『エミ34歳、休職させていただきます。』第7回

優しい言葉に涙が爆発するこの感じ/『エミ34歳、休職させていただきます。』7

優しい言葉に涙が爆発するこの感じ/『エミ34歳、休職させていただきます。』7

「ごめんね、私。ちゃんと休んであげられなくて——」

倉橋エミ、34歳。独身・恋人なし。
笑うことに疲れて、会社に行けなくなりました。
「休めばラクになれる」そう思ってたのに…

私はいったい何をしているんだろう。
みんな今日も仕事なのに
34歳にもなって、私はなんでこんなところで
でっかい迷子になってるの?

コミックサイトパチクリ!での連載時から、エミの葛藤や気づきに共感の声が集まったという『エミ34歳、休職させていただきます。』(主婦と生活社)を特別に7話まで公開します。今、ギリギリで頑張っているあなた、頑張れなくて落ち込んでいるあなたに届きますように。

*ウートピでの掲載は、今回が最終回です。

34歳の迷子

emi62

emi63

emi64

emi65

emi66

emi67

emi68

emi69

emi70

emi71

emi72

emi73

©2020 おおがきなこ/主婦と生活社

エミのその後は…

emicover

『エミ34歳、休職させていただきます。』(主婦と生活社)好評発売中。136ページ、1200円(税別)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

優しい言葉に涙が爆発するこの感じ/『エミ34歳、休職させていただきます。』7

関連する記事

編集部オススメ

2022年は3年ぶりの行動制限のない年末。久しぶりに親や家族に会ったときにふと「親の介護」が頭をよぎる人もいるのでは? たとえ介護が終わっても、私たちの日常は続くから--。介護について考えることは親と自分との関係性や距離感についても考えること。人生100年時代と言われる今だからこそ、介護について考えてみませんか? これまでウートピで掲載した介護に関する記事も特集します。

記事ランキング