女性社員の活躍・定着に取り組んでいる企業、2018年より減少傾向に。課題は…

女性社員の活躍・定着に取り組んでいる企業、2018年より減少傾向に。課題は…

「女性活躍」といっても、まだ「本当に?」と思うようなことも多く起こるのが現状。企業ではどのような取り組みが行われているのでしょうか。

このたび、エン・ジャパンは運営する人事向け総合情報サイト『人事のミカタ』(https://partners.en-japan.com)上でサイトを利用している企業の人事担当者を対象に「女性の活躍推進」についてアンケート調査を行ない、415社から回答を得ました。調査結果を抜粋して紹介します。

女性社員の活躍・定着に取り組んでいる企業は増えた?

g1

女性社員の活躍・定着に取り組んでいるか伺ったところ、41%が「取り組んでいる」と回答。前回2018年に実施した調査と比較し、11ポイント減少しました。

g2

また、2021年の結果を企業規模別で見ると「取り組んでいる」と回答したのは、従業員数301名以上は71%(2018年:66%)、従業員数300名以下は34%(同:49%)でした。特に中小企業での取り組みに課題があることが分かりました。

「取り組んでいる」と回答した企業の具体的な取り組み

g3

女性社員の活躍・定着に「取り組んでいる」と回答した企業に、具体的な取り組みについて伺いました。トップ3は2018年の調査と同様「出産・育児をサポートする福利厚生制度の充実」(2021年:72%、2018年:67%)、「時短勤務・テレワークなどの勤務形態の多様化」(同:60%、52%)、「管理職への積極登用」(同:50%、44%)でした。引き続き、育休へのサポートや復帰後の勤務形態の多様化に対応することで、女性社員の活躍・定着を後押しする考えの企業が多いようです。

課題は「ロールモデルが少ない」こと

kadai

「女性社員の活躍・定着に対して、課題と感じられることはありますか?」と伺ったところ、「社内に女性のロールモデルがいない(少ない)」(2021年:43%、2018年:19%)、「女性社員の意識」(同:43%、37%)が上位となりました。

特にロールモデルの不在については、2018年の調査と比較して24ポイント増加し、課題ととらえる企業が増えたことが伺えます。一方、2018年の調査で第1位だった「女性社員の目標設定」(2021年:21%、2018年:45%)は大幅に減少しました。

「社内にロールモデルがいない(少ない)」と回答した企業

・差別をするわけではないが、お局化してしまっている社員が多数おり、扱いが難しい。(サービス関連/101~300名)

・家庭中心の社員がほとんどで、管理職以上の昇格を望んでキャリアを築く女性が少ない。(メーカー/301~1000名)

「女性社員の意識」と回答した企業

・家事育児については、女性が中心となって担うという意識がまだまだ男女ともにあり、女性社員のパートナーの協力やパートナーの職場の理解が得にくい。(サービス関連/1~10名)

・家庭に重きを置き、仕事で活躍することを希望していない女性が多い。(金融関連/1001名以上)

「仕事内容」と回答した企業

・報道の仕事を行なっており、深夜勤務を週に1度必ず入れなければならない。若いうちは良いが、年齢を重ねると負担だという声をよく聞く。(広告・出版・マスコミ関連/31~50名)

・ビルメンテナンス部門では夜勤があり、女性社員への配慮の面で対応できていない部分がある。(不動産・建設関連/1001名以上)

「経営層の意識」と回答した企業

・経営陣を含めて考えが変わらなければ、企業が変わるわけもない。会社の方向性についていろいろ提案しても、聞く耳を持たない。(サービス関連/1~10名)

・社内全体で、女性はアシスタントという認識を変えていかなければならない。(商社/51~100名)

【調査概要】
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:『人事のミカタ』を利用する企業
有効回答数:415社
調査期間:2021年2月3日~3月9日

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

女性社員の活躍・定着に取り組んでいる企業、2018年より減少傾向に。課題は…

関連する記事

記事ランキング