【真木あかりのおやすみ占い】9月11日~9月17日

【真木あかりのおやすみ占い】9月11日~9月17日

今日という1日を終える時、あなたはどんなことを考えますか。何もない普通の日でも、問題続きの日々でも、明日もそれなりに自分らしく元気であるためには、おやすみ前に考えることってけっこう大事です。

カギは、ダメだったことや嫌なことを思い出すのではなく、よかったことを数えて「明日、いい1日にしよう」と思って眠ること。寝ているうちに、脳が記憶を整理しながら明日への準備をしてくれます。そして運も整っていきます。

この「おやすみ占い」は、日曜更新です。月曜から始まる1週間を思いながら、おふとんの中で考えを巡らせると運気向上につながるポイントをご紹介します。もちろん平日に考えても構いません。おふとんから作るあなたの新しい1日が、良いものでありますように。

真木あかりより

きになる星座をチェック

■おひつじ座(3/21〜4/20)
□おうし座(4/21〜5/21)
■ふたご座(5/22〜6/22)
□かに座(6/23〜7/23)
■しし座(7/24〜8/23)
□おとめ座(8/24〜9/23)
■てんびん座(9/24〜10/23)
□さそり座(10/24〜11/22)
■いて座(11/23〜12/21)
□やぎ座(12/22〜1/20)
■みずがめ座(1/21〜2/19)
□うお座(2/20〜3/20)

おひつじ座(3/21〜4/20)

もやん、とした雰囲気が漂う1週間に。ここからしばらくは、「連絡するね」の後の空白が思った以上に長かったり、人の気持ちが見えないと思う頻度が増えたりするかもしれません。そうかと思えば、思わぬ「再会」の暗示も。なぜ今、こういった状況が起こるのだろう。なぜ今、こんな気持ちにさせられるのだろう。そういった「頭で考える理屈」はこの時期、あまり役に立たないのかもしれません。少なくとも相手がいるテーマに関しては、流れに任せてみるのもひとつの、前向きな方策と言えるのだろうと思います。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「待つことも楽しむ」と決める

星座の一覧に戻る

おうし座(4/21〜5/21)

あなたの心の一番繊細なところに反応するものが多そうな時期。美しいもの、楽しいものへの感度も上がる一方で、心をざわざわさせるものにもよく気付いてしまいそう。苦手なものに、わざわざ触れに行かなくても大丈夫です。どうしても気になってしまうことがあるなら、それを考えることを自分に禁じるよりも、「夢中になれることをする」のがおすすめ。泣けるドラマに思いっきりハマるとか、ウィンドーショッピングをして回るとか。心を上手に守っていくことで、嬉しい出来事も増えていくはず。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「自分は自分の、一番の味方」と思っておく

星座の一覧に戻る

ふたご座(5/22〜6/22)

以前、夢中になっていたこと。好きだった人。そうした過去にフッと引き戻されるような気持ちが生まれそう。そして今だからこそ、できることだってあるのだろうと思います。先々のことはちょっと置いておいて、今と過去にとことん向き合ってみるのはいい選択と言えるでしょう。ふたたび触れたいものは偶然巡ってくるのではなく、こちらから接点を持つことがトリガーとなります。物事の進み具合は普段以上にゆっくりの時期。先を急ぎすぎることなく、手を伸ばしていきたいところです。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
どんな自分にもOKを出す

星座の一覧に戻る

かに座(6/23〜7/23)

身近な人を大切にしたいとき。もちろん今もこれまでも大切にしてきたことと思いますが、「気にかけているよ」ということを言葉でも態度でも表してみることで、あなたを取り巻く空気があたたかく、柔らかいものへと変わっていきます。週の後半はちょっと疲れが出やすい予感も。家族やカフェで隣り合った他人など、距離の近い人の振る舞いにイラッとしたら、それはおそらく心が狭いせいでも、誰かが悪いということでもないのだろうと思います。ただ、疲れているだけ。変に自分を責めても意味がない時期ですから、おいしいご飯を食べてよく寝ましょう。冒頭に「身近な人を大切に」と書きましたが、一番身近なのは自分です。しっかりいたわって。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
明日、自分を甘やかすテーマをひとつ決める

星座の一覧に戻る

しし座(7/24〜8/23)

理想が高まるとき。視野が広がって「こんな発想もアリかも」「あんな未来だって目指せるかも」とワクワクしてきそう。この時期、遠くに向かうあなたの目はとてもよく見えるのですが、近くにあるものはちょっぴりピンぼけ……という言い方はよくないですね、ふんわりソフトフォーカスになっている部分があるようです。コミュニケーションについても同じこと。「見たつもり」「わかったつもり」にならないよう、いつもよりまっすぐに物事と対峙すると安心でしょう。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
最近、言われて嬉しかった言葉を思い出す

星座の一覧に戻る

おとめ座(8/24〜9/23)

