提供:株式会社協和

目指すきれいを叶えるのは、好奇心と行動力! おぐねぇーのスキンケアレッスン

目指すきれいを叶えるのは、好奇心と行動力! おぐねぇーのスキンケアレッスン

2月22日(火)に開催された、無料オンラインイベント「春のfracora美活部」。ゲストにヘアメイクアップアーティストのおぐねぇー(小椋ケンイチ)さん、薬剤師の大久保愛さんを迎え、スキンケアや腸活についてたっぷりお話しいただきました。

【関連記事】腸活のポイントは? 薬剤師・大久保愛さんに聞く

この記事では、おぐねぇーさんによる美肌のためのスキンケア解説について紹介します。何かと慌ただしい朝の準備。しっかりポイントを押さえれば、メイクの時短にもつながるかも。

美容液は体温で押し込む

今回の美活部では、朝のスキンケアとベースメイクまでのプロセスを紹介していきます。ウルトラ乾燥が厳しかったこの冬! 肌にはたくさんの負担がかかっています。なので、しっかり乾燥対策のお手入れをしていきましょう。

まずは、ブースターとして使用する美容液。洗顔後のまっさらな状態の肌に押し込むようにつけていきます。広げるように伸ばしてしまう人もいるのだけれど、僕のポイントは、その場でギュッと押し込むこと。手のひら全体で包み込むようにプレスするんです。この時、手の温度もポイントになるので、手が冷たい人はあらかじめ温めておきましょうね。

水分を十分に押し込めたと感じたら、もうひと手間。改めて肌に触れて、乾燥している部分がないかチェックしましょう。乾燥している部分に気づいたら、ちゃんとうるおったなと感じるくらい美容液を重ね付けしてください。日中、外気や刺激にさらされ続けるお肌にとって、この段階が一番大事。手を抜かないでやってみてくださいね。

顔の線が気になる部分にアイクリーム

僕は、目元ケアアイテムをにっこり笑った時にできるこめかみのシワの部分にまで塗ります。みなさん、目の周りだけに使っていると思うけど、大人になるとこめかみのあたりもシワシワしてきちゃうんですよ。なので、顔の横までしっかり塗ってあげます。僕は、眉間の縦皺ができやすいので眉間に塗ることもあります。

そして、ほうれい線にも。ほうれい線って、全部に塗りたくなりがちですが、実は一番上のスタートのラインがポイントなの。そこをしっかりうるおわせてハリを持たせてあげると、全体がクッと持ち上がります。

保湿クリームはポンポンポンっとスタンプ付け

最後に、保湿にクリームで蓋をしてあげましょう。ちょっと膜を作ってあげたい感じだから、クリームはたくさん塗り込まなくても大丈夫。僕はスタンプ付けと呼んでいるんだけど、ポンポンポンと気になるところに指でつけたら、手のひらで包み込んで伸ばしてあげるだけ。これで完成です。

朝のお手入れにあまり時間をかけられないかもしれないけれど、ポイントをちゃんと押さえると、時間もアイテムのポテンシャルも無駄にせずにすみますよ。水分がしっかり入ったことを感じる肌なら、ファンデーションを薄くしてみようかなと思えるはず。メイクの時短にもなりますよね。

化粧下地で作る“つるんと小鼻”

ここまで終えたら、ベースメイクに入ります。まずは化粧下地。BBクリームなんかもそうだけど、肌の色に近いベースのものを使えば、下地で十分きれいなお肌に見せられます。付け方のポイントは、べったりではなくポンポンポンっと均一な量を気になる箇所につけるだけ。べったりつけると重くなりすぎてしまうので、注意して。均一につけたら、顔の中心から外側にちょっとずつ伸ばしていくの。

特に、小鼻のきわに塗るときは上から下ではなくて、下から上に毛穴に逆らって入れ込んでください。そうするとつるつるに仕上がりますよ。僕は、タレントさんや女優さんのメイクをする時もこのテクニックを使っています。必要以上に小鼻を触る人だと思われているかもしれない(笑)。でもね、小鼻の黒ずみや毛穴は特に目立つ場所だから、とにかく隠したいですよね。だからここは丁寧にやってみて。

