今後、副業をやってみたい人の割合は? 転職の際に重要視する?【女の転職typeが調査】

今後、副業をやってみたい人の割合は? 転職の際に重要視する?【女の転職typeが調査】

このたび、キャリアデザインセンターは、運営する女性に特化した転職サイト『女の転職type』にて、女性746名を対象に「副業」に関するアンケート調査を実施しました。調査結果をご紹介します。

副業の経験は?

fukusub1

副業の経験の有無について聞いたところ、「ない」が66.0%、「ある」が34.0%でした。約3人に1人に副業経験があることがわかりました。

どんな副業をしましたか?

fukusub2

副業経験者に複数回答で、具体的な仕事について聞いてみると、最も多くあがったのが「販売・サービス職関連」35.4%でした。2位以降は「事務関連(データ入力、翻訳など)、「制作関連(ライティング、デザイン、映像など)」、「アフィリエイト、アドセンス」など在宅でできる内容が多い傾向がありました。

収入はどのぐらい?

fukusub3

副業経験がある人に「月いくらぐらいの収入があったか」を聞いたところ、1位が「1~4万円」53.8%、2位「5~9万円」28.1%、3位「10~19万円」7.2%となりました。

平均は6.2万円でした。副業での収入が10万円以下の人が8割以上とほとんどではあるものの、中には20万円以上の副業収入を得ている人もいることがわかりました。

副業をやってよかったと思うこと

fukusub4

副業経験がある人に、副業をやってよかったことについて聞くと、1位「収入が増えた」72.8%でした。2位「視野が広がった」34.6%、3位「スキルが身についた」31.1%でした。一方、副業をやっても「よかったことはない」と感じている人が5.5%いました。

今後、副業をやってみたい?

fukusub5

副業をしたことがない人に、今後副業をやってみたいか聞いたところ「機会があればやりたい」が58.9%で1位という結果に。2位「ぜひやりたい」32.8%と合わせると、副業に前向きな人が9割以上になることがわかりました。

職場は、副業OK?

fukusub8

現在の職場では副業が可能かどうか聞いてみると、「副業OK」37.1%、「副業不可」36.0%と、OKの方が僅差で多い結果でした。「わからない」も27.0%いることから、副業をやりたい人は多いものの、副業ができる環境が整っているとは言い切れない様子がうかがえました。

転職の条件に副業の可否は重要ですか?

fukusub9

転職先が副業OKか否かは、入社を決める際に重要な条件となっているかを聞くと、「あまり重要ではない」が42.6%と最多でしたが、「やや重要」「非常に重要」と答えた重要派も半数近くおり、副業ができるかどうかは会社を選ぶ際の重要な要素の1つとなっていることがわかりました。

■調査概要:第45回「副業したことある?」 / データで知る「女性と仕事」
調査期間:2022年1月25日~2月7日
有効回答数:746名
調査対象:『女の転職type』会員
調査方法: Web上でのアンケート
出典:女の転職type https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-45/

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

今後、副業をやってみたい人の割合は? 転職の際に重要視する?【女の転職typeが調査】

関連する記事

記事ランキング