『失恋めし』インタビュー

広瀬アリス・井之脇海が届けるおいしいごはんと失恋の物語。ドラマ『失恋めし』インタビュー

広瀬アリス・井之脇海が届けるおいしいごはんと失恋の物語。ドラマ『失恋めし』インタビュー

つらい時、美味しいごはんがあれば、少しだけ前を向けるかもしれない——。失恋と忘れられない思い出の味が交差する、「心に美味しい」ドラマ「失恋めし」が1月14日(金)に、Amazonプライム・ビデオで独占配信されました。主人公で「食と失恋」をテーマに漫画を描くイラストレーター・キミマルミキを演じた広瀬アリスさんと、花屋で働く「青年」役で出演する井之脇海さんに話を聞きました。

「明日も頑張ろうかな」と思ってもらえたら…

——本作の原案は木丸みさきさんの同名コミック『失恋めし』(KADOKAWA)です。「失恋と食」がテーマになっていて、連載中は「安易にやけ食いに走らないこと」「読んだ人が前向きな気持ちになれること」を意識されていたとか。ドラマでもその世界観が反映されていたように感じます。お二人は、脚本を読んでどんなことを感じましたか?

広瀬アリスさん(以下、広瀬):失恋と聞くと、ネガティブなイメージを持ってしまいがちですが、このドラマのもう一つのテーマである「食」とつながることで、それだけではない一面を伝えられるのではないかと思いました。「失恋を乗り越えて大きく成長する!」というより、美味しいものを美味しいと感じながら食べることで少しだけ気持ちが軽くなって「明日も頑張ろうかな」って思えるのではないかと。演じるうえでもその気持ちを大切にしました。

井之脇海さん(以下、井之脇):僕も、失恋というテーマはどうしても誇張されがちな気がしていて。タイトルを聞いたときは、どんな作品になるんだろうと思ったのですが、多くの人が経験したことのあるはずの「失恋」に寄り添ってくれるような……。ある種の寂しさを共有できるような作品になっているのではないかと思いました。

7091

嫌な女の子に見えないようにしたい

——それぞれの役についてはどのように解釈しましたか?

広瀬:私は、街のフリーペーパーで「失恋めし」を連載するイラストレーター・キミマルミキを演じています。彼女は漫画のネタのために失恋を探しているので、演じるうえでは、嫌な女の子に見えないように気をつけました。

——仕事のために人の不幸を探している、という見え方もありますもんね。

広瀬:そうなんです。そこをいかに、嫌味っぽくなくできるか。純粋な探究心が原動力だと伝わるように表情を数テイク撮ったりもしました。あとは、美味しそうに幸せいっぱいにご飯を食べてくださいと言われたので、そこも気をつけてというか、そこは自然に……ふふふ。

井之脇:本当に美味しそうな表情なので、ぜひ注目していただきたいです。僕は役作りについては、等身大の自分に近いなと思いました。なので、自分になりすぎないように気をつけました。

——どんなところが似ていて、どう違いを作りましたか?

井之脇:似ているのは、好きなものに対して集中するあまり周りのことが見えなくなってしまうところです。花屋の「青年」は花が好きで、僕は映画やお芝居が好きなので。それから、自分で言うのはちょっと恥ずかしいのですが……柔らかい雰囲気も似ているなって。

広瀬:柔らかい雰囲気、わかる! 私も台本を読んで、「青年」は井之脇さんにぴったりだと思いました。

井之脇:ありがとう。なので、歩くスピードや話すテンポなどアウトプットの部分で、自分と「青年」の違いが出るように意識しました。

劇中より

劇中より

のびのびと芝居ができた現場で感じたこと

——今、ぴったりだと思ったとおっしゃいましたが、共演した印象はいかがですか?

広瀬:井之脇さんのこの柔らかい雰囲気とか、優しい声の感じが「青年」そのものでした。実際にお会いしたときに「うん、やっぱり!」と確信しました。

井之脇:僕もキミマル先生の役は広瀬さんにぴったりだなと思いました。でも、この役って実は難しかったと思うんです。キミマル先生は、コミカルなシーンも多いのですが、演技が過剰になってもいけないし……。バランスがすごく難しいだろうなと。だけど、現場に入ってみたら広瀬さんが見事なバランスで演じていたので、僕はそのキミマル先生にいい反応を引き出されながらお芝居ができました。

——本作は、映画『私をくいとめて』(2020年)などで知られる、大九明子さんが監督を務めています。監督とお仕事をして印象に残っていることはありますか?