下地を塗るのに、スポンジは不要です。手だけでもきちんと塗り込んであげればお肌に健康的な印象を与えることができますよ。

コンシーラーは、広げない

下地まで塗り終えたら、次はコンシーラーを使います。スティックタイプが便利ですよ。カバー力も高いし、お絵描きをするような感覚で使いやすいから。目の下のくま、瞼のくすみ、小鼻まわりの赤み、頬のシミ、口元……など、気になるところに直接塗ります。

この時に気をつけたいのは、広げないこと。広げるとただのファンデーションに変わっちゃうの。コンシーラーの役割は、カバー。隠したいところに乗せたら、垂直に叩き込むだけでいいのよ。叩き込みすぎても馴染んでしまって、コンシーラーの意味がなくなっちゃうので、アラが消えたなと思ったらすぐに触るのをやめてください。

コンシーラー選びのポイントは、2つ。まず、迷ったら、自分の対象年齢よりも上のブランドを選ぶこと。美容成分が豊富に入っているので、今のお肌悩みのその先の悩みの対策にもなります。

それから、素肌よりワントーン暗い色を選ぶこと。みんな明るい肌に憧れて、明るい色を選んでしまいがちなんだけど、明るいと隠すものも隠せなくなっちゃうんですよ。反対に、濃い色であれば、シミくすみ、そういったトラブルを抑え込んでくれますよ。

眉毛に赤みをプラスでトレンドを取り入れて

最後に眉毛についてお話しします。まず、全体の輪郭はパウダーで描きます。ちょっと太めに描いても自然な仕上がりになります。いきなりペンシルを使うと「描きました!」ってわざとらしい眉毛になりがちなの。だから、パウダーでガイドラインを作りながらぼかして、足りないところだけペンシルで書き足しましょう。

今年の春の特徴で面白いのは、眉毛にちょっとだけ赤みを入れるんです。今日、僕が持ってきたのは、紫色の眉マスカラ。「紫色の眉毛? なんだかちょっと怖そう」って思うでしょう? でも、黒い眉に塗るから、肌に少し赤みが入った感じになって健康的で優しそうに見えるの。

好奇心が、目指すきれいにつながる

スキンケアとベースメイクの紹介はここまで。以前の美活部に参加してくれた人が、「おぐねぇーさんのアドバイスを参考にしています」「紹介していたアイテムを購入しました」という声をくれたんだけど、僕はそれを聞いて「エライ! 進歩した!」って思った。

もうこの年齢だから、じゃないんだよね。やってみたいという好奇心や行動力が、目指すきれいに近づけてくれると思います。とにかく自分の顔で挑戦してみるって大事なことですよ。ぜひトライしてみてくださいね。

おぐねぇーさん紹介アイテムはこちら

美容液/ヒト幹細胞培養エキス原液、ディープ プラセンタエキス原液(ともに、フラコラ)
アイクリーム/EYE TARGET(フラコラ)
保湿クリーム/ヒト幹細胞培養エキス タイムレスリペアワン(フラコラ)
化粧下地/プリマヴィスタ ディア 明るさアップ化粧下地<カバーアップ>(花王)
コンシーラー/ブライトアップファンデーション Y-1 、Y-2(カバーマーク)
アイブロウパウダー/ケイトデザイニングアイブロウN EX-4ライトブラウン系(カネボウ化粧品)
アイブロウペンシル/コフレドール グラン ソフトペンシルアイブロウ BR-01(カネボウ化粧品)
眉マスカラ/ケイト3Dアイブロウカラー PU-1(カネボウ化粧品)


*本イベントは、フラコラを展開する株式会社協和が主催しております。そのため、フラコラを使用したスキンケア法を紹介しておりますが、その他のブランドのアイテムはおぐねぇーさんの私物となります。

■フラコラライブショッピング、次回は…
「fracoraご愛顧感謝キャンペーン第三弾」
開催日時:2022年3月24日(木)16時〜
参加方法:以下URLをご確認ください。
配信URL:https://live.fracora.com/#schedule

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

目指すきれいを叶えるのは、好奇心と行動力! おぐねぇーのスキンケアレッスン

関連する記事

記事ランキング