約8割の女性がマスク生活による肌荒れを実感

約8割の女性がマスク生活による肌荒れを実感

美容脱毛サロン『ミュゼプラチナム』を運営する株式会社ミュゼプラチナムは、「今日の私ちょっといいかも。」をコンセプトにした美容情報メディア「mismos(ミスモス)」にて、マスク事情に関するアンケート結果を発表。

全国の女性ミュゼプラチナム会員1444人を対象に調査を行った結果、約8割の女性がマスク生活による肌荒れを実感していることなどがわかりました。

ほぼ毎日マスク生活

main

まず、マスクをつける頻度について質問をすると、1日につけている時間は違いますが、91%が「ほぼ毎日つけている」と回答しました。

マスク生活による肌トラブルは?

sub1

続いて、マスク生活による肌トラブルがあるかどうかを聞くと、68%が「ある」と回答。「以前はあったが改善した(10%)」を合わせると78%(約8割)が、これまでにマスク生活による肌荒れを実感していることがわかりました。

sub2

また、どんな肌トラブルがあったのかを質問すると、「ニキビが増えた(33%)」が最多に。マスク内の湿度や汗、皮脂バランスが崩れやすいことが原因と考えられるトラブルが多いようです。

対策はシンプルに“スキンケアの見直し”

sub3

一方のマスクによる肌荒れが「ない」と答えた22%の方に、肌トラブルが起こらない秘訣について聞いてみました。すると、「スキンケアをしっかり(17%)」、「マスクを常に清潔に(16%)」、「ファンデーションをあまりしない(14%)」が僅差で続く結果に。

また、「肌との接触が少ないマスクを探して、あまり刺激を与えないように気をつけています!」「不織布マスクと肌の間に、ガーゼを当てているから荒れないのかも?」といった回答も寄せられ、マスクを清潔に保つことや少しの工夫が大切だということが伺えます。

その他の声

・毎日フェイスパックをして、しっかりと保湿するようにした。鼻の下や顎など、ニキビの出やすい箇所は日焼け止めのみにして汗でメイクが溜まらないようにしました。

・外出時でも仕事のみの時は、マスクをあまり外さないのでメイクを控えめに。(しても目元のみ!)予定がある時も、直前に化粧をして帰宅後すぐに落とすことを徹底した。

・皮膚科に行って薬をもらいました。それと同時に、基礎化粧品をよりこまめに使うように心がけました。

【調査概要】
調査日 :2021年7月14日~7月20日
調査方法 :インターネット調査
調査人数 :1,444名
調査対象 :全国の女性ミュゼプラチナム会員
本記事の調査結果・グラフはすべて 「mismos調べ」によるものです。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

約8割の女性がマスク生活による肌荒れを実感

関連する記事

記事ランキング