広瀬:監督は、役者がのびのびとお芝居できる環境を大事にしてくださいました。たとえば、感情を動きで表現するシーンなどは、長回しで撮るとか。喜びながらぐるぐると家の中を歩き回って、でも最後に落ち込むことを思い出してポロッと涙を流すようなシーンで、最初から最後までカメラを回してくださったんです。演じている私としては、つながっているほうが気持ちも自然に切り替えられるのでありがたかったです。

あと、ちょっとしたハプニングなんかも採用してくださって。2話で焼き鳥を食べるシーンが出てくるのですが、なかなか串から外れなくて。そんなハプニングもそのまま(笑)。そんなリアルで自然な表情も「いいと思います!」とOKを出してくれたのが印象的でした。

井之脇:僕は以前から大九監督の作品を拝見していたので、監督の作品に参加できるのが楽しみでした。どの作品も登場するキャラクターたちが本当に自由にのびのびと、作品の中で生きているように感じられるんです。今回、その理由がわかった気がしました。

監督は常に、役者やキャラクターに寄り添ってくださって、どんな意見も尊重してくださるんです。もちろんその中で取捨選択があるわけですけれど。役者のやりたいことだったり、先ほどの広瀬さんのようなハプニングも丁寧に拾ってくださる。監督との役作りはとても楽しかったし、ありがたい時間でした。大九組に参加できて良かったです。

7111

ドラマの見どころは?

——ドラマの見どころについてもお話いただけますか?

広瀬:お腹がすくドラマです(笑)。見ていて何か食べたくなるようなドラマになっていると思いますし、ちょっと気持ちが明るくなる要素も入っています。イヤなことがあったとしても、このドラマを見たから柔らかい気持ちで眠れそうだなって思えるような。そんな作品だと思います。柔らかくてやさしいだけではなく、個性的なキャラクターも登場するので、皆さんとのやりとりも楽しんでいただきたいです。

井之脇:僕としては、やっぱり広瀬さんが美味しそうに食べる姿。それだけで10話見る価値があると思います。本当に。

広瀬:ふふふ。ありがとうございます!

井之脇:あとは、花屋のシーンにも注目してもらえたら嬉しいです。よく見ると、なかなか目にしないようなお花が置いてあるんです。南半球にしか咲かない花とか。花屋だけ名前を変えていますが、実在するお店をロケ地に使わせていただいているので、興味を持ったらロケ地巡りとか、ご飯を食べに行ってみるのもいいと思います。そういう意味では、ドラマの世界と日常の境目があいまいで、作り手と見る側がお互い寄り添い合うような感覚のドラマになっていると思います。

——第1話に登場するサバの味噌煮が美味しそうだなと思ってたんですよ。

広瀬:最高でした! 失恋の話を聞かせてもらいながら、美味しいサバの味噌煮を食べるという。それが初日だったんですけど、いいスタートを切ったなと思いました(笑)。

劇中より

劇中より

二人の「〇〇めし」は?

——最後にお二人の「〇〇めし」があれば教えてください。

広瀬:私は普段、食事制限をしているのですが、疲れたときとか、元気を出したいときは、お肉を食べます。最近は豚肉にハマっていて、グリルにしたり、豚肉専門の焼肉店に行ったりしています。なので、私の「元気めし」はお肉です。「失恋めし」にも焼き小籠包が出てくる回があるのですが、美味しくてずっと食べ続けちゃいました。持ち帰り用に包んでもらったくらいです。制限しなきゃ……と一瞬よぎりましたが、食べる幸せのほうが勝っちゃいました(笑)。

井之脇:わかる! 出てくる料理がどれも美味しかったです。僕も何品か食べさせていただいたのですが、撮影後に完食しました。僕自身の「〇〇めし」は、何だろう……。僕、同じものを食べ続けても平気なんです。2日くらい休みがあると、寸胴鍋で鶏のスープを大量に仕込んで、朝昼晩、朝昼晩、6食みたいな。食べることは好きなのですが、作る時間がもったいないと感じてしまって。だから「ズボラめし」でしょうか。でも栄養バランスも考えて作るので……「効率めし」かな。「効率めし」にします(笑)。

7061

(取材・文:安次富陽子、撮影:面川雄大)

■作品情報

『失恋めし』
1月14日(金)Amazonプライム・ビデオにて全10話一挙独占配信
※読売テレビ7月放送予定
出演:広瀬アリス 井之脇海
原案:木丸みさき『失恋めし』(KADOKAWA刊)
制作著作:読売テレビ

©木丸みさき・KADOKAWA/ytv

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

広瀬アリス・井之脇海が届けるおいしいごはんと失恋の物語。ドラマ『失恋めし』インタビュー

関連する記事

記事ランキング