家にある掃除機 スティック型、キャニスター型 多かったのは?

家にある掃除機 スティック型、キャニスター型 多かったのは?

このたび、LINE株式会社は、同社が保有する約595万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」にて、日本全国の男女を対象に、5月30日(ゴミゼロ)の「掃除機の日」にちなんで、自宅にある掃除機のタイプや掃除機選びで重視するポイントについて調査を行いました。

調査結果を抜粋して紹介します。

「サイクロン式」「紙パック式」どちらが人気?

s1-main

自宅に掃除機があるか、ある場合はどのようなタイプの掃除機なのかを聞きました。複数台ある方には、すべて回答してもらいました。

「自宅に掃除機はない」という人は全体で4.3%と少数。ほとんどの人は自宅に掃除機があるようですが、年代が若いほど「自宅に掃除機はない」人の割合が高くなり、10~20代では約1割となっています。

自宅にある掃除機のタイプで全体TOPとなったのは「【サイクロン式】のスティック型」で4割超でした。全体2位以降は「【紙パック式】のキャニスター型」「【サイクロン式】のキャニスター型」が2割台で僅差となりました。

年代別にみると、すべての年代で「【サイクロン式】のスティック型」が1位に。特に30代で割合が高く5割超となっています。

10~30代の2位は「【サイクロン式】のキャニスター型」で、【サイクロン式】がTOP2を占めています。

一方、40~60代では「【紙パック式】のキャニスター型」が2位。年代が上がるほど高くなる傾向にあり、60代でもっとも高い割合でした。また、「【紙パック式】のキャニスター型」「【サイクロン式】のキャニスター型」は50~60代で高い割合です。

掃除機選びのポイントは?

s2-sub1

次に、自宅用に掃除機を買う場合、重視すると思うポイントを5つまで聞きました。

全体のTOPは「吸引力」で、5割超と高い割合です。2位は「価格」でこちらも4割台と高く、3位以降は「重さ」「手入れのしやすさ」「ごみの捨てやすさ」が3割台で続きます。

年代別では、順位に違いがみられます。10~20代では、「価格」が1位に。ランキング外となったものの、10代男性では「消費電力」が高い割合となりました。

また、10代では「静音性」がランクインしており、特に10代女性で24%と高い割合でした。30代以降では、全体と同じく「吸引力」が1位となっています。特に40代以降で6割超の高い割合。

また、「ごみの捨てやすさ」「充電式 / コードレス」は、特に60代で高い傾向がみられ、「ごみの捨てやすさ」は、年代が上がるにつれて割合が高くなっています。

【調査概要】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~64歳の男女
実施時期:2022年4月7日~2022年4月11日
有効回収数:5254サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なったりする場合があります

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

家にある掃除機 スティック型、キャニスター型 多かったのは?

関連する記事

記事ランキング