自然や癒しを求める「ひとり旅」がこれからのスタイルに? 旅メディア・「ことりっぷ」が調査

自然や癒しを求める「ひとり旅」がこれからのスタイルに? 旅メディア・「ことりっぷ」が調査

昭文社が運営する旅メディア「ことりっぷ」は、読者(WEB会員など)を対象に、旅のスタイル、意識に関するアンケート調査を実施。これからの暮らしの中で重視するテーマやキーワードについて調査しました。

調査結果を抜粋してご紹介します。

これまでは「友人と」。これからは…

tabi1

「これまでの旅は主に誰と行っていましたか?」(複数回答)の設問に対しては、「友人との旅」が57.5%と最も多く、「ひとり旅」(53.7%)、「配偶者・恋人とのふたり旅」(48.6%)と続きました。

tabi2

「これからの旅は主に誰と行きたいですか?」(複数回答)という設問に対しては、「ひとり旅」が最も多く増え62.0%と8%上昇。一方で「友人との旅」が47.0%と10%下降しました。「家族旅」は47.6%から37.4%と10%下降。「配偶者、恋人とのふたり旅」は大きな変動はありませんでした。

また、フリー回答では、「ひとり」「気楽」「気まま」「自分のペース」「コロナ禍」「少人数」などのキーワードが多く頻出しました。

これまでの旅の目的トップは…

tabi3

「これまでの旅の目的、スタンスのなかで近いと思うテーマを教えてください」(5つまで選択可能)の設問では、「観光スポットめぐり旅」が71.2%と最も多く、「大自然・絶景癒し旅」(49.7%)、「食べ歩きカフェ・グルメ旅」(45.5%)、「のんびり温泉宿旅」(41.4%)と続きました。

tabi4

一方、「これから行きたい旅の目的、スタンスのなかで近いと思うテーマを教えてください」(5つまで選択可能)の設問では、「大自然・絶景癒し旅」(54.5%)が5%上昇し最も多くなりました。続く、「のんびり温泉宿旅」(51.0%)は10%上昇、「プチ贅沢旅」(49.2%)が16%と急上昇しています。ほかにも、「穴場スポットめぐり旅」(29.1%)が9%上昇。これまでの旅では0.5%と関心の低かった「移住・田舎暮らし体験」は10倍の5.1%に上昇しました。一方で「観光スポットめぐり旅」が30.4%と41%下降しました。

ことりっぷ編集部が注目するキーワード

今回の調査結果についてことりっぷ編集部 編集長の中山優子さんは、下記のようにコメントしています。

今回のアンケートを通じて、「旅」に求める想いと、日々の「暮らし」に求める想いには共通項が多く、色濃く反映されていることがわかりました。私たちのライフスタイルにおいて「旅」はとても大切な時間であることをあらためて再確認しました。「大切な時間をより自分らしく、より有意義なことに使いたい。ライフスタイルをより豊かにしていきたい」という想いがコロナ禍でより顕在化したともいえるのかもしれません。

ことりっぷ編集部では、「旅する人に小さなしあわせを届ける」というミッションの実現に向けて、今まで以上に読者の気持ちに寄り添った「癒やし」「のんびり」を感じ、旅と日々の暮らしの中でも旅気分を感じることができる情報を提供していきたいと思います。また上昇している「ひとり旅」「自然」「移住・田舎暮らし体験」などはコロナ禍あとの旅を象徴するキーワードとして注目していきます。

■調査概要
調査テーマ:あたらしい旅のカタチ
調査手法:インターネット調査(マクロミル アンケートツール「Questant」使用)
調査地域:全国47都道府県
調査対象:ことりっぷ読者
調査期間:2020年12月8日(火)~12月22日(火)
有効回答数: 626サンプル

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

自然や癒しを求める「ひとり旅」がこれからのスタイルに? 旅メディア・「ことりっぷ」が調査

関連する記事

記事ランキング