今年の忘年会の予定は? 開催するとしたら気になりそうなこと

今年の忘年会の予定は? 開催するとしたら気になりそうなこと

もうすぐ年末。緊急事態宣言や時短営業なども解除されましたが、忘年会の予定に悩む人も少なくないのでは?

マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると、今年の忘年会は今のところ「予定なし」が7割超だったことなどがわかりました。同社の調査結果を紹介します。

忘年会の予定は?

bsub1

まず、今年の忘年会の予定について聞いたところ、「対面・オンラインでの忘年会の予定はない、検討していない」が77.4%でした。「対面の忘年会のみ予定・検討している」は19.8%で、「オンラインの忘年会のみ予定・検討している」は2.2%でした。

忘年会に対する気持ちは?

bsub2

続いて、忘年会に対する気持ちを聞くと、「今年は忘年会ができそうで嬉しい・ぜひやりたい」が8.0%、「ちょっと考えるが行くと思う」が9.1%で、参加に対して積極的な人は17.1%という結果になりました。

「人数や場所によるのでどちらともいえない」と迷っている人は18.7%、約半数は「もともと忘年会には行きたくない」と、そもそも忘年会に対して消極的な様子でした。

なるべく少人数で、コロナ対策をしているところ

bsub3

どのような忘年会が良いと思うか聞くと、「なるべく少人数がいい」(41.0%)という声が最も多く、「コロナ対策をしっかりしているところ」(25.4%)と続きました。他には、「久しぶりに会う人と飲みたい」(20.5%)、「客がマナー・節度を守っている店が良い」(20.1%)、「個室で飲みたい」(17.6%)などがあがりました。

忘年会で気になりそうなことは?

bsub4

気になること・もやもやしそうなことでは、「忘年会中マスクを外したままの人が気になる」(16.5%)、「忘年会中マスクを外したまま話してしまいそう」(16.3%)など、マスクの付け外しに関することや、「忘年会の予定があることを人に言いづらい」(15.3%)、「忘年会に誘うと非常識と思われそう」(14.1%)など、忘年会をすること自体に対して周りにどう思われるかという不安を感じる様子もありました。

■調査概要
調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 20~69歳の男女
調査期間  : 2021年11月19日(金)~11月21日(日)
有効回答数 : 本調査1,100サンプル                  
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

今年の忘年会の予定は? 開催するとしたら気になりそうなこと

関連する記事

記事ランキング