恋愛運が上昇中。おそらくですが、この時期のあなたは今までとは違った「人の愛し方」を試せるように思います。素直になれずに意地をはりがちだった人は、そんな自分がダメだと否定するよりも「大切だから、こだわりたいんだ」と気づくのかもしれません。自分の思いばかりが先走りがちだった人は「幸せになりたいから、頑張っていたんだ」と自分への理解を進めるのかもしれません。そんな「愛の発想の転換」が、この時期はゆっくりと優しく、あなたの心のなかで起こっていきそうです。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「頑張っている自分を認める」と決めておく

星座の一覧に戻る

てんびん座(9/24〜10/23)

過去と不思議なつながりのある週です。特に恋に関しては、ふと時計を巻き戻して思い出にひたったり、気になっていたことを敢えて蒸し返したり(蒸し返されたり)することも多いのかもしれません。どんなに頑張っても過ぎた時間は戻らないから、私たちは常に前に進もうとします。それがいいことだと思っていたりもします。ただ、もしもお気持ちが向いたなら、この時期は「後ろを振り返る」ことが救いにつながると、思っていらしてください。あなたが前に進むために、必要だから起こっているはずです。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「過去も大事にする」と決めておく

星座の一覧に戻る

さそり座(10/24〜11/22)

心のなかで答えは決まっているものの「果たして、行動に移していいものか」「これは正しいことなのか」と、最後の最後で決めきれない予感。ただ、ひとりで悩みすぎることはないのだろうと思います。自分のなかでとことん考え抜いたのですから、周囲の信頼できる人に意見を聞いたり、力を貸してもらったりしてはいかがでしょうか。幸いにして、今あなたの周りにいる人は、少なくない数の人があなたに協力的なはずです。「サクッと聞いてよ」なテンションが望ましいなら木曜あたりまで、「ディープに語りたい」なテンションであれば金曜以降の相談がおすすめです。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「人の力を借りていい」と思っておく

星座の一覧に戻る

いて座(11/23〜12/21)

人の力になってあげられることが多い週です。もちろん自分のための時間もちゃんと確保していただきたいのですが——いて座は、ときに「私のことはいいから」とすべての時間と労力を捧げてあげることをいとわない人々ですから——直接的に、間接的に、さまざまなシーンで役に立てるのです。ときに、あなたが発言した一言が、誰かを強く勇気づけたり、浄化されるような癒しを与えたりすることにつながっているかもしれません。そうだよね、わかるよといった意思表示が誰かの精神を生かすようなことも、多いのだろうと思います。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「自分の言葉で話す」と決めておく

星座の一覧に戻る

やぎ座(12/22〜1/20)

仕事で想定外の展開に。ここまでどれだけ頑張ったか、時間をかけたかを思うとやりきれない気持ちにもなるかもしれませんが、サンクコストにとらわれてしまうと落ち込む一方で、あまり生産的な展開は望めないでしょう。「じゃあこうしてやるよ!」くらいの勢いで、新たな作戦を練ってみることで、当初よりもさらにいい仕事につなげていけます。むしろ、一度コケたことでリスクを潰せたり、よりあなたの得意分野に近づけられたりするのかもしれません。あなたが機会を活かせないわけないです。大丈夫。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
「何が起きても『大丈夫』にできる」と思っておく

星座の一覧に戻る

みずがめ座(1/21〜2/19)

情報のインプットや、基礎の学び直しといったベースづくりの必要性に迫られそう。ここ最近、知識が不足していることを実感したり、初歩的なことでミスをしたりしていたのなら、いい流れに乗るチャンスだと思って前向きに考えてみるのもいいでしょう。楽しみながらできる方法を考えると、すぐに要領をつかめるはずです。なお、この時期はなぜか「気付いたら出る時間だった」「電車が遅れた」などと、遅刻になりやすいよう。いつもより時間に余裕を持って過ごすとリカバーしやすいはずです。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
今、学んでおきたいテーマについて考える

星座の一覧に戻る

うお座(2/20〜3/20)

恋愛運、対人運がアップするときですが、なぜか相手の言葉のウラばかりを読もうとしたり、相手以外の人が邪魔に思えたりと、心中穏やかでいられない様子。といってもいきなり暗い性格になるということではなく、知らず知らずのうちに深く、踏み込んでものを見ようとする心理がはたらいているのだろうと思います。ただ、そうなってしまうと心もずっしり、発言や態度もずっしりしがちに。ひとりと深くかかわりすぎるよりも、敢えていろいろな人と付き合うようにすると程よく気持ちが分散して、ちょうどよくなるでしょう。

<今週、おふとんのなかで寝る前に考えるといいこと>
リラックスできる香りをかいで寝る

星座の一覧に戻る

(占い:真木あかり、イラスト:オザキエミ)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

【真木あかりのおやすみ占い】9月11日~9月17日

関連する記事

記事ランキング