エンジニアって、どんなイメージ? 転職サイト『女の転職type』が調査

エンジニアって、どんなイメージ? 転職サイト『女の転職type』が調査

男性中心のイメージが強い「エンジニア」ですが、「長く働くことができそう」「スキルが身に付きそう」といったイメージもあります。

正社員で長く働きたい女性のための転職サイト『女の転職type』を運営するキャリアデザインセンターは同サイトの会員を対象に、アンケートを実施。第14回「エンジニアってどんなイメージ?」の調査結果を発表しました。調査結果をご紹介します。

エンジニアのイメージ第1位は「難しそう」

「「エンジニア」という職業にどのようなイメージがありますか?」(複数回答可)と聞いたところ、「難しそう」が61.4%で1位となりました。続いて、「理系」(54.5%)、「手に職」(49.4%)となりました。「楽しそう」はわずか6.0%となり、ハードルの高い職種ととらえている人が多いようです。

エンジニアになってみたいですか?

「実現性はさておき、「エンジニアになってみたい」という興味はありますか?」という質問には、「どちらかというとある」が28.8%と最多となりました。「興味あり」は41.5%、「興味なし」は38.3%とほぼ半々でした。

「どこでも通用するスキルを獲得できそう」

前出の問いで、エンジニア職への興味が「すごくある」「どちらかというとある」を選んだ方に理由を聞くと、第1位は「どこでも通用するスキルを獲得できそう」(41.8%)、第2位は「長く働き続けることができそうだから」(19.9%)。第3位は「実力次第で収入アップが狙えそうだから」(13.6%)という結果になりました。

「未経験で転職するのは難しい…」

エンジニア職への興味が「まったくない」「どちらかというとない」を選んだ方にも理由を聞くと、半数以上が「未経験で転職するのは難しい職種だから」(58.8%)を選びました。続いて「残業が多くて大変そうだから」(15.0%)、「身に付けられるスキルに汎用性がないから」(4.9%)、「仕事がつまらなさそうだから」(4.9%)という理由が挙げられました。

こんな条件があれば転職を考えたい。1位は…

「どんな条件がそろえば、エンジニアに転職してみたいですか?」(複数回答可)という質問には、「研修が充実している」が59.2%で最多となり、続いて「現場のサポート体制が充実している」(53.1%)、「給与が上がる」(50.1%)といった条件が挙がりました。

エンジニアは難しそうと考え、興味がなかった人も、研修やサポートを受けることができれば、挑戦したいという意見が上位を占めました。

■調査概要
調査内容:第14回「エンジニアってどんなイメージ?」|データで知る「女性と仕事」
調査期間:2020年10月2日~10月15日
有効回答数:907名
調査対象:『女の転職type』会員
調査方法: Web上でのアンケート

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

エンジニアって、どんなイメージ? 転職サイト『女の転職type』が調査

関連する記事

記事ランキング