気になる「マスク焼け」注意時間帯は10時から14時 花王がポイントを解説の画像

〔図②〕 一般的な日焼け止めを塗った状態で、かいた汗をタオルで拭うと日焼け止めが一気にこすれ落ちてしまいます。そこでできた日焼け止めの「スキマ」は無防備となり、紫外線の侵入をいとも簡単に許してしまうのです。

<<記事に戻る