毎年冬に新調するインナーの枚数は「2、3枚」 インナー選びのお悩みは…?

毎年冬に新調するインナーの枚数は「2、3枚」 インナー選びのお悩みは…?

肌着メーカー白鷺ニット工業株式会社が運営する、肌着ブランド「HAKURO(ハクロ)」は、全国30代~60代の女性300名を対象に「インナー・肌着に関する意識調査2021」を実施しました。

調査結果によると、40代女性の90%が加齢による肌の変化を感じていることなどがわかりました。

加齢で肌(ボディ)に変化を感じますか?

isub1

「加齢による肌(ボディ)の変化を感じていますか?」と聞いたところ、40代と60代で「ものすごく感じる・やや感じている」と回答した人が多く、どちらも90.6%という結果になりました。

30代の「感じる」と答えた人の合計70.7%と比較すると、30代と40代の間では肌変化を感じる人の差が2割ほどあることがわかりました。

肌着・インナーに変化は?

isub2

「加齢とともに、肌着・インナーについて感じる変化はありますか?」という質問には、「乾燥などによるかゆみを感じるようになった」が全体で最も多くあがりました。また「乾燥などによるかゆみを感じる」人や「縫い目やタグなどの肌当たりが気になる」人は、40代以降に増加する傾向に。

インナー選びのこだわりは?

isub3

「肌着・インナー選びで拘っていることはありますか?」と聞いたところ、1位「価格が手頃」(78.0%)、2位「着心地・フィット感」(65.3%)3位「素材」(62.3%)となりました。

冬用の機能性インナーの所有枚数は?

isub4

「冬用の機能性インナーを何枚持っていますか?」と聞いたところ、多い順に、1位「2〜3枚」(43.3%)、2位「4〜5枚」(34.7%)、3位「8枚以上」(7.7%)という結果になりました。

毎年新調する枚数は?

isub5

また、「毎冬に肌着・インナーを何枚新調しますか?」という質問には、「2〜3枚」(60.7%)が最も多く、「新調しない」(16%)、「1枚」(14.7%)と続きました。

冬用の機能性インナーのお悩みは?

isub6

「冬野機能性インナーによる悩みはありますか?」と聞くと、1位「静電気」(90%)、2位「かゆみ」(77%)、3位「乾燥」(61%)、4位「蒸れる」(59%)となり、全体の90%が、「静電気」の悩みをあげていました。

■ 調査概要
表題   :インナー・肌着に関する意識調査2021
調査対象 :30代〜60代 女性
調査地域 :全国
調査方法 :インターネット調査
調査日時 :2021年10月15日(金)~2021年10月18日(月)
調査人数 :300名

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

毎年冬に新調するインナーの枚数は「2、3枚」 インナー選びのお悩みは…?

関連する記事

編集部オススメ

2022年は3年ぶりの行動制限のない年末。久しぶりに親や家族に会ったときにふと「親の介護」が頭をよぎる人もいるのでは? たとえ介護が終わっても、私たちの日常は続くから--。介護について考えることは親と自分との関係性や距離感についても考えること。人生100年時代と言われる今だからこそ、介護について考えてみませんか? これまでウートピで掲載した介護に関する記事も特集します。

記事ランキング