(笑)。「あー、終わった」「これでもうぶっ倒れても大丈夫だ」って、解放感を感じる瞬間が唯一の楽しみです。撮影中は「あれはああすればよかったかな」「このシーンがこうなるなら、あそこはもうちょっとこうしたほうがよかったな」みたいなことを、ずっと考えているんですよ。最近はあとから後悔することのないように、監督と「本番はこうするかもしれません」「シーン32の振りとして、あそこはこうしておくかも」などと撮影前に話すようにもしているんですが。

——撮影終了を迎えた時には、どんなことを考えるんですか?

佐藤:何かを考えるというか……仕事と仕事の合間の時間が好きなんです。いろんな仕事を掛け持ちしたり、ひとつ終わってまたすぐ次の仕事がなかったりすると不安になる方もいらっしゃるけれど、僕はあんまりそういう感覚がなくて。仕事がない時の三國(連太郎)の姿も見ていたから、それはそれでありだと思えるのかもしれません。

——では、そうした仕事の楽しさを最大限にするためにも、現場で心がけていることはありますか?

佐藤:僕みたいに臆病な人間には、撮りながら作っていくみたいなことは無理なので、撮影に入る前からある程度固めていくようにしています。瞬発的に対応できる天才肌の方もいるけど、僕は準備をきっちりする。……本当は、一回でいいからそういう天才肌のやり方でやってみたいけど……無理だろうな。

池松:いろんなタイプの俳優さんがいるけれど、浩市さんが準備をしっかりされる方だというのはすごく感じます。僕自身は、いろんな取り組み方をしますね。作品や役、ポジションに合わせて、前もって完璧に備えていくこともあれば、撮影と並走してやっていくこともある。いろんなことを試して失敗して、の繰り返しですが。

「選ばれよう」とは思わない。ただ力を尽くすだけ

——俳優は基本的に、オファーが来て初めて仕事が成立する職業だと思います。抜擢されるために、もしくは自分がわくわくするものを自ら選び取れるようになるために、どうすればいいと思いますか?

佐藤:どちらにしても、自分の演技以外の付加価値をきちんと見極めながら、どうして自分にこの仕事が来たのかを考える。そして、ある意味で残酷な理由もすべて受け入れながら、芝居ではそれ以上の答えを提示できるように力を尽くすことですかね。「俺は芝居がいいからこの役が来たんだ」なんて考えるのは、とても愚かしいなと思います。

池松:選ばれたら価値があるとか、選ばれなければ価値がないということでは、決してないですよね。価値ってしょせんその時代や人がつくっているものだし、時代が決める要素が特に大きいものですから。だから、選ばれるために何かをやっている時点で、もう違うというか。選ばれようが選ばれなかろうが、人の物差しにハマる必要はない。それよりも、自分の意志で前に進んでいけることを忘れたくないかなと思っています。

佐藤:考え方は人それぞれ、そのときどきだよね。でも「へぇ、この役に俺を選んだか」って思える仕事は楽しいです。いまの言い方だと、すごく上からに聞こえちゃうかもしれないけど……(笑)。

池松:浩市さん、『オリバー』ですごい格好して変な役やっていますもんね(笑)。

劇中より/©NHK

(ヘアメイク/池松さん:FUJIU JIMI、ヘアメイク/佐藤さん:及川久美、スタイリスト/佐藤さん:喜多尾祥之)(取材・文:菅原さくら、撮影:面川雄大、編集:安次富陽子)

ドラマ10 『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』 シーズン2

©NHK

■放送予定
第5話/27日(火)・第6話/10月4日(火)
午後10:00-10:45(NHK総合)

<再放送> 9月27(火)・10月4日(火)・11日(火) 午後3:10-3:55(NHK総合)

【脚本・演出・編集】オダギリジョー
【制作統括】柴田直之(NHK) 坂部康二(NHKエンタープライズ) 山本喜彦(MMJ)
【出演】池松壮亮、オダギリジョー、永瀬正敏、麻生久美子、本田翼、岡山天音、玉城ティナ、くっきー!(野性爆弾)/永山瑛太/川島鈴遥、佐藤緋美、浅川梨奈/染谷将太/仲野太賀/村上虹郎、佐久間由衣、寛一郎、千原せいじ(千原兄弟)、
河本準一(次長課長)/高良健吾/坂井真紀、葛山信吾、火野正平、竹内都子、
村上淳、嶋田久作、甲本雅裕、鈴木慶一/國村隼/細野晴臣、香椎由宇、
渋川清彦、我修院達也、宇野祥平/松たか子/黒木華/浜辺美波/濱田マリ、
シシド・カフカ、河合優実、佐藤玲/風吹ジュン/松田龍平、松田翔太/松重豊、
柄本明、橋爪功、佐藤浩市 ほか

*葛山信吾さんの「葛」の下の「人」は正式には「ヒ」です
*全エピソードをNHKプラスにて配信
*公式 Instagram アカウント:https://www.instagram.com/nhk_oliver/

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

池松壮亮・佐藤浩市が感じる仕事の楽しさ「人の物差しにハマる必要はない」

関連する記事

記事ランキング