テレワーク時のコンプライアンス、大丈夫?

テレワーク時のコンプライアンス、大丈夫?

このたび、日本能率協会総合研究所(略称:JMAR、日能総研)は、「テレワークにおけるコンプライアンス上の課題」を把握する目的で、週1回以上テレワークを実施したことのある1000人に調査を実施しました。調査の結果、約4割の人が「第三者(家族含む)がのぞき見できる環境」にもかかわらず、防止対策をとっていないことがわかりました。

テレワークをしている場所は「自宅」

w1

まず、テレワークを実施している場所について聞くと、98.3%が「自宅」と回答。サテライトオフィスなどの自宅以外で実施しているのは1割にも満たないことがわかりました。

w2

テレワークで使用している端末について聞くと、「会社貸与の端末を使用」が79.6%でした。

また、「会社から許可された、私物の端末を使用」が18.0%、「会社からの許可のない、私物の端末を使用」が8.0%、「インターネットカフェ等に設置してある端末を使用」が0.8%という結果になりました。

のぞき見防止対策「していない」が4割超

w3

「テレワーク時における、のぞき見防止対策の実施状況」については「のぞき見防止対策をしていない」が43.7%という結果になりました。「のぞき見防止対策をしている」は28.3%にとどまりました。

自宅では家族がいたり、飲食店等では他の顧客がいたりと、第三者がいる環境のなかで、テレワーク実施時におけるコンプライアンス上の大きなリスクが存在している様子がうかがえる結果となりました。

テレワーク中に不快に思ったこと

w4

回答者の過半数がテレワーク実施中になんらかの不快行為を受けたと回答しており、具体的な内容について複数選択で聞きました。

最も多くあがったのが「高い負荷を伴う過剰な業務依頼」で24.4%でした。次いで「行き過ぎた叱責・人格を否定する発言」(18.4%)、「頻繁に仕事の進捗について報告を強要」(17.4%)、「必要のない出社の強要」(12.4%)などがあがりました。

【調査概要】
日時:2020年9月4日~9月6日
対象者:経営層(社長・役員等)を除く従業員(全国の会社員・公務員・団体職員等)のうち、2020年7月・8月に週1回以上テレワークを実施した方(1,000人)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

テレワーク時のコンプライアンス、大丈夫?

関連する記事

記事ランキング